1. Home
  2. グルメ
  3. 《岡山市/梶屋》ボリューム満点の「エビ丼」と「カツチャー飯」に挑む!

はじめての岡山グルメ

《岡山市/梶屋》ボリューム満点の「エビ丼」と「カツチャー飯」に挑む!

東京から移住のライターが食す! はじめての岡山グルメ

  • 情報掲載日:2018.08.19
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
はじめての岡山グルメ

Season1 第十話/梶屋(岡山市)のエビ丼とカツチャー飯

東京から岡山に移住してきたライターが、まだ食べたことがない、岡山で愛されているグルメを求めて食べ歩き、行きつけにしたいお店を開拓します!

エビを使った岡山のご当地飯といえば「えびめし」を思い浮かべる方も多いと思いますが、とってもボリューミーでエビづくしな「エビ丼」なる料理があると聞きつけたワタクシ。さっそく「エビ丼」で有名な岡山市東区竹原の『梶屋』を訪れました。

昼どきに行列ができるほどの人気店だと聞いていたので、混雑する時間を避けて入店しました。

店内に入ると、独特のタッチでインパクトのあるポスターが目を引きます。「デミカツ丼」にも心惹かれましたが、今回は初志貫徹で「エビ丼」850円を注文しました。

「お待たせしました~!」という声とともに「エビ丼」が運ばれてきました。まず見た目のインパクトがすごい! そびえ立つエビフライが丼のフタを押し開けています。東京での生活も長かったのですが、こんな丼は今まで見たことありません。まずは大ぶりのエビフライにタルタルソースをからませていただきました。パリッと揚がったプリプリのエビフライは、ブラックペッパーがきいたタルタルソースと相性が抜群です。

続いてご飯をかき込むと、ご飯の中には小エビが何匹も入っていますし、ご飯にはエビ風味のタレがかかっているようです。「小エビをコンブとカツオのダシで炊いたタレをご飯にかけ、全体的にエビの風味に仕上げています」と店長。これはもうエビで形成された小宇宙ですね。自家製のタルタルソースには、先代のときからこだわっているというピクルスを使用し、毎日その日に使う分だけを仕込んでいるそうです。

この日はだいぶお腹が空いていたので、「中華そば」650円を追加注文しました。黄金色のスープは、深みがありますがスッキリした味で、軽めの中細ストレート麺とよくからみます。「豚骨と鶏ガラ、鶏の足を寸胴で煮込んだスープと野菜やチャーシューをしょうゆや酒、みりんで炊き込んだ『カエシ』をあわせています」と店長は先代から教えこまれたスープの作りかたを説明してくれました。柔らかくて噛めば噛むほど旨みが出てくるチャーシューもおいしくて、ペロリと完食! さすがにお腹いっぱいになりました。

白い壁に白いテーブルが置かれた『梶屋』の店内は、清潔感に溢れています。カウンターや座敷席もありますが、昼どきにはあっという間に満席になるようです。

3年前から『梶屋』の店長をされているという達山隆大さんにお話を伺いました。「先代の石原さんが30年前に創業した『梶屋』は、地元の方々に愛される人気店でしたが、家庭の事情などから2015年に長期休業に入りました。しかし、再開を望む声が多く、縁あって私が勤めている『株式会社IPPO』が『梶屋』ののれんを受け継ぐことになったんです」。

お店を引き続ぐにあたり、苦労したことは何ですか?「先代の石原さんから『できるだけこれまでやってきた形のままでやって欲しい』というご希望もありましたので、最初はつきっきりで調理指導して頂きました。石原さんは厳しくてよく怒られたりもしましたが、それも今はよい思い出ですね」。

看板メニューの「エビ丼」についてもお聞きしました。「石原さんにお聞きしたところによると『お子様ランチがなかったから、子ども向けに作った』そうです。丼についているフタはあまり意味がないように思えますが、石原さんが『フタがないと絶対だめ』と言われたので、その点も受け継いでいます」と知られざる「エビ丼」誕生のいきさつとこだわりについて教えてくださいました。

先代の石原さんは、お客さんが喜ぶことを第一に考えられていたようで、ボリューム満点のメニューが多いのもそのような理由からだそうです。『梶屋』には、「エビ丼」や「中華そば」と並び、熱烈なファンがいるという「カツチャー飯」なる人気メニューがあると店長から聞いたワタクシは、どうしても食べたくなり後日改めてお店を再訪。「カツチャー飯」980円を注文しました。

テーブルに置かれた「カツチャー飯」は、チャーハン600g、トンカツ200g、総重量800gという驚愕のボリューム。その量ゆえ一度に調理できるチャーハンは2人前までだそうです。まずは玉子やニンジン、エビなどの具が入ったチャーハンをひと口。パラパラのチャーハンは濃いめですが、飽きのこない味です。「チャーハンも先代のこだわりを受け継いでいて、エビをよくなじませた油で炒めています」と店長。なるほど、だからエビの風味もあって食べやすいのですね。

続いてデミグラスソースがかかったトンカツを口に運びます。サクサクのカツに甘めのソースが合わさり、あまりのおいしさに食欲が止まらなくなります。店長によると「デミグラスソースも自家製ですが、以前はそんなに甘くなかったようです。ところが甘めの味にしたほうがお客さんに好評だったようで、『それから甘めに作るようになった』と先代はおっしゃってました」とのこと。「カツチャー飯」は半端じゃない量ですが、カツとチャーハンを一度に味わえる喜びからか腹におさめることに成功しました。

しっかりと受け継がれた『梶屋』のこだわりと味わい

店舗 写真

「安い!」「うまい!」「デカい!」の三拍子がそろった『梶屋』は、地元の人のみならず、遠方からもお客さんが訪れる人気店です。「先代の石原さんの味を求めて来られるお客さんのためにも、石原さんから教えて頂いた味を変わらずに提供していきたいと思っています」と店長。先代のこだわりや味はこれからもしっかりと受け継がれていくようです。ごちそうさまでした! またお腹をペコペコに空かせて、ガッツリ食べに来たいと思います。(ライター:カタオカキヨシ)

Information

梶屋
住所
岡山市東区竹原1356-1 [MAP]
電話番号
086-297-3600
営業時間
平日11:00~15:00/17:00~21:00 ※土・日曜は11:00~21:00
休み
月曜
席数
40席
駐車場
18台
HP
http://www.ifarm.jp/kajiya/(梶屋ファンクラブ)

関連記事

SNS