『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2023年版岡山ラーメン本 2022 『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2023年版
  1. Home
  2. ライフ
  3. 《Training_07》3カ月間の努力が試される瞬間! いよいよ結果発表。そして…

BODY DESIGN PROJECT

《Training_07》3カ月間の努力が試される瞬間! いよいよ結果発表。そして待ち受ける、衝撃のクライマックスとは…!?

レシオボディデザイン×タウン情報おかやま「BODY DESIGN PROJECT」

  • 情報掲載日:2021.12.08
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

「なりたい自分」を求めて目標に挑む、3名の挑戦者たちの物語。

「BODY DESIGN PROJECT」でボディデザインにトライし見事、自分の夢を叶えることができるのか?

己の限界と向き合っていく3人と、それを支える若きトレーナー。
その飽くなきチャレンジをご覧ください!

※当プロジェクトは、コロナ対策を行ったうえで実施しております。写真・動画用に意図的にマスクを外して撮影を行っている場合がございますので、ご了承ください(令和2年度第3次補正 事業再構築補助金により作成)

前回の振返りと挑戦者のプロフィール

『RETIO BODY DESIGN』と『日刊Webタウン情報おかやま』のコラボレーション企画「BODY DESIGN PROJECT」。

読者体験モデル3名が3カ月にわたり『RETIO BODY DESIGN』のプログラムを体験する本企画。

前回は、KASUMIさんのプライベートインタビューと、挑戦者3名による最後の追い込みとなるパーソナルトレーニングの様子に密着。さらには女性挑戦者&トレーナーであるANNAさんによるガールズトークの模様をお届けしました。

あらためて3名の挑戦者をご紹介しましょう。

エントリーナンバー①
KASUMIさん
年齢:25歳
「きれいなママ」になって、育児をもっと楽しみたい!
体脂肪率マイナス5%(現在34%→29%)

エントリーナンバー②
SHUNさん
年齢:30歳
6つに割れた腹筋で、子どもと写真を撮りたい!
体脂肪率マイナス4%(現在22%→18%)

エントリーナンバー③
YUKAさん
年齢:30歳
後ろ姿まで美しい、メリハリボディの女性になりたい!
体脂肪率マイナス6%(現在34%→28%)

さあ、今回はいよいよ最終回です!

いよいよ結果発表! 3カ月の成果やいかに。

3人の挑戦者を迎えて2021年5月末日にスタートした『BODY DESIGN PROJECT』も3カ月を経て、ついに最終日を迎えました。

泣いても笑っても、今日は最終計測の日。ついにその瞬間が迫ってきました!

それでは早速、SHUNさんから「InBody」に乗っていただきましょう!

SHUNさん:この3か月間やるべきことはきっちりやって、気になっていた腹囲も含め全身がかなり引き締まった実感があります。数値目標も達成できていると信じていますが、ラスト数日の追い込みがどこまで結果に現れるか…。

いつも笑顔がまぶしいSHUNさんですが、InBodyを前に、さすがに緊張の面持ち。ゆっくりと計測台に足をのばします。

SHUNさん:頼む! いってくれ~!

「ピロリロリ~ン♪ 計測が終わりました(機械音)」。

おお、きました! では、待ちに待ったSHUNさんの計測結果の発表です。

ジャジャーン!

[SHUNさんのInBody計測結果]
体脂肪率:22%→17.7% 体重:72.3kg→65.9kg

Before
After

体脂肪率はマイナス4.3%! 目標体脂肪率18%を見事クリアしました!! 体重もマイナス6.4kgと大幅ダウンです!

SHUNさん:ありがとうございます! 残り1カ月というところで体脂肪率19%のまま停滞期に突入してしまって…。一時はどうなることかと思ったんですけど、よかった~! 森トレーナーを信じ続けて本当によかったです!

――おめでとうございます。でも、数日前は16%台に突入していたとか…。

SHUNさん:実はそうなんです(笑)。でもそれで最後の最後、ちょっと頑張りすぎちゃったみたいですね。有酸素運動で体脂肪と一緒に筋肉も落ち、結果的に体脂肪率を上げることになってしまいました。

――それでも心配でした?

SHUNさん:食事と運動のペースを戻せばまたすぐに16%台に戻せると思うので気にしていません。何はともあれ目標は達成できたわけですから、大満足です!

――3カ月前、「いい体になったら長男と写真を撮りたい!」と目標を語ってくれましたが、どうですか? いい写真が撮れそうですか?

