1. Home
  2. グルメ
  3. 《岡山市/ブエナビスタ》ワインと合う本格料理をアラカルトで! フレン…

岡山グルめぐり

《岡山市/ブエナビスタ》ワインと合う本格料理をアラカルトで! フレンチの名店で修業したシェフ渾身の料理で至福のとき

食いしん坊・女性ライターつつみんの 岡山グルめぐり

  • 情報掲載日:2019.07.07
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

~幸せのおすそ分け~
おいしいものを食べると、どうしてこうも幸せ気分になれるのでしょうか?
この幸福感を少しでもおすそ分けできればと、食いしん坊ライターが出会った岡山のグルメ情報をお届けします♪

[ナビゲーター]つつみん
岡山で生まれ育った、生粋の「おかやまん」つつみんです。「どこかおいしいお店知ってる?」が口ぐせで、評判を聞きつけては西へ東へと車を走らせるうち、通販でしか洋服が買えない、立派な球体フォルムへと進化を遂げたけれど…。おいしいものを食べなくちゃ人生なんてつまらない!!

だからとりあえず今日も、幸せの味を求めていざ出発!!

その7。岡山市『ブエナビスタ』ディナータイムのアラカルト

今回ご紹介するのは、奉還町にあるビストロ『ブエナビスタ』。先日、たまたまランチタイムにふらっと立ち寄った店なんですが、そのときのパスタが超私好みで♪ 聞けばすでにオープンから1年が経つとのこと。こんなところにこんな素敵な店ができているのを知らずにいたんて!! ここはひとつ、豊富なメニューがそろうディナータイムに乗り込んで試してみなきゃ、「食いしん坊」の名折れでしょ! とばかり、意気込んで調査に出かけてきました!

あら! ライティングされた夜の店構えは昼にも増しておシャレ。いきなり夜に来ていたら敷居が高そうで尻込みしていたところ。やっぱり「予習って大事なんだな」と、この歳でやや遅すぎる気付きを覚えながらいざ入店。

「さてさて、どんな料理があるのかなぁ」と、ワクワクしながらメニューチェックです。どうやら通年提供のパスタや肉・魚料理のグランドメニューのほかに、仕入れによって変わる日替わりの「シェフのおすすめメニュ」”がある模様。せっかくなのでこのおすすめの中からオーダーすることに決定!

最初に運ばれてきたのは、「コリコリサラダ~シェリービネガー仕立て~」1760円。サラダの形容詞に「コリコリ」とは何ぞや? とかすかな疑念を抱いてはいたものの、サーブされた、まるで絵画の様な色とりどりのひと皿を前にテンションだだ上がりです。マッシュルーム、ヤングコーン、アスパラ、見たこともない野菜(笑)などなど10種類。まずはこの、見たことのないピンクがかった白い野菜(※アヤメユキカブというカブでした)をひと口。コリコリだ! そして何よりおいしい。「いいじゃん、これいいじゃん」と、次々といろんな野菜が口の中に消えていくうち、初見から「強烈な存在感」を発揮している一本丸ごとのニンジンだけに。実は私、ニンジンはちょっと苦手なのです。でも残すのも…と恐る恐る口にいれてみると、イケる! ドレッシングも絶妙で全然イケる。「むしろ私ってニンジン好きだったのかも」と錯覚するほどです(笑)。素材それぞれにあわせ調理法を変えているというこのサラダ。これ以上ぴったりな表現がほかにあろうかというほどにピッタリなネーミングでした。

次いで登場した「アコウのポワレ」1760円。弾力のある身から伝わる素材の新鮮さ、パリッと焼かれた皮の香ばしい風味、酸味のあるしっかりしたソース…。これを食べ始めたら最後、もうフォークを置く間もないですよ! ワインに一緒に楽しむとさらに美味しさが増すということで、白のグラスワインを人生初注文。確かに! うまく表現できないけどなんか違う。なんとなく味の余韻が続くような…。ワイン習慣のない私的には、水とでも十分おいしかったけど(笑)、これはやっぱりワインと一緒に楽しむのが正解な感じ。

それにしても、約5時間かけてぺースト状にしたタマネギがベースになっているという、この絶品ドレッシング。持ち帰り用ボトルの販売開始を切に希望です。

さて、まだまだお腹に余裕のある私。「やっぱりパスタも外せな」いといわけで、前回のランチのときにも気になっていた「焼きトマトソースとモッツアレラ」1180円を追加。シメのラーメンならぬシメのパスタです。グラタンと見まがうほどにたっぷり乗ったチーズにフォークを入れると、中から湯気と香りがボワ~ッ。これがマズいわけないって!

パスタに絡むトマトソースは、セロリやベーコンを加えてじっくり煮込んだもので、イタリアンのそれとはひと味違った奥行きのある味。濃厚なチーズにも負けず、ガツンとうま味を主張してきます。この「シメパスタ」この夏流行るかも!?

「最後は、やっぱりデザートよね」と、メニューを見直してびっくり。デザートメニューがひとつしかないない! シェフおすすめのグラスワインに酔って見落としたわけではなく、「デザートは修業時代に散々作ったのでもう十分」と、こちらでは「濃厚ショコラ~ヴァニラアイス添え~」600円のみの提供になったのだとか。とはいえ、数あるレパートリーのなかから厳選されてメニュー入りしただけあって、このショコラがまた秀逸なわけよ! 直前に温めて提供され、冷たいアイスとの温と冷のバランスも面白い。甘すぎない大人の味なのもいい! いや~、今回の調査でシェフの確かな腕前を実感。ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

【ブエナビスタ】

東京・銀座のフランス料理店で修業したオーナーシェフが腕を振るう、「カジュアルにワインとおいしい料理を」をコンセプトに2018年3月にオープンした一軒。昼は約10種類のパスタを、夜は肉・魚料理のほか、ワインに合う料理をアラカルトで提供する。品そろえ豊富なワイン類はグラス700円より楽しめるが、好みのものを持ち込みすることもできる。(抜栓料1500円が必要)。また、前日までの予約で、嗜好や予算に応じたコース料理の対応も可能。木を基調とした温もりのある空間で、手間暇かけた本格料理の数々を気軽に味わって。

Information
住所
岡山市北区奉還町2-3-10 [MAP]
電話番号
086-289-6401
営業時間
11:30~14:30(OS14:00)/18:00~22:00(OS21:30)
休み
月曜
席数
11席
駐車場
なし

関連記事

SNS