『岡山ラーメン本2022』『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2023年版 『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2023年版
  1. Home
  2. グルメ
  3. 《blanc(ブラン)/玉野市》はんなりたおやか、脅威の透明感を誇る「塩パ…

あのパンのとりこseason2

《blanc(ブラン)/玉野市》はんなりたおやか、脅威の透明感を誇る「塩パン」。それを作るは、裏腹の男気と信念が素敵なパン屋さん!

~指名買いしたい岡山の惚れパン~ あのパンのとりこ♥season2

  • 情報掲載日:2019.11.24
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

38♥パンめ 『Boulangerie blanc』の「塩パン」

朝ごはんに、おやつに、食事に添えて…まいにちのいろんなシーンで登場する「パン」。岡山にもたくさんのパン屋さんがあり、「この店のこのパンが好き!」という自分だけのお気に入りがある人も多いのでは? パンに恋したTJ女性スタッフが、とっておきの「惚れパン」を心ゆくまで語ります!

[ナビゲーター]しょこ
TJスタッフ暦11年目のアラサー女子。パンを買いに行くために遠征し、自分でも家で焼くほどのパン好き。朝ごはんは必ずパンと決めており、なかでも一番好きなのはベーグル! 先日みごと「パンシェルジュ1級」を取得! 「パンマスター」としての称号を手に入れる。子どものころの将来の夢は、パン職人の旦那さんと結婚すること。

海辺の街「玉野」ってどんなところ?

われらが住む岡山県は正方形に近く、土地面積も広いので、方言や食文化をはじめ地域ごとに住民性にも特色があります。私自身は県南・岡山市の出身で、ときどき「県南の人はケチな人が多い」と言われて大変不本意に思ってしまいます(ケチじゃなくて倹約家です!)。

あくまで私の主観ですが、倉敷市の方は倉敷・玉島・児島・水島とそれぞれが各自のエリアにすごく愛情と誇りを持っているような印象。反対に県北の方は全部で仲間、みたいな感じがしますし、地域のつながりも深いイメージですね。

前回からご紹介している玉野市は、岡山県でもっとも南に位置する海辺の街。おだやかな瀬戸内海に日ごろ親しんでいるせいか、街の雰囲気もそこに住まう人も、なんとなくおおらかで陽気な人が多い気がします。

同じくパン屋さんも、ふんわりした雰囲気の、すべてを包み込んでくれるようなあったかいお店が人気。2回目でご紹介するのも、地域に根ざし、人々の生活に自然に寄り添う素敵な1軒です。

地元の愛され店『Boulangerie blanc』

写真1

静かな住宅街を歩いていると、ふと鼻腔をくすぐる小麦のはぜる香り…。私の「パン屋さんアンテナ」が強烈に反応しております!! これは絶対おいしいパン屋さんがある!

というわけでお邪魔したのは、小ぢんまりした地元の愛され店『Boulangerie blanc』さん。入り口には黒板が立てられ、手書きでお店の方のおすすめや新商品、季節のパンがコメント付きで描かれています。こういうちょっとした心づかい、安心するし作り手の愛情を感じて思わず買いたくなっちゃいますよね。

こちらのお店では、公式のFacebookページで毎日のようにパンのことやイベントの情報などアップされているんですよ。パンづくりはもちろん、お店のプロデュースもトータルで楽しんでされている様子がうかがえてとっても好印象です。

最近はSNSで情報発信しているパン屋さんも多く、会ったこと・話したことがなくても顔が見えるような気がしてうれしくなりますね。

色白美人のふんわり塩パン

写真2

今でこそいろんな店で見かける「塩パン」ですが、数年前に起こったブームが廃れることなく定着した観がありますね。

もちろん私も大好きで、普段は焼き色強め・多めのバターで底カリカリ・塩粒ゴロゴロ・じゅわっとワイルド系のものばかりチョイスしておりました。

が、見てわかるとおりこちらの塩パンはちょっと違うタイプ。表面の大きなソルト粒はそのまま、パンの甘さを引き立たせさらにおいしくしてくれています。バターでパリッと焼き上げてはいるんですが、見た目ははんなり色白美人で繊細さが現れていますね。

手でふたつに割ると、柔らかめで弾力があり、とってももっちりした食感。小ぶりながらも食べごたえがあって、味の主張がひかえめなので料理に添えるパンとしてもぴったり。これで120円とは…恐れ入ります。

工夫を凝らしたサンドウィッチ系がお得意

写真3

パン売り場を見渡してまず私の目を引いたのが、ボリューム満点でお腹いっぱいになりそうな「ダブルベーコンチーズサンド」360円。マヨネーズをたっぷり塗ったカスクートに、彩り鮮やかにレタスとベーコンとチーズをはさんだひと品です。

大口開けてかぶりつけば、上あごが危険なくらいのバリバリ感! クラムに染み込んだマヨネーズのうまみが、これまたデンジャラスに油と糖のWパンチで攻めてきます。これは陥落間違いありませんね。

サンドウィッチが日替わりで多彩に並ぶ『blanc』。この日は「チキントマト煮込みのパニーニ」350円がありましたよ~。自家製のトマト煮込みとチーズをはさみ、こんがりとベイク。香りだけでよだれもの、がっつり派にはたまらん人気のパニーニです。

ほかにも、趣向を変えて「しめじとチキンで作った低糖質サンド」325円も食べておきたい。オイスターソースとマヨネーズのソースで味付けして、あっさり系の具材でも物足りなくならないように工夫されています。

しっかりお腹いっぱいになるのに、1個の糖質量はなんと10.6gというからびっくり! スタイルに気を使う女子のランチに、行楽やお花見のときのおともに、切り分けた先ほどのカスクートサンドやパニーニと一緒にバスケットに詰めてスキップで出かけたい~♪

大切な人へのちょっとしたプレゼントなら、写真左上の「お楽しみ袋」180円もよさそう。いろんな焼菓子がちょっとずつ詰め合わせになっていて一つひとつ中身が違うので、好みでチョイスできます。サブレやシュガーラスク、アーモンドラスクといった甘いおやつが5個入ってます。事前にお願いしておけば予算に合わせたセットもできるとのことなので、イベントのときに配るのにもおすすめ。

写真4

冒頭にも書いたとおり、『Boulangerie blanc』さんは全力で「お店づくり」を楽しんでいる姿勢が素敵なベーカリー。この日は店内が10月らしくハロウィン仕様になっていましたし、曜日ごとにイベント的なフェアをするなどいろいろ面白い試みをされていました。

今はおもに、曜日ごとに日替わりのパニーニを提供されており、今回紹介したトマト煮込みのほかにも「チャプチェ」「照り焼きチキン」といったものがあるそう。

あぁ、学生時代に学校近くにこんなお店が欲しかったなぁ。そしたら毎日通って全制覇するのに…!

店主の出石さんいわく、「自分の家族に食べさせたいパンを作っている」そう。そう思えないものは作りたくない、そんなシンプルなポリシーがうれしいですね。

柔らかくするための乳化剤や持ちをよくする保存料はできるだけ使わない。「無理をする必要はないと思います」、そのひと言に自信と信頼感が感じられる、「一本筋の通った」ベーカリーでした。

『Boulangerie blanc』の店舗データ

Information
Boulangerie blanc
住所
玉野市玉原2-15-22 [MAP]
電話番号
0863-32-1118
営業時間
6:00~19:00
休み
日曜、第1・3月曜
駐車場
なし

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>

関連記事

SNS