『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2023年版岡山ラーメン本 2023 岡山ラーメン本 2023
  1. Home
  2. グルメ
  3. 《岡山市/ホンキートンク》打ち合わせはあの老舗の珈琲専門店にて。

カフェライターnanの岡山カフェ日和

《岡山市/ホンキートンク》打ち合わせはあの老舗の珈琲専門店にて。

vol.1 ホンキートンク

  • 情報掲載日:2015.08.01
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

はじめまして。ライターのnanです。
私のなかで、カフェの存在は日常の中でなくてはならない場所。
カフェで過ごす時間が好きで、仕事でもプライベートでも日々カフェのことを考えていたりいなかったり…。
最近では「カフェライター」とも呼ばれたり…(笑)。
そんな私にこのブログの執筆依頼がきたのです。
これからお気に入りのカフェをどんどん紹介していきますので、
お暇なときに読んでいただけたらと思います。


6月某日、「タウン情報おかやま」の宗編集長から連絡をもらい、打ち合わせをすることになりました。場所は会社の近くにある自家焙煎珈琲専門店「ホンキートンク」。


蒸し暑い日でのどが渇いていたので私はアイスコーヒー(450円)のソフトを。
コーヒーの苦手な(笑)宗編集長はミックスジュース(550円)をチョイス。
ハードかソフトを選べるアイスコーヒーは、8時間以上かけて水出ししたコーヒーを使用。
深みのある味わいと香りが楽しめます。
ミックスジュースは、フルーツを贅沢に使った人気メニューだそうです。


マスターの田中純一さん。おだやかな笑顔が印象的だが、ドリップや焙煎中は真剣な顔つきに。珈琲と真摯に向き合う姿はまさに職人。コーヒーの味わいにも表れているよう。


私がよくオーダーするお気に入りのチョコレートケーキ(400円)とブレンドコーヒー(450円)の組み合わせ。奥さん手作りのチョコレートケーキはしっとり加減が絶妙なんです。


初めて訪れた時からハマっている、カフェカプチーノ(550円)。深煎のコーヒーに浮かぶ冷たい生クリーム、底に溜まったザラメ。まずは、生クリームと一緒にコーヒーをすすり、残り半分くらいになったらシナモンスティックでかき混ぜて飲みます。昔、マスターが教えてくれた飲み方をいつも実践しています。バランスのよい苦みと甘さに癒されるのです。


日の光が優しくさしこむ店内。30年以上大切に使われているアンティーク風のイスに座ると、ふっと心が落ち着くのです。そこでのんびりコーヒーを飲みながらいつも思う、これからもずっと愛され続ける店であってほしいなと。


1981年創業の自家焙煎珈琲専門店。

店内に入るとコーヒーの芳醇な香りとマスターの田中純一さんが迎えてくれる。ドリップや焙煎などのノウハウは、今はなき岡山の自家焙煎珈琲の名店「カーフェ・カーネス」で教わったという。カーネス仕込みのネルドリップは、ペーパーよりもコクや香りがよく、思い通りの味が表現できるそう。客の様々な好みに応えられるようにと、開店当初からあるハード、ソフトに加え、現在5種類のブレンドコーヒーが用意されている。

Information
ホンキートンク
住所
岡山市北区西古松西町9-25[MAP]
電話番号
086-243-6868
営業時間
9:00~20:00
休み
第3金曜 ※祝日の場合は営業
席数
40席
駐車場
17台
ホームページ
http://www.honkytonk.jp/

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS