『岡山ラーメン本2022』『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版 『岡山ラーメン本2022』
  1. Home
  2. ライフ
  3. 《岡山市/ガチャガチャミュージアム 夢コロ》ツッコミどころありすぎ、大…

編集者にまかせてちょ~査団スペシャル

《岡山市/ガチャガチャミュージアム 夢コロ》ツッコミどころありすぎ、大人がハマるおもしろさ! 常時1000台以上が並ぶガチャガチャ専門店に潜入。

気になる岡山の街ネタ調べます!まかせてちょ~査団スペシャル

  • 情報掲載日:2021.11.27
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

Mission_89/人気キャラから変わり種まで、新アイテムが続々登場。全世代を夢中にさせる『夢コロ』で、カプセルトイの魅力を調査せよ!

設置台数1000台超え! ガチャガチャ天国、『夢コロ』を訪問。

ごきげんよう。『まかせてちょ~査団スペシャル』の団長Mです。

みなさん、最近「ガチャガチャ」ってやってますか?

そう、硬貨を投入してハンドルをガチャガチャと回す、カプセル入り玩具(カプセルトイ)の自動販売機のことです。

地域や年代、登録商標などによって「ガチャガチャ」「ガチャポン」「ガシャポン」などさまざまな呼び名があるようです。団長Mは子どものころから「ガチャ」と呼んでおりました。

カプセルを開ける時の、あのワクワク感がたまりませんよね。「子どものころに好きだったな」と懐かしむ人から、大人になった今でも買い集めているコレクターまで、誰もが一度はハンドルを回して一喜一憂した経験を持っているのではないでしょうか?

昭和のアナログ感を残すガチャガチャですが、その中身はかなり進化を遂げています。大人狙いの商品がどんどん増えて、市場規模は数百億単位にまで拡大しているそうですよ。

全世代を取り込む魅惑のおもちゃ、ガチャガチャの今を知るならココしかない! ということで、今回は「ガチャガチャファンの聖地」と呼ばれる場所を訪ねました。

こちらの倉庫型の建物は、岡山市北区今保にあるガチャガチャ専門店『夢コロ』。卸問屋が運営するショップならではの充実度で、休日にはたくさんのお客さんが訪れます。

ここ数年でガチャガチャを大量設置するお店や専門店が全国的に増えつつありますが、『夢コロ』は2003年にオープンした創業18年のお店。岡山のガチャガチャファンの間ではすっかりおなじみのスポットです。

1階と2階に分かれた店内は、「ガチャガチャの壁」で仕切られた巨大迷路のようなレイアウト。どちらを向いてもガチャガチャだらけの、ちょっぴりカオスな空間です。 

『夢コロ』の特徴は、何といっても設置台数の多さ。看板には「1000種類以上」と書かれていますが、お店の方いわく「正確な台数は分からない」とのこと。

代表を務める長谷部社長に聞いてみたところ、「おそらく1500種類くらいはあると思いますよ」とのこと。だいぶアバウトに増えてるじゃないですか!

「カプセルトイは、毎月300種類以上の新作アイテムがリリースされています。完売した商品と新商品の台を入れ替えるだけでは追いつかず、結果的にどんどん増殖しました」。(長谷部社長)

そんなに新作が出ているなんて、すごい業界ですね!

「商品数は売れ行きと仕入れのタイミングに左右されるので、少しずつ増えたり減ったりしながら今に至ります」。

なるほど、それで正確な台数が不明なのですね。かなりちょ~査のし甲斐がありそう!

ガチャガチャといえば人気キャラやミニチュア系の商品を思い浮かべますが、今はジャンルが多様化していて、客層も全世代へと広がりました。

写真のようなミニカーは世代を問わず大人気。スポーツカーや懐かしの国産車まで種類も豊富で、車種の特徴が細かい部分まで忠実に再現されています。

左端にあるのは、ゲートバーまでリアルに再現されたコインパーキングのミニチュア、「駐車場コレクション」。パーツを連結させてカスタムできるのもポイントです。駐車場のオーナー気分が味わえるかも?

高額フィギュア顔負けの完成度! 思わず集めたくなるミニチュア系ガチャの世界。

お忙しい社長に代わり、スタッフの八幡さんが店内を案内してくださいました。ここからは、八幡さんと団長Mの気になる商品をピックアップしていくことに。

誰もが一度は通る国民的人気キャラや、映画&アニメも大ブームの漫画など、キャラクター系が充実している『夢コロ』ですが、今回はミニチュア&変わり種を中心にリサーチしてみたいと思います(大人の事情です)。

店内の片隅では、ガチャガチャ界に生息するちょっと変な動物たちが大集結。無防備な寝姿や合掌ポーズ、シャクレたアゴ、リモートワークする猫など、モチーフも実に多彩です。

「動物シリーズは特に種類が多いですね。どの動物も絶妙に擬人化されていて、ただ可愛いだけじゃないのがポイントです」(八幡さん)。

店内のテーブルにて、買った商品を開けてみました。カプセルを回収してくれるカゴやハサミもあって便利です。

こちらは、キャンプを楽しむ動物たちをモチーフにした「どうぶつキャンプ」と、威嚇しているのにむしろ可愛い「ゆる威嚇」シリーズの猫。

「どうぶつキャンプ」はキャンプ用具とテントのパーツが1個ずつセットになっていて、動物とキャンプ用品の2つを集める楽しさが味わえます。400円というお値段以上の満足感!

