『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版 『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版
  1. Home
  2. グルメ
  3. 《岡山市/えびめしや》岡山名物真っ黒チャーハン「えびめし」を、タルタ…

岡山グルめぐり

《岡山市/えびめしや》岡山名物真っ黒チャーハン「えびめし」を、タルタルたっぷりチキン南蛮とセットで。

食いしん坊・女性ライターつつみんの 岡山グルめぐり

  • 情報掲載日:2021.11.21
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

その59。岡山市『えびめしや 青江店』の「チキン南蛮プレート」1100円

~幸せのおすそ分け~
おいしいものを食べると、どうしてこうも幸せ気分になれるのでしょうか?
この幸福感を少しでもおすそ分けできればと、食いしん坊ライターが出会った岡山のグルメ情報をお届けします♪

[ナビゲーター]つつみん
岡山で生まれ育った、生粋の「おかやまん」つつみんです。「どこかおいしいお店知ってる?」が口ぐせで、評判を聞きつけては西へ東へと車を走らせるうち、通販でしか洋服が買えない、立派な球体フォルムへと進化を遂げたけれど…。

おいしいものを食べなくちゃ人生なんてつまらない!! だからとりあえず今日も、幸せの味を求めていざ出発!!

岡山名物えびめし専門店

すっかり秋も深まってきましたね。食欲の秋もいざ本番といったところですね。

さて、今回訪れたのは北区青江の『えびめしや 青江店』。バイパス青江の交差点からすぐの、言わずと知れたえびめし専門店です。

岡山を代表する名物のひとつ「えびめし」を、今から約半世紀ほど前に、岡山で最初に広めたとされているお店なんですよ!

真っ黒な見た目に反して、ほんのり甘くマイルドな味わいのえびめし。岡山県民のソウルフードとも呼べるその味の魅力をたっぷりお伝えしてまいりましょう。

全6種。えびめしプレート

こちらでは、看板メニューのえびめしに一品料理を組み合わせたセットメニューがたくさんあります。

なかでも私のお気に入りは、ハンバーグやエビフライなどとサラダがワンプレートになった「えびめしプレート」シリーズです。

「えびめしプレート」には、前述のハンバーグとエビフライのほかに、メンチカツ、チキン南蛮、チキンカツ、カニクリームコロッケの全6種類あります。

ハンバーグも手作りでデミグラスソースがコクうまだし、肉汁あふれるメンチカツも秀逸だし、とろ~とクリーミーなカニクリームコロッケも捨てがたい…。

そんなこんなで、毎回どれにしようかかなり悩ましいところですが、今回のチョイスはこちら!

特製タルタルソースがたっぷりかかった「チキン南蛮プレート」1100円です。コーンスープもセットになってるんですよ。

ちなみに、「えびめしプレート」の6種類はどれも価格は同じ。えびめしの量が変わる「ハーフサイズ」970円と「大盛」1320円もありますよ。

真っ黒チャーハン「えびめし」

さあ、まずはご覧ください。本日も期待に反することなく、ツヤツヤと黒光りするこのえびめしを! これが岡山名物えびめしです。

食べたことがない方だと、「そばめし」のような、ソース系の味を想像した方もいらっしゃるのではないでしょう?!

しかーし。実際には全然違うのです! この色はソースではなく、秘伝のカラメルソースに由来するものなんです。

そのため、色からイメージするような濃い味ではなく、むしろとってもマイルドで優しい味で、まさに「ギャップ萌え」のやつなんです。

噛むほどにほんのりと甘みと香ばしさが広がって…。もうひと口、もうひと口と欲してしまうおいしさなんですよ! 具材のエビも食感と味のアクセントとしてニクい働きしてるんだよな~。

そして、しっとりしているのに、しっかり粒が立っているから食感がいい! 秘密は、作り置きはせず、オーダーごとに鍋を振っているからなのだとか。

どうりで、いつ厨房を見てもシェフがずっとフライパンを振ってると思ってましたよ。半世紀以上に渡り人気店の座を守り続けている理由が伺い知れますよね!

タルタルたっぷりチキン南蛮

ひとしきりえびめしを堪能したところで、いざチキン南蛮の出番。

チキン南蛮って、店によって結構違いがある気がするのですが、こちらのをひと言で表すなら「マイルド&ジューシー」。ふた言でしたけど(苦笑)。

なんでも、本場宮崎の味を再現したものだそうで、南蛮ダレがしっかりと衣に染みていて、とってもやわらかなんですよ。

お見受けしたところ、使用しているのは鶏モモ肉。きっと、揚げる前の下手間で、タレに漬けたり叩いたりと、やらなんやからかんやら門外不出の工程を経て、このやわらかさとジューシーさが実現するんだろうなと勝手に想像してしまう始末です。

そして何より、このたっぷりのタルタルソース! タマネギやピクルスもたっぷり入っているんですが、酸味に角がなくマイルドなんです。

少し緩めに仕上げられているので、絡みやすさも抜群。付け合わせのコールスローサラダに付けてもイケますよ!

付け合わせがコールスローサラダってあまりないと思いませんか? ちょっと得した気分になるのは私だけしょうか(笑)。ポテサラもついてますよ!

こちらのえびめしは、それ自体の味がしつこくないので、どんな料理を組み合わせても相性がいいんですよね。それでいて単品で食べても十分おいしいのだから不思議ですよね。

岡山県民のソウルフードとも言えるえびめし。もし、まだ未体験なら一刻も早く体験してみてください。きっと好きになるはずですよ!

『えびめしや』店舗情報

昭和41年創業のえびめし専門店。現在は青江店、万成店、倉敷店の県下3店舗を展開。岡山名物えびめしを、ファミリーで気軽に楽しめる店として広く知られている。

えびめしをメインとする各種セットメニューのほかに、オムえびめしやえびめしカレーなどの単品メニューも楽しめる。また、120円でプラスできる野菜ポトフやサラダ、季節のアイス、ドリンクなども人気だ。

テイクアウトにも対応しているので、オーダーごとにひと皿ひと皿鍋を振ったシェフ渾身のえびめしをぜひ一度ご賞味あれ。

Information
住所
岡山市北区青江新保104-9 [MAP]
電話番号
086-801-2802
営業時間
11:00~22:00(OS21:30)
休み
なし
席数
40席
駐車場
20台

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

関連記事

SNS