1. Home
  2. グルメ
  3. 《玉野市/Country Bread(カントリーブレッド)》カントリー調のナチュラ…

あのパンのとりこseason2

《玉野市/Country Bread(カントリーブレッド)》カントリー調のナチュラルパン屋さんを襲撃した、正体不明のまっくろくろすけ。その謎を解き明かせ!

~指名買いしたい岡山の惚れパン~ あのパンのとりこ♥season2

  • 情報掲載日:2019.11.10
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

37♥パンめ 『Country Bread』の「竹炭パン」

朝ごはんに、おやつに、食事に添えて…まいにちのいろんなシーンで登場する「パン」。岡山にもたくさんのパン屋さんがあり、「この店のこのパンが好き!」という自分だけのお気に入りがある人も多いのでは? パンに恋したTJ女性スタッフが、とっておきの「惚れパン」を心ゆくまで語ります!

[ナビゲーター]しょこ
TJスタッフ暦11年目のアラサー女子。パンを買いに行くために遠征し、自分でも家で焼くほどのパン好き。朝ごはんは必ずパンと決めており、なかでも一番好きなのはベーグル! 先日みごと「パンシェルジュ1級」を取得! 「パンマスター」としての称号を手に入れる。子どものころの将来の夢は、パン職人の旦那さんと結婚すること。

隠れたベーカリースポット「玉野」のかわいいパン屋さん

そろそろ山は色づき、紅葉ドライブがしたくなる季節。秋の「ちょっとお出かけ」にぴったりなエリア、今回はいざ、県南・玉野エリアへ! 岡山県の南端、瀬戸内海沿岸に位置している市で、いわゆる「港湾都市」です。

中心部にある宇野港からは四国方面へのフェリーが出ており、高松市とを結ぶ四国への玄関口として栄えました。 渋川海岸やおもちゃ王国、玉野市立海洋博物館・渋川動物公園といった施設を有し、家族連れが楽しめるスポットが満載。また、自然に恵まれた地でもあり、みやま公園に王子ヶ岳、金甲山は有名。ドライブするのにちょうどいいところですね。秋には、「玉野みなと芸術フェスタ」でアート目当てに訪れてみるのもいいんじゃないでしょうか?

さて、玉野市のパン屋さん事情はといえば…。軒数が少なく、一部では「パン屋不毛の地」と称されてしまうほど…。でも、地域から愛される隠れた名店が多い、魅力的な街なんですよ(力説)! 2回にわたり、そのすばらしさを訴えてまいりたいと思います!

写真1

で、まず1回目は、岡山市内から国道30号線に乗りしばらく走ったところ。『Country Bread』の名のとおり、カントリー調のお店が左手に見えてきます。

中からは小麦の焼けるおいしい香りがただよってきて、さながらヨーロッパの田舎町にやってきたような気分になります。

庭にはうっそうと茂った木々、気のせいか小鳥のさえずりが聴こえるような…。生粋の日本人である私ですら、フランスのおばあちゃんの家に遊びに来たような心持ちにさせてしまいます。

それでは、素敵なパンとの出合いに胸を高鳴らせながら木のドアを開いてみましょう。

オープンキッチンの楽しいお店

写真2

意外と広々した店内。やっぱり目を引くのはこの大きな窓が印象的なオープンキッチン! レンガがあしらわれていて、いかにもカントリーな雰囲気満点です。

中では職人さんが楽しそうにパンを次々焼き上げていきます。その様子は、キッズはもちろん大人でも思わず見入ってしまいそう。

また、店内正面にはこれまた大きな冷蔵ショーケース、右手にはイートインできるテーブル席、外にはテラスも。このあたりは後ほど詳しくご案内しましょうね~。

衝撃の黒光りパンの謎

写真3

ではでは、満を持して『Country Bread』さんのイチオシ商品をご紹介します。じゃん! 真っ黒でインパクト抜群のビジュアル、その正体はなんと竹炭が練り込まれたパンなんですね~。

こちらでは、その日によって気まぐれな「竹炭パン」が登場します。よく登場するのはあんこをたっぷり入れて平べったくお焼き状にした竹炭パン、コッペ型のサンドウィッチ用竹炭パンなどなど…。

