『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2023年版岡山ラーメン本 2022 『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2023年版
  1. Home
  2. グルメ
  3. 《津山市/保田鮮魚店》極鮮海鮮がてんこ盛り! 一日わずか2時間だけ味わ…

岡山グルめぐり

《津山市/保田鮮魚店》極鮮海鮮がてんこ盛り! 一日わずか2時間だけ味わえる、老舗鮮魚店直営ならではの海鮮丼。

食いしん坊・女性ライターつつみんの 岡山グルめぐり

  • 情報掲載日:2022.04.17
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

その69。津山市『保田鮮魚店』の「海鮮丼(並)」1595円

~幸せのおすそ分け~
おいしいものを食べると、どうしてこうも幸せ気分になれるのでしょうか?
この幸福感を少しでもおすそ分けできればと、食いしん坊ライターが出会った岡山のグルメ情報をお届けします♪

[ナビゲーター]つつみん
岡山で生まれ育った、生粋の「おかやまん」つつみんです。「どこかおいしいお店知ってる?」が口ぐせで、評判を聞きつけては西へ東へと車を走らせるうち、通販でしか洋服が買えない、立派な球体フォルムへと進化を遂げたけれど…。

おいしいものを食べなくちゃ人生なんてつまらない!! だからとりあえず今日も、幸せの味を求めていざ出発!!

津山市の『保田鮮魚店』

今年も春が巡ってきましたねぇ。うららかな陽気に誘われ、津山にやって参りました。

今回のお目当ては、昼の2時間だけ味わえるという、知る人ぞ知る海鮮丼です!

その海鮮丼が楽しめるのが、こちら。津山市の旧道沿いに建つ『保田鮮魚店』です。

当初はツーリング客たちが多く訪れる隠れ家的スポットだったのが、クチコミで拡散。今やバイクだけでなく、クルマ、自転車、足とあらゆる移動手段の人が集まる人気店となっているんですよ。

こちらメニューは「海鮮丼」のみの直球勝負。なので、店頭でオーダーしたら、おいしそうな鮮魚が並ぶ店舗脇の階段を上って、飲食スペースのある2階にGO!

2時間限定の海鮮丼

待つことしばし。トントントンというお店の方の足音と共に、お待ちかねの「海鮮丼」が登場です。

おぉ~。輝いてます!

海鮮丼を前に「宝石箱や~」の名言を生み出した方がいらっしゃいますが、まさにそれ。ホタテに映えるイクラの粒々なんて、そのまま指輪で売り出したいほどの輝きです。

ネタは日替わりで、その日仕入れたイチ押しの海鮮が6種類、2切れずつ乗っています。

この日は、ヒラメ、タイ、カンパチ、サワラ、キンメダイ、サーモンの6種類+イクラ。イクラがネタ数に加えられていないだなんて! 大将謙虚過ぎじゃないですか!?。

その日のどんなネタが登場するかは、店内のボードに表示されていますが、実は「大将の気持ち」として、シークレットの1種類があるんです。

何が出るかは見てのお楽しみとなってるんですが、この日の「大将の気持ち」はなんとホタテ。予期せぬホタテは嬉しさ倍増ですよね⁈

しょうゆにワサビを溶きながらも、頭の中は「あぁ、どこから食べよう」の一色(笑)。毎度毎度この瞬間が至福なんですよね~。こんな幸せな悩みなんてほかにないでしょ!

高級キンメはとりあえず単体で。炙った皮目のほんのりと香ばしさが最高! このひと手間がね、嬉しいんですよ。

甘くねっとりとしたホタテ、プリッと歯を押し返してくるタイ、食感の主張がたまらないヒラメ、ホロリとほぐれるサワラ…。

それら個性の違うスターたちを全方位で受け止めるほどよい酸味の酢飯。ため息ものです!

サイドも充実! 小鉢には白子まで!

そして、メインに負けず劣らずの存在感を放っていたのが、サイドの白子です。

口の中でトロンととろけ、まったりと広がる濃厚なうまさときたら! 

小鉢が白子の日に当たるだなんて、私的には宝くじにでも当たったような喜びです。「早起きは三文の得」ってホントだったんですね。「売り切れ御免」なので早起きしてやって来てよかった!

そして、お吸い物。魚のダシがしみ出ていて、のど元を過ぎもうま味の余韻が残ります。肉もですけど、骨の周りの身ってうま味が格別ですよね。

もうひとつの小鉢には、クリームチーズのスイーツが!

コクのあるチーズにさっぱりとした柑橘系のソースが合わさったひと品で、口の中をさっぱりとリセットしてくれます。海鮮丼との相性ピッタリですね。

そうそう。こちらセミセルフスタイルなので、食後はお膳を1階まで持って降りるのをお忘れなく!

それにしても、やっぱり「鮮魚店直営にハズレなし!」。遠方からわざわざ足を運ぶ人が後を絶たないというのも納得ですね!

『保田鮮魚店』情報

津山市の旧道沿いで、90年以上続く老舗鮮魚店。昼の2時間限定で楽しめる海鮮丼が評判を呼んでいる。

瀬戸内や鳥取をはじめ、全国各地の漁港から届く旬の魚介を、長年の経験を生かして大将が目利き。魚介に合わせて切り方を変えたり、炙ったり、コブ締めにしたりとひと手間を加え、その日で一番の「海鮮丼」として提供されている。

今回紹介した(並)のほかに、ネタ、ご飯ともに量が1.5倍になる(特)2145円もある。基本的には「売り切れ御免」だが、事前に予約していれば取り置きも可。

Information
住所
津山市小田中2247 [MAP]
電話番号
0868-22-2755
営業時間
11:30~OS13:30 ※売り切れ次第終了
休み
水、木曜
席数
16席
駐車場
3台

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

関連記事

SNS