1. Home
  2. ライフ
  3. 《勝央町/おかやまファーマーズ・マーケット ノースヴィレッジ》家族連れ…

編集者にまかせてちょ~査団スペシャル

《勝央町/おかやまファーマーズ・マーケット ノースヴィレッジ》家族連れにもうれしい抜群のコスパ! 園内の気になる最新スポット&現在進行形の魅力をレポート!

気になる岡山の街ネタ調べます!まかせてちょ~査団スペシャル

  • 情報掲載日:2019.07.13
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

Mission_32/なんにもないけど、楽しさいっぱい? おもいっきり自由に遊んで学べて、自然に癒される! 開園25年を迎えた体験型の農業公園。

岡山で話題のスポットやイベント、知る人ぞ知るレアな情報など、誰もが気になる地元のモノ、ヒト、コトを『タウン情報おかやま』が徹底調査するこの企画。スタッフが実際に現地を訪れ、体験したとっておきの情報をリポートして、「岡山の魅力を再発見できる、よりディープでフレッシュな街ネタ」をお届けします!

山あいの豊かな自然に恵まれた岡山県北エリア、勝田郡勝央町にある『おかやまファーマーズ・マーケット ノースヴィレッジ』。広大な敷地の中には、ふれあい動物園やアスレチック、山小屋風のロッジなど、自然をテーマにしたいろいろなアクティビティが盛り込まれ、大人も子どもも楽しめる体験型農業公園として人気のレジャースポットです。1997年(平成9年)のオープンから20年以上が経ち、世代を超えた遊び場として休日には家族連れなど多くのお客さんでにぎわいます。

そんな『ノースヴィレッジ』は、毎年のように新しいアクティビティや設備が続々と登場し、季節ごとにさまざまなイベントが開催されています。今回は、『ノースヴィレッジ』初体験の団長Mが、農業公園の枠にとどまらない魅力を探るべく、実際に訪れてみました!

『ノースヴィレッジ』があるのは、岡山県の北東部、勝田郡勝央町。クルマで行くと岡山市街中心部から約1時間30分、中国自動車道の美作ICより約10分。2016年には中国自動車道の新しいルートが開通し、勝央ICより約3分とよりスムーズに行けるようになり、県南との距離感がぐっと近くなりました。

北欧をイメージしたという園内は、入口ゲートからして外国感たっぷり。

園内は敷地面積20ヘクタール、野球場約7個分とかなりの広さ。園内は丘や雑木林、池、山の谷間に掛かる吊り橋などがあり、自然をそのまま生かした変化のあるロケーションが特徴です。季節の花や樹々を観察しながらのんびりと散策するだけでも楽しめそうですね。

緑いっぱいでとてもきれいな園内。初の『ノースヴィレッジ』にテンションが上がる団長Mですが、そのテンションをさらに爆上げするポイントが…。

なんとこちら、入場無料なんです。 家族連れも気軽に来られる、お財布に優しいお出かけスポットですね。

園内を歩くと、お子さんに人気の『ふれあい動物園』がありました。ここには、かつて家畜界(動物界?)の「早すぎた岡山の奇跡」として注目を集めた、牛の「元気君」がいます(あちらの「岡山の奇跡」の大先輩!)。台風により氾濫した吉井川の濁流に飲み込まれ、なんと牛窓沖まで流されながらも無事生還したことで有名になった元気君。あれから十数年経ち、人間の年齢でいうと100歳のご長寿だそう。長生き牛としても伝説を作った元気君にあやかりたいと、週2回のペースで拝みに来るファンもいるそうです。もはや神レベル!

ポニーやミニチュアホースなど、園内にいる馬の数は約16頭。放牧場では乗馬体験もできます。そのほかにも元気なヤギやウサギ、チャボ、噴水池で泳ぐカモなど、いろいろな動物に出会うことができます。

そして団長Mが次に出会ったのは…おや?

園内で人気のフォトスポット、森のブランコを笑顔で漕ぐこちらの方は、『ノースヴィレッジ』の施設長の富田さん。初体験の団長Mのために、ガイド役としておちゃめにスタンバイしてくださっていました。ご覧の通り、ノリがよくてとても親切な富田さん。早速、富田さんイチ押しのおすすめスポットを紹介してもらいたいと思います!