SHUNさん:まだまだシックスパックとまではいかないので、胸を張って「YES!」とは言えないんですが…。でもこの調子だと来月にはかなり理想のカラダに近づけると思うので、ハーフバースデー目がけてもう少し頑張ってみます!

では続いてKASUMIさんです。

KASUMIさん:この日に向けて食事管理もトレーニングも頑張ってきたので、結果はどうあれ悔いはありません。

そう、この3カ月間の成果はKASUMIさんのカラダを見れば一目瞭然。やるべきことを最後まで全力でやり切ることができた、それが何より大事。

…でも、それでも避けては通れぬ最終計測。さあ、これから表示される数字は、一体KASUMIさんの何を語るのか?

ひと足先に計測画面をのぞき込む森トレーナー。

森トレーナー:やばっ!

KASUMIさん:え…!?

森トレーナーのショッキングな声に動揺しつつ、意を決して計測画面に視線をやるとーー。

[KASUMIさんのInBody計測結果]
体脂肪率:34.1%→25.5% 体重:52.5kg→46.7kg

体脂肪率はマイナス8.6%、体重はマイナス5.8kg!

もう! 森トレーナー!! そっちかー!!!

KASUMIさん:やったー!!!!!!

Before
After

目標29%を大幅に下回る「体脂肪率25.5%」の数値をたたき出したKASUMIさん。言葉よりも先に、涙があふれだします。

毎日欠かすことなく食事管理をサポートしていたANNAさんも、感無量のこの表情です。

KASUMIさん:もう…すっごくうれしいです…。この3カ月いろんなことがあったけど最後まで続けて、本当によかった…。

――周囲の応援もありましたよね。

KASUMIさん:子どもたちもずっと応援してくれていて。今朝出かけるとき「目標達成できてたら、マクドナルド食べに行こうね」って約束したので、早く結果を報告して喜ばせてあげたいです!

家族の応援も大きな力になったとはいえ、小さなお子さんおふたり抱えての食事管理やトレーニングは決して簡単ではなかったはず。

家事と育児とダイエットに全力を尽くした怒涛のこの3カ月は、きっと結果にも勝る大きな財産を残してくれたはず! いや~、本当によかったです!

そして、最後はもちろんこの方。YUKAさんです!

YUKAさん:ここ数日は楽しみな気持ちと不安がぐちゃぐちゃに入り混じって、ずっと興奮状態で…。昨晩もほとんど眠れず、なんだか遠足前の子どもみたいでした(笑)。

――自信のほどは?

YUKAさん:もちろんありますよ! 自信は120%あります!!!

それでは結果を見てみましょう。じゃかじゃん!

[YUKAさんのInBody計測結果]
体脂肪率:33.6%→24.3% 体重:67.4kg→60.2kg

体脂肪率はマイナス9.3%、マイナス7.2kg! 目標体脂肪率28%ももちろんクリア!

Before
After

――予告通りの結果が出ましたね!

YUKAさん:は、はい………。

――…え? 

YUKAさん:うっ、うっ、う…。

――えっ? ええっ??

YUKAさん:うっ、うえーん!(号泣)

――どうしたんですか!? 目標クリアですよー!? 

YUKAさん:そうだけど、そうだけども。でも、もっとできるはずと思ってた…! 悔しい~!!!

――ええ~っ!? 3カ月で体脂肪率ほぼ10%ダウンって…、YUKAさんの体型でもかなり驚異的な数字なのに…

YUKAさん:いや、そうですよね。うれしいんです。うれしいんですけど、やっぱり悔しいんです…。

――そうでしたか。でもその悔しさも、この3カ月精一杯頑張ってきた証ですよね。だって、そんな想いをもてるなんて、3カ月前は思わなかったのでは?

YUKAさん:…うん。確かに(苦笑)。

――このプロジェクトは本日が最終日となりますが、YUKAさんが本気で体づくりに挑んでまだたった3カ月。この短期間でしっかり結果を出せたことに、まずは自信をもってください! 

YUKAさん:…ですね。

――そして、さらなる美ボディへの執念は、明日からの自分にぶつけてやりましょう! 

YUKAさん:確かに…人生はまだまだ長い。「BODY DEIGN PROJECT」は終わっても、私はまだまだこの先を目指して頑張ります!

