アルバイト応募フォーム
  1. Home
  2. グルメ
  3. 《岡山市/大元工房》もちもちしっとり米粉パンのフレンチトーストは、焼…

あのパンのとりこ

《岡山市/大元工房》もちもちしっとり米粉パンのフレンチトーストは、焼きプリンみたいにスプーンでぱくり。

~指名買いしたい岡山の惚れパン~ あのパンのとりこ♥

  • 情報掲載日:2019.01.13
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

朝ごはんに、おやつに、食事に添えて…まいにちのいろんなシーンで登場する「パン」。岡山にもたくさんのパン屋さんがあり、「この店のこのパンが好き!」という自分だけのお気に入りがある人も多いのでは? パンに恋したTJ女性スタッフが、とっておきの「惚れパン」を心ゆくまで語ります!

[ナビゲーター]しょこ
TJスタッフ暦10年目のアラサー女子。パンを買いに行くために遠征し、自分でも家で焼くほどのパン好き。朝ごはんは必ずパンと決めており、なかでも一番好きなのはベーグル! 先日みごと「パンシェルジュ3級」を取得! 現在は2級受験に向けて勉強中。子どものころの将来の夢は、パン職人の旦那さんと結婚すること。

今月のテーマ

19♥パンめ 『米粉パン専門店 大元工房』の「プレミアムフレンチトースト」

1月のテーマ「フレンチトースト」とは、おもに欧米で朝食や軽食、デザートとしてよく食べられているパン料理のこと。溶いた卵と牛乳で作った混合液をパンに染み込ませ、フライパンなどで焼いたものを指します。その起源は、1724年のアメリカでニューヨークの酒屋の店主・ジョーゼフ・フレンチさんによる説が有力だそう。

ここでちょっと驚きなお話を…。フランスではフレンチトーストは「パン・ペルデュ(失われたパン)」とよばれているそうなんです。つまり、捨てるはずだったパン、ということ?! 本来、時間が経って固くなってしまったパンを生き返らせるのが目的の料理なので、たくさん残ったパンを再利用するために食べていたということなんですね。なので、フランス人にとってのフレンチトーストは「貧しい生活」というマイナスイメージなんです。私にとっては、お休みで時間がある日にわざわざ作って食べる、楽しみで特別なイメージなんですけどね~。日本では身近な食パンを使う人が多いけれど、バゲットやブリオッシュを使うのがフランス流のフレンチトースト。ベーカリーでは、ほとんどが食パンバージョンとフランスパンバージョンの2タイプに大別されるようですね。今月は、きっとみなさんもおうちで一度は作ったことがあるであろう、食パンパージョンのおすすめフレンチトーストが登場します! 

写真1

それがこちら、『米粉パン専門店 大元工房』の「プレミアムフレンチトースト」270円。厚さなんと3cmほどの「山食パン」にオリジナルの特製卵液をたっぷり染み込ませ、卵&ミルク感強めのリッチなフレンチトーストに仕上げています。その秘密は卵液に加えた練乳と生クリーム。そのため冷めてもおいしくいただけます。米粉パンの持ち味であるしっとりもっちり食感が最大限に生き、しかも耳付きなのでお腹にずっしりと食べごたえ満点です。特に私的おすすめなのが、レンジでちょっぴりあっためること。しっとりをより楽しみたいので、ここはあえてトースターではなくレンジで! まるで焼きプリンを食べているみたいになるんですよ~。クラム部分はスプーンで、クラムよりほんのりした甘みの耳部分はしっかりかんで染み出すおいしさを堪能してください。そうそう、このフレンチトーストでカツをはさんだ「ロースカツサンド(クロックサンドタイプ)」194円が、新年から登場する予定だそうです。じゅわっとパンと分厚いカツ、ソース…。思わずよだれが出ちゃいそうで、想像するだけで楽しみですね!

写真2

あんパンやクリームパンといった定番ももちろんありますが、こちらでぜひ試してほしいのが惣菜系パンなんです。まずは「プチパンサンド」各種216円~の数々。具材は人気の「チキン南蛮」や「海老カツ」、「カツ」、「ウインナー」…と、どれもおいしそうなラインナップ。シンプルな米粉のプチパンのサンドウィッチは、ランチタイムや小腹満たしに最適です。また、おにぎりの形を模した三角形の「おにぎりパン」も要注目。リアルおにぎりの具としては大定番の「おにぎり(明太マヨ)」205円は、明太子とマヨネーズが包まれた人気商品。割るとほんのりピンク色の愛らしさ。最後は「きんぴらおやき」、「野沢菜おやき」のおやきシリーズ。いずれも194円で、中には甘辛いきんぴらと野沢菜がそれぞれたっぷり隠れております。と、ここまでご紹介したら勘のいい方はもうおわかりでしょう! 「白いお米に合うものは米粉パンにも合う」んですねぇ。そしてもちろん「パンに合うものも合う」わけで。すべてを受け止めてくれる、ふところの広さが半端じゃないヤツなんです! いっぽう、彩り鮮やかな「もっちりピザパン」194円はパンらしいひと品。チーズのこげ具合もいい感じですね。

写真3

100%国産・吉備中央町産の米にこだわった米粉パン専門店の『大元工房』。「米のおいしさを追求したパン」を目指しており、一般的な米粉パンのほとんどが米粉の使用率2割程度なのに対し、こちらではなんと8割以上も配合しているとのこと。小麦粉パンと比較した米粉パンの特徴としては、アミノ酸が豊富、水分量が多いので食感がしっとりもっちり、カロリーが低くヘルシー、腹持ちがよくダイエットにも効果的などがあり、まさにいいことづくめ。かむほどに引き出されるうまみや甘みは、お米ならではの魅力のひとつです。和食ブームのいまこそ、日本人の主食である「米」にスポットを当てて、毎日の食生活に取り入れてみては?

写真4

店内のイートイン席では購入したパンが食べられるほか、手頃な「ホットサンドセット」540円、好きなパンをチョイスする「パンセット」パンの価格プラス378円などお得なセットが用意されています。以上のセットには看板商品である「プレーンシフォンケーキ」が生クリームを添えてサーブされるのもうれしい♪ この「シフォンケーキ」は米粉100%だそう。ドリンクとのセットもあり、356円~味わえちゃいますよ。チョコ、桃、かぼちゃ、バナナ、紅茶、杏といった季節限定も登場するそうなのでお楽しみに。もちろん、ぴったりの「プレミアムローストコーヒー」108円や「アイスカフェラテ」162円、カフェインレスの紅茶もあるので、昼下がりのひとときをごゆるりと。

Information
米粉パン専門店 大元工房
住所
岡山市北区野田2-10-15 [MAP]
電話番号
086-238-1180
営業時間
7:00~18:00
休み
第2火曜
席数
18席
駐車場
12台
HP
https://www.ohmotokoubou.com

関連記事

SNS