オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGsオセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs
  1. Home
  2. グルメ
  3. 《ポツンな店/オーガニカコーヒィ》'21年5月OPEN! 山の上で見つけたカフ…

《ポツンな店/オーガニカコーヒィ》'21年5月OPEN! 山の上で見つけたカフェで、「体が喜ぶ」コーヒーとケーキを。

ポツンな店におじゃまします

  • 情報掲載日:2021.08.10
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

どうして!? なぜこんな場所に!?
気持ちのよいロケーションやおいしいごはんを求め、わくわくする立地にあるカフェや食堂、道沿いに佇むロードサイド店などを訪れてみませんか?
迷いながら(!?)、寄り道しながら、ポツンなお店に出合ってください!

心地よい風が吹き抜ける吉備高原。ふもとで見つけた小さな看板を頼りに坂道を進んだ先に、かわいらしいカフェを発見!

▲森を背にして立つ、色彩豊かなかわいらしい小屋を自らリノベーションして店舗に

店に近づくと、突如視界が開けて、大和山の尾根を望む壮大な景色が広がります。

▲田畑の向こうに見えるのは、標高608mの大和山。遮るものがないので、すがすがしい風が吹き抜けるんです

出迎えてくれたのは、関西出身の笹田夫妻。「『森の宝石』と呼ばれるブッポウソウが毎年姿を現すほど豊かな自然と、この景色にひかれて、高梁市から昨年移住してきたんです」と教えてくれました。

▲「体が喜ぶものを届けたい」と主人の亮さんが焙煎する豆は、すべて有機栽培されたものだけ使用しています

店を開くまでは、町内の道の駅や直売所などに出店していたそうで、小屋を自分たちでリノベして今年の5月にやっとオープンできたとのこと。コーヒーの香りが漂う店のそばには、見慣れない国旗が掲げられています。

「これはネパールの国旗で、僕らはネパールに、自分たちのコーヒー農園を持っているんです」と衝撃のひと言。自ら現地を訪れて農地を開拓し「村人たちの収入が安定すれば」との思いからコーヒー栽培をお願いしているそうです。

「いつの日か、自家農園のコーヒーが飲める日を」という夫妻の夢が実現する日が待ち遠しいですね。

訪れたら、ご主人が少量ずつ手網焙煎するコーヒーと、奥さま手作りのケーキで、ほっとひと息。鳥のさえずりをBGMに過ごせば、癒やされること間違いなしですよ!

▲妻の愛美さんが手がけるケーキがずらり。焼き菓子も人気で、どれも無添加にこだわって手作りしています
▲手網焙煎をはじめ、すべての工程は手作業。「豆の精製方法によって異なる味や香りを楽しんで」と亮さん
▲「エチオピア イルガチェフェ/ウォッシュド」350円と「苺のムースケーキ」450円。ケーキは日替わりで、売切れることがあるため事前に電話をして訪れるのがベター
▲コーヒーの香りが漂う店内。窓からは、緑あふれる木々を眺めることができる。窓際の席がおすすめです

Information

手網焙煎 オーガニカコーヒィ
住所
加賀郡吉備中央町竹荘3067
電話番号
070-4095-5297
営業時間
10:00~17:00
休み
月・火曜
席数
13席
駐車場
5台
HP
https://organicacoffee.jp/

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS