『岡山ラーメン本2022』『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版 『岡山ラーメン本2022』
  1. Home
  2. グルメ
  3. 《浅口市/試麺館(しめんかん)》えっ、ホント!? 「そうめん」1人前200…

岡山グルめぐり

《浅口市/試麺館(しめんかん)》えっ、ホント!? 「そうめん」1人前200円! 3種の麺を100円で食べ比べ!! 衝撃価格で老舗製麺が誇る手延べ麺を満喫。

食いしん坊・女性ライターつつみんの 岡山グルめぐり

  • 情報掲載日:2022.05.01
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

その70。浅口市『試麺館』の「そうめん」200円&「お試し3色盛」100円

~幸せのおすそ分け~
おいしいものを食べると、どうしてこうも幸せ気分になれるのでしょうか?
この幸福感を少しでもおすそ分けできればと、食いしん坊ライターが出会った岡山のグルメ情報をお届けします♪

[ナビゲーター]つつみん
岡山で生まれ育った、生粋の「おかやまん」つつみんです。「どこかおいしいお店知ってる?」が口ぐせで、評判を聞きつけては西へ東へと車を走らせるうち、通販でしか洋服が買えない、立派な球体フォルムへと進化を遂げたけれど…。

おいしいものを食べなくちゃ人生なんてつまらない!! だからとりあえず今日も、幸せの味を求めていざ出発!!

浅口市の『試麺館』

情緒あふれる港町や国内最大級の天文施設などを有する「星と海の郷」浅口市。

実は国内有数の手延べ麺の産地だということをご存知でしょうか? 海からの塩と恵まれた天候、豊富な水源が麺作りに最適で、市内各所には代々続く老舗麺工場が立ち並んでいます。

今回ご紹介する『試麺館』も、まさにそのうちのひとつ。創業120年を超える『宮田製麺(株)』が手掛ける麺処です。

なんでもこちら、季節に関係なく一年中そうめんが楽しめる市内でも数少ないお店なのだとか。

しかーも! ほぼすべてのメニューが各300円以下で楽しめるという、にわかには信じがたい超ハイコスパなお店なんですって!!

加えて、お店の営業は土・日曜、祝日の昼の2時間のみということもあり、営業時には開店から閉店まで人の入りが途切れないほどの人気店なのだそう。

かく言う私。そんな耳より情報を今まで知らずに過ごしておりまして、食いしん坊を名乗る身としては何たる不覚。

土曜が来るのを今や遅しと待ちわびて、友人を伴い本日堂々の『試麺館』デビューを果たしたのであります!

温かみのある木の引き戸を開け店内に入ると、まず目に飛び込んできたのは手延べ麺の物販コーナーです。

整然と並んだ商品を前に、ついつい手を伸ばして見入ってしまいそうになりますが、そこはぐっとこらえてまずは券売機へ!

「お試し3色盛」100円を筆頭に、「そうめん」200円「そば」250円「冷やし中華」250円「うどん(温つゆ)」250円などなど。

今が令和であることを疑ってしまうような価格帯のメニューが温・冷各種取りそろえられています。あのウワサは本当だったんですね!

何にするか迷うところですが、ここはやはり看板メニューの「そうめん」ボタンをポチッ。そしてそのまま何かに突き動かされるかのように「お試し3色盛」もポチッ(笑)。

いやいや、だって、この「お試し3色盛」。夏季限定(4月~10月)メニューで、100円で3種類の麺が楽しめるんですよ!

熟練の麺師が作る手延べそうめん

そんなこんなで待つこと数分。できあがった料理を受け取るために奥のカウンターへGO!こちらのお店はセルフスタイルになってますよ。

見てくださいよ、これで200円だなんて信じられます!? 量もしっかりあるし、ガラスの器もステキだし、対面した途端にテンション爆上がりです。

薬味を入れたツユに、麺をさっとくぐらせたらいざ実食です!

コシ強ッ! こんな細い麺の一体どこにこのコシ潜んでいたというのでしょう。

それでいて、スルッと流れる、噛んではいるけど飲んでいるようなのど越し。これは相当にハイクオリティな麺とお見受けしました!

それもそのはず。こちらの麺は、熟練の麺師(手延製麺技能士)が手間暇かけて作っているんですって。

帰りに購入しようとのぞいた、物品コーナーの立て札からゲットした情報ですけど、私の舌もまんざらではないことが証明されましたね(笑)。

ソバも中華麺も手延べ!

そして、さらなるお楽しみがこちらの「お試し3色盛」100円です。

右から、中華麺、そうめん、そばの順。それぞれ異なるツユがかかっていて、3種3様の味わいが楽しめます。

正直なところ、物価も高騰しているこの時代に3種類で100円ですからね、軽~くひと口すする程度に、ちょぼんと盛られているんだろうな想像していたんですよ。

ところが、どうしてどうして。予想を超えてしっかり盛られてます。

まずは中華麺から。具とツユだけなのに完全に冷やし中華です。このさわやかな酸味はまさに「夏の味」。麺の向こうに風鈴が透けて見えてくるほどに(笑)。

それにしてもこの麺。もっちりツルンツルンで、私かなり好きです。これ。

そして最後はソバ。せっかくなので、友人がオーダーしていた「ソバ」250円の写真を添えてご紹介。

うどんののど越しと、ソバの香りのいいとこどりしたような麺ですっごく食べやすい! 

ソバって、粉をいっぱい振った大きなまな板の上で、ペーパーカッターみたいな包丁でコトンコトンと切ってるイメージありませんか?

でも、こちらではソバも手延べ製法にこだわってるそう。

「手延べ麺」て「手打ち麺」と違い、包丁でカットするのではなく、生地を何度も伸ばして伸ばして成型していくので、時間と手間がかかる分、繊維が伸びてのど越しがよくなるんだとか。納得です!

そんな手間のかかった、3種の麺をすべて堪能して、お会計なんと300円!!

みなさんも、今度の週末が待ちきれなくなったでしょ(笑)。

『試麺館』情報

浅口市鴨方町にある、老舗製麺所『宮田製麺㈱』直営の麺処。

「自慢の麺を多くの人に知ってほしい」との思いから2010年にオープン。熟練の麺師(手延製麺技能士)が作る伝統の手延べ麺が300円以下で楽しめる店として評判だ。

今回紹介した「そうめん」200円や「そば」250円のほか、「ラーメン」300円や「かけうどん」250円などがある。

営業は、土・日曜、祝日のみだが、同店横にある直売所は平日も9時~18時で営業。地方発送にも対応している。

Information
住所
浅口市鴨方町鴨方2206-2 [MAP]
電話番号
0865-44-2454
営業時間
11:30~13:30
休み
月~金曜(祝日の場合は営業)
席数
58席
駐車場
25台

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

関連記事

SNS