幸せな結末

見事目標を達成した3人への慰労と感謝の気持ちを込めて、最後にささやかな閉会セレモニーを開催。

最後にひと言ずつ、本プロジェクトの率直な感想をいただきました。

――まずはYUKAさんから。

YUKAさん:結果については「もっとできたんじゃないか」という悔しさもありますが、これまで何ひとつ続かなかった自分が目標達成までやり抜くことができたのは大きな財産です。

――涙を流せるくらい頑張られましたもんね。

YUKAさん:森トレーナーやANNAさんをはじめ、スタッフのみなさんが笑顔で励ましてくれるので、苦しいことがあっても『RETIO』に来るといつも笑顔になれて。楽しく通えたからこそ続けられたんだと思います。本当にありがとうございました!

――続いてSHUNさん、ひと言お願いします!

SHUNさん:はじめはなかなか結果が現れず焦った時期もありましたが、「3カ月後には必ず変わります」という森トレーナーの言葉が、単なる励ましではなかったことを自分のカラダで証明できて、とてもうれしく思っています。

――自分自身で体感できたんですもんね?

SHUNさん:『RETIO』はスタッフさんの魅力はもちろん、マシンのラインナップやVRバイクやHIITといったプログラムの楽しさもピカイチ。これからも通い続けて、「人生もっと変えてやろう!」と思っています!

――そしてKASUMIさん。いかがでしたか?

KASUMIさん:目標を上回る結果が出せたこともそうですが、それ以上に驚いたのが、もともと熱しやすく冷めやすい性格の私が3カ月間のこのプロジェクトをやり遂げられたこと…。

――紆余曲折もありましたもんね。

KASUMIさん:とはいえ、私の挑戦はこれで終わりではありません。次に目指すのは、「ベストボディジャパン」出場。この経験を糧に妻として、母としてだけでなくひとりの女性としても、どんどん新しいことに挑戦してみたいと思っています。

――この3名を支えてこられた森トレーナー。今のお気持ちは?

MORIトレーナー:プロジェクト参加を決めた勇気、一歩一歩着実に前進してきた努力、そして日に日に増していくプレッシャーに打ち勝つ気持ちの強さ…。どの面を見てもみなさん本当に素晴らしく、リスペクトしかありません。

――本当に素晴らしかったですね。

MORIさん:プロジェクトのメイントレーナーとして、自分にどこまでできるか不安もあったのですが、みなさんの意志とエネルギーの強さを感じながら一緒に素晴らしい結果にたどり着けたことをとてもうれしく思っています。まずは、お疲れさまでした。そして、本当にありがとうございました!

――それでは最後に、これまで3人の挑戦を温かく見守ってこられた『RETIO BODY DESIGN』の代表である池田社長から総括コメントをいただきます。

池田社長:みなさん。本当にお疲れ様でした。

――3名そろって見事目標を達成。素晴らしい結果になりましたね。

池田社長:ときには涙の場面もありましたが、最後はみなさんとてもいい笑顔をされていましたね。3か月間の取り組みがしっかりと目標達成につながり、本当によかったと思います。

――努力が実った瞬間でした。

池田社長:ただ、今回の3人に限らず、人にはそれぞれに異なるライフスタイルや体質があります。確かな成果を導くためのセオリーはあっても、「この方法なら絶対です」とは言い切ることはできません。

――確かにそうでしょうね。

池田社長:ですから今回も、停滞期を迎えた挑戦者のみなさんに「絶対に乗り越えられるから大丈夫」と言い切ってしまっていいのかどうか…。トレーナーたちもきっと葛藤してきたはずです。

――森トレーナーたちも、3人とともに闘ってこられたんですね。

池田社長:それでも当施設が、これまで各店1000人以上の会員さまと向き合ってきた経験やノウハウを、しっかりと結果につなげることができた。この成果は私たちにとっても大きな財産になったと思っています。

――あらためて、『RETIO』のダイエットメソッドの特徴は?

池田社長:今回のような短期間ダイエットの場合、目標を達成した後のリバウンドが一番怖いんです。

――確かに、それはよく耳にします。

池田社長:特に糖質制限や置き換えダイエットなど極端なカロリー制限で行ったダイエットの場合、体重は落ちても脂肪と一緒に筋肉も削ってしまうので、取り返しのつかないリバウンドを誘発してしまう恐れがあるんです。

――通常はそういうリスクが潜んでいるのですね?

