オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGsオセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs
  1. Home
  2. グルメ
  3. 《瀬戸内市/玉津食堂》日替わりで登場する瀬戸内の幸を、海を一望するオ…

岡山グルめぐり

《瀬戸内市/玉津食堂》日替わりで登場する瀬戸内の幸を、海を一望するオープンテラスで!

食いしん坊・女性ライターつつみんの 岡山グルめぐり

  • 情報掲載日:2021.09.05
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

その54。瀬戸内市『玉津食堂』の「イカフライ定食」1000円。

~幸せのおすそ分け~
おいしいものを食べると、どうしてこうも幸せ気分になれるのでしょうか?
この幸福感を少しでもおすそ分けできればと、食いしん坊ライターが出会った岡山のグルメ情報をお届けします♪

[ナビゲーター]つつみん
岡山で生まれ育った、生粋の「おかやまん」つつみんです。「どこかおいしいお店知ってる?」が口ぐせで、評判を聞きつけては西へ東へと車を走らせるうち、通販でしか洋服が買えない、立派な球体フォルムへと進化を遂げたけれど…。

おいしいものを食べなくちゃ人生なんてつまらない!! だからとりあえず今日も、幸せの味を求めていざ出発!!

瀬戸内市の『玉津食堂』

瀬戸内海に面した岡山県。近海で水揚げされた新鮮な魚介を楽しめる店が多いのが魅力ですよね。

瀬戸内市邑久町尻海の『玉津港』の一角にある『玉津食堂』もそのうちのひとつ。近海で水揚げされた鮮度抜群の魚介を使った料理が楽しめる人気店なんですよ。

料理をご紹介する前に、まずは店内をご覧いただきたい!

「店内」と言うのもためらわれるほどの開放感だと思いませんか⁉ 前にも後ろにも壁がない(笑)。オープンテラスというか、「海テラス」!?

この日はあいにくの天気だったのですが、それでもこの眺望。晴れていれば海の青さが増してさらに絶景なんですよ。

もちろん、『玉津食堂』の魅力は景色だけではありせん。鮮度抜群の魚介を使った料理があってこその人気です。

仕入れた魚介は店の前に設けられたいけすへ直行。海をそのまま利用したいけすですからね、新鮮な魚介が堪能できるのがお分りいただけますよね。

揚げたて! イカのミミフライ

こちらでは、メニューはすべて日替わりです。

季節や釣果によって、チヌ(クロダイ)やボラの刺身や、エイのから揚げ、カキ料理などなどさまざまな料理がお目見えします。

この日のイチ押し素材は紋甲イカということでしたので、「イカフライ定食」1000円に決定。プラス100円で「キウイジュース」も付けちゃいました。

通常350円のドリンク類が、食事とセットだと100円になるというお得なシステムなんですよ。

実は「イカとトマトのリゾット」1000円とものすごく迷ったんですけどね。部位が「ミミ」だったことが決め手になりました。ミミの部分をフライにして提供しているところは結構珍しいんですって。

それならば、食べておかねば!

「この機会を逃したばかりに、一生口にするチャンスがなかったなんてことになる」という事態を、悔やんでも悔やみきれないのが食いしん坊のサガってもんです。

早速、レモン汁をたっぷり付けてひと口でガブリ。

ザクッ、コリッ、ザクッ、コリッ! 何なのですか、この歯ざわりと食感は‼ 同じイカフライでも、リング状のそれとは全然違うじゃないですか。

ミミなので身はそんなに分厚くはないのに、衣に負けない存在感があり、イカそのもののうま味が存分に伝わってきます。端的に言えば、うまい! そしてはしが止まらない。

レモンコショウで味わうと、ピリッと引き締まり炭酸系の飲み物が欲しくなります。こういうのがきっとお酒に合う味っていうんでしょうね。

ちなみに、このレモンコショウ。お店で手作りしているオリジナルの調味料なんですって。

こういう細部までこだわる姿勢が、人気の理由に繋がってるんだろうなぁ~。

滋味豊かなサイドメニュー

サイドを彩る煮物や和え物が、これまた侮れないんですよ。

ダシのうま味がしみ込んだカボチャの煮つけや、シャキシャキの千切りキャベツのおいしさは誰もが想像に難くないと思うので、ここで語るべきは「シラモの和え物」ですよね!

こちらが、その「シラモの和え物」です。

スライスしたタマネギを合わせた中華風の和え物で、ゴマの風味とシャクシャクとした食感が小気味いいひと品。

実は私、この日が人生お初の「シラモ」体験だったのですが、その正体はなんと海藻なんですって。市場にはあまり出回っていないけれど、地元ではポピュラーな食材なんだそうですよ!

お得感に釣られて、当然のごとくオーダーしたキウイジュース。マイルドな酸味でやさしい味で大正解。ほかにもオレンジやレモン、梅ジュースなんかもありましたよ。

ちなみに、このキウイも地元産なんですって。「キウイ=ニュージーランド」だった私としては目からウロコの衝撃。

キウイまで育つとは、さすがフルーツ大国・岡山だなと妙に感心しきりです。

穏やかな瀬戸内海の風を感じながら、珍しいイカミミフライと人生初のシラモを堪能できるだなんて、岡山の魅力はホント尽きないですよね!

『玉津食堂』店舗情報

ブルーライン一本松ICから約5分『玉津港』の一角。気さくな人柄の姉妹が切り盛りする『玉津食堂』。季節の魚介や地元食材を使った、刺身定食やから揚げのほか、リゾットやカレー、海鮮焼きそばなど幅広いジャンルの料理が楽しめる。

「鮮度・手作り・地産地消」をモットーに、ドレッシングや付けダレなどもすべて店内仕込みするこだわりよう。地元産のフルーツを使ったドリンク類も豊富にそろう。漁が盛んになる秋口からはとくにおすすめなので、ぜひ一度足を運んでみて。

Information
住所
瀬戸内市邑久町尻海4393 [MAP]
電話番号
080-6241-0440
営業時間
11:30~15:00(OS14:30)
休み
月・火曜 ※祝日の場合は営業
席数
20席
駐車場
10台

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

関連記事

SNS