富田さんがまず案内してくださったのは、果てしなく広がる芝生の丘。「『ノースヴィレッジ』は、元々あった自然をそのまま生かした自然公園。この芝面だけでも1万2000平方メートルあり、のびのびと遊んでいただけます。園内をぐるっと散策するだけでも一時間以上はかかりますね。なので歩きやすい靴、動きやすい服装でお越しください」と富田さん。

富田さん、ここの魅力を一言で例えると?
「なんにもないけど、いろいろあるとこかな(ニヤリ)」
ん?どういうことでしょうか? 確かに、ホームページにも「なんにもないがいっぱい!」とありました。どうやらこれが『ノースヴィレッジ』を楽しむキーワードのようです。

次に訪れたのは、2018年に登場した「Easy Gramping」。6人用のテントにウッドデッキ付きで、一棟1泊1万8000円~2万円で借りられる、今話題のアウトドアステイができる施設です。中のコーディネートもとってもオシャレです。ここは丘の上に位置する有料エリアで、眺めも抜群。エリア内にはクラブハウスもあり、バーベキューも楽しめます。

森の中に突如現れるアスレチックエリア。中でも富田さんがおすすめなのは、やたら長いと話題の『ローラー滑り台』。尾根に沿って曲がりくねっているため、滑り台の一部分しか撮影できませんでした。大型複合遊具を中心に、小さいお子さんが遊べる低年齢向け遊具もあります。

団長Mは、巨大な筒状の浮き輪に乗って噴水池の上を転がる「アクアチューブ」(1回500円)を体験しました。走って漕ぎ、浮き輪を回転させることで前に進むものだそうですが、分かりやすく言うと、ハムスターがゲージの中でカラカラ回している運動しているあの感じ。一見簡単そうに見えてなかなか難しく、走るどころか浮き輪の上で転がりっぱなし、笑いっぱなし。全身クタクタの5分間。最初は落ちないか心配でしたが、浮き輪からはみ出さなければ池に投げ出される心配もなく、気軽に楽しめるのがよいですね。

たくさん遊んでお腹がすいたら、園内にある『森のレストラン』へ。店内は森をイメージしたナチュラルな飾り付けで、天井高があり開放的。正面にあるステージでは本格的なライブ演奏ができます。階段横の壁には、ライブハウスかのごとくミュージシャンやバンドのサインがたくさん。音楽好きの富田さんが、定期的にライブイベントを開催しているそうです。

こちらのイチ推しメニューは、玉子たっぷりのオムライス1000円。地元の生産農家から仕入れるオーガニック栽培の玉子を使い、新鮮な玉子の甘味とふわふわトロトロの食感が味わえる一品です。そして、同じ有精卵を使ったたまごかけご飯も絶品! レストランには地元の食材を使ったメニューや、県外のお客さんから好評のご当地B級グルメがそろっています。

そのほか、園内には宿泊できる山小屋ロッジや収穫体験ができる農園、アイスなどの手作り体験コーナー、ワークショップ、BBQコーナー、お土産コーナーなど、楽しめる要素がまだまだたくさん。夏には行列必至の「桃の収穫祭」、桜の時期に合わせたマルシェ&音楽イベント「HANA FES(ハナフェス)」など季節のイベントも開催。すべて楽しみ尽くすなら、1時間どころか半日、いや1日必要かもしれません。

改めて言いますが、こちらは入園無料。これだけの広い敷地やアクティビティを有していながら、無料とは本当に太っ腹! 園内には散歩している親子やキレイな景色を楽しみつつジョギングしている人もいて、地元では日常的な憩いの場になっているようです。

最後に団長Mが気になったのは、園内の至る所でずーっと流れているBGM。「ファファ、ファーマーズ♪ ファファ、ファーマーズ♪」と繰り返される歌詞。どうやら、ファーマーズマーケットのオリジナルソングで間違いなさそうですが、富田さん、これは?

「音楽好きが高じて、大好きな関西のバンド「私の思い出」に、オリジナルソングを製作していただきました。お子さんが口ずさんで帰ってくれるのがうれしいですね」。不思議なバンド名が少々気になりますが、確かに一度聞くと耳に残るシンプルなメロディと歌詞。ノースヴィレッジの雰囲気にぴったりの明るく元気なテーマソングです。歌の歌詞にはノースヴィレッジの魅力が歌詞に散りばめられていて、曲を聞くだけでどんな場所か一発で理解できます。園内ではCDも販売中です。帰りの道中でこの曲を聞きながら、楽しい一日の余韻に浸るのもいいですね!

「何にもない」どころか、いろいろありすぎて記事ですべてが紹介しきれないほど魅力の詰まったノースヴィレッジ。「何もないけどいろいろある、というのは、『ノースヴィレッジ』をどれだけ楽しめるかはみなさん次第、ということなんです。私たちも自然のステージを生かして、アットホームで型にはまらない魅力を追求し続けていきます!」

今後もいろんな仕掛けやイベント、ライブを企画中のノースヴィレッジ。タイムリーな情報はHPやsnsでチェックし、来る度に新たな楽しみ方を発見してみてください!

Information
おかやまファーマーズマーケット ノースヴィレッジ
住所
岡山県勝田郡勝央町岡1100 [MAP]
電話番号
0868-38-1234
営業時間
9:00~17:00 ※お盆期間中(8月11日~15日)は9:00~19:00(変更の場合あり)
休園日
水曜(12月~2月は火・水曜日)
HP
http://www.alis-nv.com/

関連記事

SNS