オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGsオセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs
  1. Home
  2. グルメ
  3. 《ポツンな店/峠の茶屋》豊かな自然に囲まれた山の峠にあるお茶屋さん。

《ポツンな店/峠の茶屋》豊かな自然に囲まれた山の峠にあるお茶屋さん。

ポツンな店におじゃまします

  • 情報掲載日:2021.08.26
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

どうして!? なぜこんな場所に!?
気持ちのよいロケーションやおいしいごはんを求め、わくわくする立地にあるカフェや食堂、道沿いに佇むロードサイド店などを訪れてみませんか?
迷いながら(!?)、寄り道しながら、ポツンなお店に出合ってください!

『岡山県運転免許センター』から金山方面へ、クルマで約10分。

途中に案内の看板があるのでそれを頼りに、くねくねと坂道を上りきり、今度は山道を下ると店の看板とのぼりが見えてきます。そこが2008年に自宅の敷地内にオープンさせた店です。

▲長屋を改装した店舗。自宅から徒歩約3分の場所に監物さんが野菜を育てている畑があります
▲登りきった山から見える景色。岡山県運転免許センターや山の分かれ道など4カ所に看板が立っているので、それを目印に進んで
▲道中は本当に店があるのかと不安になるほどです。山道を下るとのぼりが見えてきます

迎えてくれたのは、店主の監物弘子さん。

監物さんは結婚して、倉敷市に住んでいたものの「主人と『退職したら田舎に住もう。できたら、山か海の近くがいいね』って話してて。そしたら、この近所に知人が住んでいて、ここを紹介してくたんです。だから、退職する前に早々に住む場所が決まったんですよ」とほほ笑んでくれました。

▲やさしい笑顔で迎えてくれる店主。ご主人は数年前に他界し、現在はひとりで店を切り盛りする

移住の決め手は、ホタルが出るほど自然豊かで、水がおいしいこと。

「山の近くなら畑をしよう、近所の憩いの場になるように店を開こうと、あれよあれよという間に決まって」と話します。

提供するのは、「肉うどん」や「たぬき丼」など。近所の農家さんが作ったお米や、監物さんが栽培した野菜を使っています。味付けは家庭の味を大切にしているのだとか。

やさしい味わいの料理、笑顔とおもてなしに心も体もほっこりしそうな茶屋でした。

▲畑で獲れたネギやタマネギ、ほかに鶏肉などが入った「たぬき丼」550円。「たぬき」の名称にもなった天カスがのっているので、食感もいい
▲「ホットケーキセット(コーヒー付き)」650円。バターとメイプルシロップの甘い香りが漂う。昔懐かしい味わいに、思わずにんまり
▲窓からはのどかな景色が見える。目の前は金山なのだとか。心落ち着く場所でのんびりと過ごして
▲店舗部分は元々長屋。高い天井の黒い梁は再利用しているのだそう

Information

峠の茶屋
住所
岡山市北区御津北野893
電話番号
086-724-1455
営業時間
11:00~15:00
休み
月・火曜
席数
13席
駐車場
5台

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS