『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2023年版岡山ラーメン本 2022 『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2023年版
  1. Home
  2. ライフ
  3. YAMAJI_essay_8/愛を育てる、10月の誕生石「ピンクトルマリン」

ハンドメイドジュエリーに恋して

YAMAJI_essay_8/愛を育てる、10月の誕生石「ピンクトルマリン」

  • 情報掲載日:2022.10.03
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

「『ジュエリークラフトYAMAJI』って、ブライダルリングの専門店でしょ?」

そんな人にこそ、ぜひ知ってほしい。ハンドメイドにこだわり続ける、職人たちの想い。

何気ない毎日が、身に着けるだけでちょっと特別な一日になる。

ショーケースの向こう側に秘められた、『YAMAJI』メイドの素敵なジュエリーストーリーを。

気まぐれな衝動を、小さな宝石に託す

人が身に着けるジュエリーは、ブライダルリングだけではない。

最近やけにピンクが気になる、と思っていた。

もともとインパクトの強いカラーはあまり得意ではなく、自動車もスマホも、家電類も、身の回りのものは大抵白を選んでしまうのだけれど…。

時折ふいに、特定の「色もの」が気になって仕方なくなることがある。

近頃は買い物に出かけても、雑誌を眺めていても、目につくのはピンクばかり。しかも控えめなパステルピンクではなく、少し青みを帯びた「マゼンタピンク」だ。

人生経験を重ねれば、それなりに衝動的な嗜好の変化もやり過ごせるようになるものの「どうしても気になって仕方がない」というときは、小さなジュエリーをひとつ、手に入れることにしている。

これから毎日、何年も使い続けるものだと思い切ったカラーを取り入れるのはなかなか勇気がいるけれど、ジュエリーなら、その時々で気まぐれに楽しむことができる。

自分には…と思って避けていた色でも、身に着けてみると案外馴染んでいたりするものだ。

10月の誕生石「ピンクトルマリン」

ピンク色の宝石といえば、ピンクダイヤモンドやルビー、ピンクサファイヤ、シャンパンガーネットなどさまざまあるが、いま手に入れるならやはり10月の誕生石「ピンクトルマリン(別名:ルベライト)」だろう。

「ピンクトルマリン」は、その濃厚でピュアなラズベリーカラーのイメージにふさわしく、「愛を育てる」という石言葉を持っている。

その由来は「電気石」の和名を持つトルマリンの鉱物性にあり、「プラスの電極が心身にエネルギーをもたらし、マイナスの電極は愛のゆがみに起因する心の傷・トラウマからの回復を促してくれる」のだそうだ。

誕生石の守護とピンクの持つ力

もちろん「恋愛力を高めるパワーや癒やしは必要ない」という人にとっても、身に着けるだけで運気を高めてくれる誕生石なら、あえて敬遠する必要もない。

以前アメリカで実施された心理実験では、トラブルが絶えない施設内の内装をピンクに変えたところ、問題行動が激減。ピンクという色そのものに、緊張を緩め気持ちを穏やかにさせる効果があるのであれば、自分の誕生石でなくとも喜んで身に着けたいと思うのは、きっと私だけではないはず。

ここで、そんなピンクトルマリンを使った、とっておきのジュエリーをひとつ。

『ジュエリークラフトYAMAJI』のオリジナルブランド『Chou Chou(シュシュ)』のリング&ネックレスは、恋人や家族への誕生日ギフトにはもちろん、自分へのご褒美ジュエリーにもぴったり。

詳しくはこちらをチェックしてみて!

Information

ジュエリークラフトYAMAJI 岡山本店
住所
岡山市南区妹尾2321-5
電話番号
086-282-4818
営業時間
11:00~19:00
休み
火曜(祝日の場合は営業)
駐車場
18台
HP
https://www.yamaji-snow-bridal.jp/
Instagram
@jewelry_craft_yamaji

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

関連記事

SNS