月刊タウン情報おかやまは10月25日号で500号を迎えました月刊タウン情報おかやまは10月25日号で500号を迎えました 月刊タウン情報おかやまは10月25日号で500号を迎えました
  1. Home
  2. ライフ
  3. 21世紀に向け、無料の公営塾で英語力を育む!

和気に住みたい理由

21世紀に向け、無料の公営塾で英語力を育む!

  • 情報掲載日:2017.02.22
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

【AD】和気町

和気に住みたい理由

子どもの学習する環境を整え、子育てしやすい町づくりを進めている和気町。社会でますます必要性が高まっている英語をしっかり学んでほしいと、和気町に住んでいる小学校5、6年生と中学生を対象とした英語公営塾があり、「英検対策講座」「英会話」「オンライン英会話」の3つの講座がなんと無料で受けられる。講師は地域おこし協力隊のメンバーのほか、岡山大学やノートルダム清心女子大学、就実大学などの学生、外国人留学生もボランティアで参加。ひとつのテーブルを2~4名の少人数で囲み、それぞれに学生ボランティアがついて授業をサポートしてくれる。

少人数

「お兄さん、お姉さんが宿題を見てくれるリビング学習のようなアットホームさで、質問がしやすく、わかるまで丁寧に教えてくれます」「JR和気駅前の建物で開かれていて、人通りも多く安心して通わせやすい立地です」と、保護者からも喜ばれている。講座の内容も工夫がされており、「英検対策講座」では、生徒自ら目標とする級を選び、同じ級を目指す仲間とグループ形式で学習する。英検合格はもちろん、仲間と協力する姿勢や豊かなコミュニケーション能力も養っていく狙いがある。また英検に合格した小学生、中学生には、2500円~1万円までの図書カードが和気町から贈られる制度も! 全国でも珍しいこの取り組みは、生徒のやる気をさらに高めてくれそうだ。

全体

「オンライン英会話」ではオンライン通話サービスのSkypeを利用し、外国人スタッフと対面しながら英会話ができる。言葉や文化の異なる相手に気持ちを伝える難しさ、それを乗り越えて通じ合った喜び、学んだ知識が生かされた達成感を味わうことで、学ぶことの大切さを実感できる場ともなっている。またオンライン英会話は公営塾の対象となっていない幼稚園・保育園生から小学校4年生も利用できるのだが、この学齢を対象としたプレ公営塾もスタート。友だちと一緒にブロックなどを使って楽しみながら英語を身に着けられるようになる。

Skype

公営塾の試みはどれも独自の視点で考えられていて、とてもユニークだ。その目的を地域おこし協力隊の中村和馬さんに聞いてみた。「勉強は手段であって、目的ではありません。英語は、グローバル化社会を生きていくための基礎。さらに思考力、実践力がそなわってこそ、自分の夢や目標を実現していけると思うのです。子どもたちに、学んだことを生かしながら自分のやりたいことをかなえていってほしいですね」。今春から新しい講座内容も展開予定。のどかな環境ですくすくと、21世紀をしっかり生き抜く人間力を育んでいく。和気町の子育ては、もっともっと楽しくなりそうだ。

中村さん

Information

<和気町とは>
岡山県の南東部に位置する、約1万4500人の町。岡山市中心部まで電車で約30分、車で約50分と通勤可能な距離にあり、東西には高速道路、南北には幹線道路が通っている。東西南北どこにでも行きやすく、特に関西圏へのアクセスは良好だ。温暖で地震・台風などの自然災害が少なく、野菜や米の産地でもある。子育てや生活の支援も手厚く、街中の便利さを享受しながらのどかな田舎暮らしがかなう、子育て世代に最適な地域だ。

関連記事

SNS