『岡山ラーメン本2022』『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版 『岡山ラーメン本2022』
  1. Home
  2. グルメ
  3. 《和気郡和気町/BSベーカリー》和気のおしゃれベーカリーが抜いた伝家の…

あのパンのとりこseason2

《和気郡和気町/BSベーカリー》和気のおしゃれベーカリーが抜いた伝家の宝刀! 殿堂入り確実の絶品バゲットは一食の価値あり。

~指名買いしたい岡山の惚れパン~ あのパンのとりこ♥season2

  • 情報掲載日:2021.09.26
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

73♥パンめ 『BSベーカリー』の「BSバゲット」

朝ごはんに、おやつに、食事に添えて…まいにちのいろんなシーンで登場する「パン」。岡山にもたくさんのパン屋さんがあり、「この店のこのパンが好き!」という自分だけのお気に入りがある人も多いのでは? パンに恋したTJ女性スタッフが、とっておきの「惚れパン」を心ゆくまで語ります!

[ナビゲーター]しょこ
TJスタッフ暦14年目のアラサー女子。パンを買いに行くために遠征し、自分でも家で焼くほどのパン好き。朝ごはんは必ずパンと決めており、なかでも一番好きなのはベーグル! パンシェルジュ1級にめでたく合格し、「マスター」の称号を手に入れる。子どものころの将来の夢は、パン職人の旦那さんと結婚すること。

普段から食べ物へのこだわりが非常に強い私。大好きなパン、とりわけ「バゲット」にはこだわっており、毎日食べるほどのお気に入りが決まっています。

今回は、そんな私が最近見つけ、即ヘビロテリスト入りを果たした「至宝」ともいえる1本を紹介したいと思います。

味わいや特長は後述するとして、まずはそのお宝バゲットのあるお店のことを案内しておきましょう。

のどかな和気町に現れたおしゃれベーカリー

見わたす限り畑や田んぼ、山々が広がり、のどかな風景が素敵な和気町。

2019年秋、そこに突如として現れたのが今回のピックアップベーカリー。トタン風の屋根、シャビーシックなぬり壁、可愛らしい店名のロゴマーク、期待がふくらむ水色のドア…。

どこを切り取っても絵になるおしゃれさあふれる1軒、それが『BSベーカリー』さんです。

JR和気駅からもほど近く、開店とともに地元客を中心に人の波が途切れることのない人気店になりました。

ノスタルジックさとモダンな感性がみごとに共存した、絶妙なバランスのミッドセンチュリーテイストが私好み!

もんげー最高な殿堂入りバゲット様

もったいぶりましたが本題の「至高のバゲット」のお目見えです。

こちらの「BSバゲット」290円は、岡山県産小麦が原料の「もんげー粉」を使ったもの。

「もんげー粉」は、前にもこれを使ったバゲットを「お気に入り」として紹介したことがありますよね。なるほど気に入るわけだわ、と納得です。

特徴としては、香りが強くふわっと広がり、かむほどにひと際濃いうまみが感じられること。バゲットらしいバゲットに仕上がるので、フランスパン好きにはたまりません。

私のなかでは『BSベーカリー』=「バゲット」となっているくらいの代名詞的存在。

クープの美麗さ、表面のバリバリ感と粉ふきぐあい、クラムの気泡のバランス、クセがないのにあとを引く不思議な味わい…。すべてにおいて最高峰のバゲット様なのです。

1日かかる長時間発酵ゆえに毎日1回しか焼けないというレア感も最高!

バランスよく高アベレージな品ぞろえが魅力

リーン系もリッチ系もバランスよく、焼菓子なども含めると50種類ほどの商品が店内には並びます。

どれも比較的オーソドックスながら、すべてが超高水準のアベレージも魅力のひとつなんです。パンマニア的には、ベーシックなパンほど職人の腕や店のレベルが計れるので要注目ですね。

