1. Home
  2. スペシャル
  3. 《TJクロニクル》2007年のタウン情報おかやま

TJクロニクル

《TJクロニクル》2007年のタウン情報おかやま

  • 情報掲載日:2020.06.22
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

創刊以来43年の歴史を誇る『月刊タウン情報おかやま』の歴史を紐解き、創刊号である1977年から1年ごと、当時の表紙&目次を世相とあわせてご紹介します。

2007年4月号(361号)はこんな1冊でした

発刊から30周年を迎えた記念すべき4月号。30年ロゴは太陽をイメージしたデザインで、片口笑いがなんともニヒルな印象です。「おかげさまで」とあるとおり、これだけ続いたのも、読者さんはもちろんお店の方や地域のみなさんのおかげ。これからも50周年、100周年を目指して頑張りますので、引き続きお願いしますね!って、100周年の時には何歳だよ!

巻頭のランチ特集で紹介されているのは「セルフ式食堂」。この頃岡山でも増え、「好きなものを好きな組み合わせで好きなだけ食べられる」と、人気になりましたね。お腹が空いて行くとついつい「あれもこれも」と取りすぎちゃうのが悩みの種なのです。

また、姉妹誌発の『LLIO Wedding』には、結婚に役立つ情報が満載! 幸せそうなカップルの体験談がたくさん掲載されています。しかしながら一方で、巻末読者投稿ページには「家で妻にないがしろにされる…」「誕生日にブランドバッグを買わされた」と悲哀に満ちた夫たちの嘆きを紹介。世間の、人生の縮図がこの1冊に収められておりました。儚い…。

最近リニューアルされた『ドイツの森 クローネンベルク(当時)』は、ハガキ付きで「キャラクターのひつじさん」の名前を大募集。誌面のコピーは「どいつもコイツもドイツの森」。

当時の世相(この年生まれの人は2020年で13歳)

2007年(平成19年)のできごと

2007年(平成19年)の岡山

流行&ヒット商品

流行語

ヒット曲

ヒット映画

〈洋画〉

〈邦画〉

テレビドラマ&アニメ

次回は「2008年のタウン情報おかやま」です。お楽しみに!

※参考:「年代流行」

関連記事

SNS