オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGsオセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs
  1. Home
  2. グルメ
  3. 《岡山市/味司 野村(あじつかさ のむら)》岡山ご当地グルメ「デミカツ…

岡山グルめぐり

《岡山市/味司 野村(あじつかさ のむら)》岡山ご当地グルメ「デミカツ丼」を味わうならここ! 一子相伝の秘伝のソースに老舗の本気がほとばしる!

食いしん坊・女性ライターつつみんの 岡山グルめぐり

  • 情報掲載日:2021.07.18
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

その51。岡山市『味司 野村(あじつかさ のむら)』の「ドミグラスソースカツ丼(ヒレ)」900円。

~幸せのおすそ分け~
おいしいものを食べると、どうしてこうも幸せ気分になれるのでしょうか?
この幸福感を少しでもおすそ分けできればと、食いしん坊ライターが出会った岡山のグルメ情報をお届けします♪

[ナビゲーター]つつみん
岡山で生まれ育った、生粋の「おかやまん」つつみんです。「どこかおいしいお店知ってる?」が口ぐせで、評判を聞きつけては西へ東へと車を走らせるうち、通販でしか洋服が買えない、立派な球体フォルムへと進化を遂げたけれど…。

おいしいものを食べなくちゃ人生なんてつまらない!! だからとりあえず今日も、幸せの味を求めていざ出発!!

岡山市の『味司 野村(あじつかさ のむら)』

7月ももう半ばを過ぎ、すっかり真夏の陽気ですね。毎年のことながら、年明けからいつの間に半年も過ぎ去ったのか…。

あまりの月日の経つ早さに、暑さとは関係なくクラクラします。

さて。今月は、岡山ならではのカツ丼の魅力に迫る「カツ丼強化月間」。

第二弾となる今回は、岡山のご当地グルメ「デミカツ丼」の発祥店とも言われている、老舗中の老舗『味司 野村』をご紹介します。

実はこちら、正式な店名よりも「カツ丼の野村」という通称で親しまれているので、万一道に迷った場合は「カツ丼の野村はどこですか?」と聞くことをおすすめしますよ(笑)。

自信の現れ。メニューは2種類

店内に入ると、まずは食券を購入。「カツ丼の野村」と呼ばれている通り、メニューは基本的に「ドミグラスソースカツ丼」と「玉子とじカツ丼」の2種類のみとなっています。

だたし、サイズ展開はとっても豊富で悩ましいところなんですよね~。

軽く説明しておきますと、どちらのタイプもロースかヒレが選べます。量は「並盛り」「1/2盛り」「2/3盛り」の3サイズがあります。

さらに、「ソースタイプ、玉子タイプどちらも食べたいんだけど」という向きのために、2種類がセットになった、「子膳」や「孫膳」、お肉をガッツリ楽しみたい派には通常サイズより大きいカツが乗る「上カツ丼」なども用意されてるんです。

加えて、「並盛り」と「上カツ丼」に関しては、プラス100円でごはんの大盛りもできるんですよ。至れり尽くせりでしょ。

一子相伝。悶絶ドミグラスソース!

「ドミグラスソースカツ丼(ヒレ)」を購入してテーブルへ。待っている間に周囲に目をやると、有名なフレーズを発見!

これ、どこで聞いたんだっけな。路面電車の中だったかな? などと記憶をたぐっていると、食欲をそそる香りとともにいお膳が運ばれてきました!

これこれ! この色なんですよ。数多くある「デミカツ丼」のなかでも、こちらのは色が黒めなんですよね。

「こげ茶色の食べ物にハズレなし」が信条の私のハートを鷲掴みです。視覚と嗅覚を刺激され、食欲はすでにMAX越え、胃袋がサンバを踊っております。

はやる気持ちを抑え、まずはカツだけでひと口。はぁ~、毎度のことながら、おいしいわぁ~。

岡山に生まれてよかった!

ほのかに苦みのあるドミグラスソースがホントにツボ。密かに、このソースを使ったビーフシチューも登場させてほしいと常々願っております!

ソースそのものの味がしっかり主張してくるのに、カツのうま味もちゃんと感じられるから不思議なんですよね。

当然ながら、ソースとごはんとの相性も抜群です。茹でたキャベツがそっと甘みをプラスしていて、どれひとつ和を乱すものがない。全体のバランスが申し分ないんです。

無心に半分ほど食べ進めたあたりで、忘れちゃいけないおみそ汁の出番です。

こちらのおみそ汁のダシは、サバ節なんですって。ダシの風味がガツンときて、濃厚なドミグラスソースの味にも引けを取らないほどうま味が濃いんです。

そこからは再びカツ丼を堪能してフィニッシュ。昭和初期にこの絶品ドミグラスソースを考案してくれた初代当主と、大切に受け継いで来てくれた代々の当主に感謝です!

あ、そうそう。私の記憶に刻まれた「お父さんも食べた、お母さんも食べた、野村のカツ丼」のフレーズ。

どこで聞いたのかどうにも気になって確認したところ、やっぱり路面電車で正解だったけれど、残念ながら今は流していないんですって。また聞いてみたいものですね。

『味司 野村』店舗情報

JR岡山駅からほど近い、昭和6年創業のカツ丼専門店。門外不出、一子相伝で代々受け継いできた「ドミグラスソースカツ丼」を、現在4代目当主が担う。

料理はもとより、あめ色の梁や、今ではあまり見かけない土壁、無垢の木のテーブルなど、落ち着いた空間で食事が楽しめるのも人気の理由。

いつみても行列ができているほどの人気店だが、テイクアウトもできるのでぜひ一度足を運んでみて。

Information
住所
岡山市北区平和町1-10 野村ビル1階 MAP
電話番号
086-222-2234
営業時間
11:00~14:30/17:30~21:00
休み
月曜 ※祝日の場合は翌日
席数
39席
駐車場
なし

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

関連記事

SNS