まず目に留まったのは、間違いなくおいしいであろう「和気あんバター」250円。

あんこ×バターの組み合わせはお好きな人も多いでしょう。甘さと塩気の絶妙すぎるバランスがやみつきになりますよね。

しかもこちらの「和気あんバター」は和気町の食品メーカー『谷尾食糧工業』の十勝産あんこをたっぷりはさんだひと品。

甘さはひかえめで小豆そのものの良質さが存分に生きているのが特長のあんこ。

このままもりもり食べたいくらいおいしいけれど、そのインパクトに負けていないのが先ほど紹介した最高のバゲット!てりっとした表面のつやが秀逸で、見るからに上質。

ひと口かじると、歯を押し返してくる食感が心地よくてクセになりそう…。食材の地産に配慮しているのもポイント高いですね。

普通タイプのあんパンがお好きな方もご安心を。

この粒あんを使った「和気あんパン」170円ももちろんありますよ。「普通」といったって、普通以上においしいワンランク上のあんパン。

あんこ好きならこのふた品をめがけて、はるばる和気まで来る価値ありです!

見た目にも華やかで思わずトレーにのせてしまった「フルーツサンド」は1カット380円。

その時季もっとも新鮮なフルーツとたっぷりの生クリームをサンドした豪華なフルーツサンドです。

中のフルーツは季節によって変わり、今回はキウイ、バナナ、黄桃と鉄板の組み合わせ。

毎日頑張っている「自分へのごほうび」にふさわしいラグジュアリーなフルーツサンドですが、もちろん手みやげやプレゼントにもぴったりですよ。

なお、フレッシュがゆえ、毎日数量限定での販売なのでご注意を。確実に手に入れたいあなたは、早めの来店もしくは予約をお願いしますね。

野菜好きかつパン好きなら押さえておきたいサンドウィッチ。なかでも私が好きなのがイタリアの「パニーニ」です。

ぺたっとした形状のシンプルなパンに、今回はアスパラ・トマト・ベーコンの鉄板トリオで。

とろけたナチュラルチーズがソース代わりになって口の中でパンととけ合い、そこにアスパラの歯ざわりも加わって楽しいハーモニーに。

この歌いだしたくなるようなワクワク感は、ぜひみんなにも味わっていただきたいです♪

そして食欲のままにおやつを求める人にはこちら、「抹茶オレオマフィン」220円を推し!

人気のあるマフィンたちのなかでもひときわ愛されているお品。

オレオのサクサク感、抹茶の軽い苦みをアクセントにしたアレンジマフィンです。

オレオも好きだし、マフィンも好きだし、どっちもなんて夢のよう。スウィーツ好きの乙女心をくすぐり、とらえて離さない罪なヤツなんですよ~。

アオハルの情熱ほとばしる店づくり

家具や内装にいたるまでスタッフみずからが手がけたという店内。

ナチュラルですっきりした印象ながら、温かみのある雰囲気ですよね~。パンを焼く工房は大きなガラス張りを採用しており、店内から製造風景を見ることもできるのが素敵です。

追加のパンがどんどん焼かれる午前中に来るのがおすすめ!

ちなみに店名の「BS」とは「ブルースプリング」、すなわち直訳で「青春」のこと。青春時代のようにバイタリティあふれるパンづくりを目指す心意気を表現しているのだとか。

「品質がよく、安心安全な素材で作るおいしいパンを」と、水をはじめ素材の良質さに重点をおき採用しているそう。

なにを隠そう、店主さんは某ホテルのパン屋さんで修業した経歴の持ち主。日本で初めてフランスパンを作って販売したお店出身とのことで、だからバゲットはこのクオリティなんですね!なるほど納得、腑に落ちました。

お店ではイートインもでき、ドリンクは人気の「コーヒーフラッペ」「抹茶フラッペ」各550円のほか「マルゾッコ」のエスプレッソマシンを完備。「パンにはコーヒー!」というフリークにはうれしい限りですよね。

本格的なエスプレッソ、そのかたわらにおいしいバゲット。そんな組み合わせとともに朝の時間を迎えられるなんて…。和気町在住の方がうらやましい!!!!

『BSベーカリー』の店舗データ

Information
BSベーカリー
住所
和気郡和気町衣笠948-1 [MAP]
電話番号
0869-92-4888
営業時間
9:00~16:00
休み
日・月曜、祝日
席数
16席
駐車場
4台

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

関連記事

SNS