この日売り場に並んでいたのは、インパクト爆発の食パン型「竹炭パン」216円。ひと口かじると口の中にふわっと広がるのは竹炭の独特の香り。味は意外とクセがなく食べやすいのにもびっくりです。なので、どんな具材ともマッチしていろいろなバリエーションのパンが作れるし、食パンとしてフィリングやトッピングと合わせてもいいんですって。そんな竹炭の効果はといえば、老廃物のデトックスやミネラル補給が手軽にできること。美しくなりたいと願う女子にぴったりの魅力的なひと品ですよ♪

おいしいパンはバラエティ豊か

写真4

写真左上は、うちの父親が大好きなレーズンたっぷりのパン。昔から、なにかといえばおみやげに買ってきてくれた記憶がよみがえり、懐かしさがあふれ出します。ここでは、「ぶどうパン」というお名前で216円で販売されており、見るからにふかふかした柔らかい感じがおいしそう。「レーズンブレッド」じゃなくて、「ぶどうパン」なのが、いかにも素朴で親しみやすく、気取らない子なのです。リーフ型の成形もきゃわいい。

その下、「ゴマクリーム」87円もおすすめの品。ゴマには鉄分が多く、貧血になりがちな女子に大切な栄養がいっぱい詰まっているのがうれしいですね。もちろん味もピカイチで、むきゴマと黒ゴマを練り込んだセミハードな生地と濃厚なゴマの黒いクリームが相性ぴったり。小ぶりなサイズ感もちょうどいいので、おやつに1個…と思っても、気がつくと次々口の中に消えていってしまうという魔力を持っています。

店内正面のショーケースには、彩り鮮やかなサンドウィッチがずらり。写真右上、クラッシュ卵サラダやパストラミハムなどのシンプルな素材を使った「サンドイッチ」250円を筆頭に、ボリューム満点で食べごたえのある組み合わせのもの、ちょっと意外でおどろくようなものまで…。選ぶのにも困りそうな多彩なラインナップ。「今日の気分」で選びましょう!

で、私がチョイスしたのが右中央の「コーンパンサンド」454円。あごがはずれちゃいそうなほどの圧巻の厚み、食べるのに非常に気合いを持って望まねばなりません! もろこしの甘みと香ばしさがデリシャスなパンの切れ目に、厚焼き玉子、照り焼きチキン、クリームチーズ、レタス、トマトなどの具をこれでもかとはさんでおります。

人目もはばからず両手に持ってがぶりとやっつけると、広がるのはいろいろな味わいの交じり合ったおいしさのうねり。これまた人目を気にせず「うんまーーーーーい!!」と雄たけびを上げたくなるすばらしさです。

ちなみに、しっとり感の秘密はホールコーンとクリームコーンの2種類を使っているからだとか。

また、写真手前の「バゲットサンド」370円は、ながーいバゲットに多種多様なお惣菜を詰め込んだ欲張り具合がポイント! ゴボウサラダ、チキン、ポテトサラダ、カマンベールチーズ…。誰かとシェアしても、ひとりじめしても楽しい、遊び心満載のひと品です。

無添加にこだわって作るパンは、スタンダードな食パンやフランスパン、あんパンやクリームパンなどの菓子パン、創意を凝らした惣菜パンに調理パンと多彩。加えて、「クッキーシュー」(なんと1個87円!)やロールケーキといったスウィーツなら、好きなケーキ3個とドリンクのセット(770円)でも楽しめるので、窓辺のテーブルで一服するのもスペシャルな時間になりそう。

また、朝には「モーニングセット」770円も人気があるそう。数種類を組み合わせたサンドイッチ盛りにフレンチトースト、サラダ、スクランブルエッグとボリュームたっぷりで、朝からしっかりパワー充電できちゃいます。天気のよい日なら、先ほどちらっとご紹介したテラス席で満喫したいですね♪

こちらのお店は環境に配慮しており、レジ袋は有料でのご用意になるそう。みなさまも地球のため、お越しの際はマイバックを持参でお願いしますね~!

『Country Bread』の店舗データ

Information
Country Bread
住所
玉野市東紅陽台1-19-293 [MAP]
電話番号
0863-71-4107
営業時間
7:00~18:00
休み
日・月曜
席数
25席
駐車場
6台

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>

関連記事

SNS