こちらは、シニアの心もグッとつかむ仏像シリーズ。素材や質感までが再現されたアートな作品。心が洗われそう…。

「高額フィギュア顔負けの高品質な商品が増えました。集めながら一つの世界観を再現したり、ジオラマの小道具にも使えるコレクション性の高い商品も多いです」。

仏像とは別の方向性でリアリティを追求したのが、有名牛丼チェーンのコレクション。500円という攻めの価格も納得のクオリティ。「本物の牛丼1杯より高い」とSNSでも話題になりました。

テイクアウト容器や焼魚定食も本物そっくりですが、あえて「日本酒&生姜」を商品化してしまうセンスにヤラれました。もっとほかにも再現できる商品があったはず!

「備前焼シリーズは、本物志向の大人におすすめです」。

選びきれないほどの商品から、かなり特殊なアイテムを選んでくださった八幡さん。本物志向…というか、本物の備前焼です。

こちらは備前焼の作家さんが実際に手掛けたもので、生物や植物をかたどった小皿や箸置きなどをラインナップ。ガチャガチャとは思えない高級感ですね。

斜め上のセンスに脱帽。心をザワつかせる珍品&アイデア品もたくさん。

『まかせてちょ~査団』で度々紹介している「おもしろ自動販売機」も、ガチャガチャ界ではすでに再現済み。

街でよく見るドリンク自販機と、いまは貴重なレトロ自販機。手前に置いてある米粒みたいなドリンクに胸がキュンキュンしませんか?

この極小ドリンク、取出口に落として遊べるようになっているんです。芸が細かい!

どんどん進化、いや深化というべきマニアックな方向へと進みつつあるガチャガチャ。

その中には「なぜこれを商品化しようと思った?」と脳が混乱する珍品もありました。

「食べ物で遊んじゃダメ!」と怒られそうな、精肉そっくりの「肉リング」。ぜひプロポーズの掴みネタに使ってみてはいかがでしょうか(スベッても責任は持てません)。

人の形をした「あるもの」が家族になった「黒和さん」。名前と見た目のイメージ通り(?)窯の奥で幸せに暮らすクロワッサンの一家がモチーフになっています。どういうこと?

キャッチコピー曰く、「見つかってはいけないよ、人間には」。

なぜなら、一家はバターたっぷりの美味しいクロワッサンなのだから…。じゃあ左の子どもが食べているのは一体? なかなか闇の深い問題作です。

窓口での両替にも対応。ガチャガチャ専門店なのに無人じゃない、その理由とは?

植物もガチャガチャ業界に参入。種からハーブを育てられるシリーズは、お手軽にインドアグリーンを楽しみたい人にぴったり。たったの200円で種、土、鉢が付いてくるなんてお得すぎる。

豆乳がモチーフの保冷ポーチは、まるで雑誌の付録にでもなりそうな実用的アイテム。最近は光る、音が鳴る、動く、道具として使えるものがたくさん登場していて、かなり高品質になっています。

もはや何でもアリですが、深く考えず、ゆるーく楽しむのがよさそうですね!

「そう。おもしろいでしょう? 『一体何なんだろう?』と好奇心で買っている人も多いと思います。しかも何が出るか分からない訳ですから、お客さんも悲喜こもごもですよね」。

分かります。欲しい商品と違うやつが出てくる、何度やっても同じ物が出てくる、集める前に売り切れてしまう…そんな時の悲しみたるや。すっかり沼にハマっている自分に気づく瞬間です。とはいえ、そんなギャンブル性も魅力のひとつですよね。

『夢コロ』には、自動両替機と窓口対応の2つの両替システムがあります。

以前は窓口だけで手渡しの両替を行っていましたが、コロナ禍以降は対面を避けるために両替機を導入。5000円札や1万円札、10円以下の硬貨は、引き続き窓口で対応しています。

「以前より対面する機会が少なくなりましたが、お店としては人とのふれあいを大切にしています。スタッフが常駐しているのでお問合せにもすぐ対応できますし、卸問屋として設置や買い取りのご相談も承っていますので、お気軽にお声かけくださいね」。

「今日のお昼はこれでいかがですか~?」。

最後に八幡さんがおすすめしてくれたのは、「機内食ランチョンマット」。これを敷いておけば、お家で「フィッシュ、オアチキン?」と、海外旅行の気分を味わえますね…って、誰が考えてるの?

想像の斜め上をいくアイデアと商品力に驚かされっぱなし。ツッコミどころ多めですが、大人がハマるのも頷けますね!

今回紹介したのは、ほんの一例。人気商品はすぐに売り切れて新作に変わる場合があるので、気になる商品を見つけたら、早めに買っておくのがおススメですよ。

ユニークな商品ばかりでつい夢中になってしまいますが、駐車のマナーや順番などをきちんと守ることも忘れずに。

全国屈指の品ぞろえを誇る『夢コロ』で、ガチャガチャワールドにハマってみてください!

Information

Information
ガチャガチャミュージアム 夢コロ(有限会社ドリームハウス)
住所
岡山市北区今保562−1
電話番号
086-244-5656
営業時間
10:00~18:00
休み
なし
駐車場
10台
HP
http://dream-house.jp/index.html

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

関連記事

SNS