池田社長:一方『RETIO』では、しっかり食べて筋肉を残しつつ脂肪を着実に落としていくので、無理なく美しいカラダづくりができるんです。

――過去の経験値から、そういうスタイルが確立できたと。

池田社長:『RETIO』では、ちょっとした食事調整とトレーニングを継続することで習慣化させていくので、無理なく続けやすく極端なリバウンドを招く心配もありません。

――このプロジェクトを通じて、そんな『RETIO』メソッドの魅力や強みを、社長自身も再確認することができたというわけですね。

池田社長:それもそうなんですが、閉会式で挑戦者のみなさんから「『RETIO』に来ると気持ちが明るくなる」「スタッフがいつも笑顔で接してくれる」という声があがりましたよね。

――ありました!

池田社長:『RETIO』の一番の強みは、まさにそこにあると考えています。「『RETIO』に来るのが楽しい」「スタッフとコミュニケーションがとりやすい」と思っていただくことができれば、たとえば、マシンの効果的な使い方や、食事のサポートなども、より細やかにできるということなんです。

――なるほど。休憩時間のコミュニケーションだけでなく、トレーニング自体にも少なからず影響があるのですね。

池田社長:今回のプロジェクトでは、そういった点も大きく作用したのではないでしょうか。

――その一方で、「カラダを変えたいけれど、ジム通いはハードルが高い」と考えている人も、まだまだたくさんいます。

池田社長:そういう方たちは、まず手ごろなツールやマシンを使って自宅トレーニングに挑戦してみるといいと思います。大切なのは、カラダを変えるためのスタートラインに立つことですね。

――まずは、はじめてみることが大切だと。

池田社長:そこからもしトレーニングへの関心が深まれば、プロのサポートの必要性を感じることもあるかもしれません。

――「もっと本格的にやってみたい!」という…。

池田社長:そんな想いが『RETIO』を訪れるきっかけとなったとき、「思ったより入りやすい」「スタッフの対応が気持ちいいな」と思われる万全の環境でお迎えするのが、私たちの使命だと考えています。

――「『やってみたい!』と思ったら、誰もが気軽に立ち寄ることができるジムでありたい」ということですね。プロジェクトの最後に熱い想いをお聞きすることができました。ありがとうございます!

これにてプロジェクト解散!…のはずが

3カ月間の見事な成果を見届け、めでたくプロジェクト完遂!

みなさん、本当にお疲れさまでしたー! 

閉会セレモニーを終え、誰もが晴れ晴れとした顔で東岡山店を後にしようとしたその時。

池田社長:あの、ちょっと待ってください!

池田社長が突然、女性2人に声を掛けました。

KASUMIさん&YUKAさん:…はい?

池田社長:実はまだ、お話ししたいことが…。少し残っていただけませんか?

怪訝な表情の女性陣2人。

池田社長:おふたりとも、3か月間本当によく頑張ってくださって、結果も素晴らしいものだったと思います。でも…。

KASUMIさん&YUKAさん:…でも?

池田社長:おふたりにはそれぞれ、さらに大きな目標がありますよね。トレーナーたちとも話をしたんですが、確かにおふたりにはまだこの上を目指せるポテンシャルがあると思うんです。

――ええっ?! もしかして?

池田社長:なので、せっかくならここから先のチャレンジもぜひ一緒に目指せたらと思っているんです! どうですか? やってみませんか?

KASUMIさん:本当ですか!?

YUKAさん:もちろん、目指したいです!

――まさかの「BODY DEIGN PROJECT」継続宣言! もともと池田社長の発案で始まったというこのプロジェクトですが、このひと言で第2章に突入することが決定しました!

今後もまだまだ『RETIO BODY DESIGN』から目が離せそうにありませんね。新展開に乞うご期待!

トレーナー森さん視点のコラム
スピンオフ企画「読んでボディデザイン モリコラム」はこちら

Information

レシオボディデザイン東岡山店
住所
岡山市中区高屋295-3
電話番号
086-230-0507
レシオボディデザイン問屋町店
住所
岡山市北区問屋町9-102
電話番号
086-236-6675
レシオボディデザイン新倉敷店
住所
倉敷市玉島爪崎981-1
電話番号
086-526-8000
問合せ時間
9:00~13:00/17:00~22:00 ※土・日曜、祝日は10:00~19:00
問合せフォーム
https://retio-bodydesign.jp/higashiokayama/#contact

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください

関連記事

SNS