アルバイト応募フォーム
  1. Home
  2. ライフ
  3. 《岡山市/万歩書店》広さ250坪の敷地に商品在庫が約50万点。全国から古本…

編集者にまかせてちょ~査団スペシャル

《岡山市/万歩書店》広さ250坪の敷地に商品在庫が約50万点。全国から古本ハンターが訪れる古書店の全貌に迫る!

気になる岡山の街ネタ調べます!まかせてちょ~査団スペシャル

  • 情報掲載日:2019.03.09
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

Mission_24/「日本最大級の古書店」の呼び声も高い、「古本のワンダーランド」に潜入せよ!

岡山の話題のスポットや、気になるモノなどを徹底調査! 『タウン情報おかやま』スタッフが実際に現地を訪問して、とっておきの情報をお届けするこの企画。

『タウン情報おかやま』本誌で好評連載中の「まかせてちょ~査団!」が、Webページに進出!よりディープでフレッシュな岡山の街ネタをご紹介します!

近年、さまざまなメディアの普及により、「読書離れ」「活字離れ」が進んでいると言われています。しかしその一方で、世の中には「読書が趣味」という方は数多くいますし、ブックフェアなどのイベントに多くの方が来場していることなどからも、本や雑誌などの紙媒体はまだまだ根強い人気を誇っているといえるでしょう。

そんな読書好き、本好きな人たちにとって憧れの場所となっている古書店が岡山にあり、全国から古本ハンターが訪れているという噂を聞きつけました。そのお店に行ったことがある人が言うには「まるで迷路のなかに入ったような気分だった」「ものすごい商品在庫数で、本のジャングルのようだった」とのこと。そのお店の全貌を探るべく、我々取材班は岡山市北区久米にある『万歩書店本店』へと向かいました。

岡山市内から県道162号線を倉敷方面に向かい、岡山西バイパスを超えてすぐの右手にお店がありました。店舗横の駐車場にクルマを停め、お店の入口へと向かいます。お店の外観はいわゆる郊外型古書店で、大きな「本」の文字が目をひきます。

正直、お店の外観からは「意外と普通の古本屋さんだな~」と思ったのですが、店内に入るとその印象は一変。所狭しと本が並んでいて、奥のほうはかすんで見えません。想像以上の店内の広さと膨大な本の量に、圧倒されて立ちすくんでしまいました。

我々が呆然としていると、「何かお探しですか? 当店は各通路ごとに住所表示がされていますので、お探しのジャンルがあれば、その住所を頼りに探せるようになっています」と店長の福崎さんが声をかけてくださいました。

なるほど、店内のいたるところに「16番通り」とか「西四丁目東」などの表示がありました。お店のなかに住所があるって一体…。我々はその状況がうまくのみこめません。これはもう、ほとんど街ですね。

福崎さんから頂いた地図と、店内に掲げられた住所表示を照らし合わせながら、広大な店内をぐるっと回ってみました。

本はジャンルごとに整理されており、そのジャンルのなかでもかなり細かく分類されて陳列されているので、目的の本が探しやすいようになっています。写真を見て頂ければ分かりますが、「仏教美術」とか「ガラス工芸」で1ジャンルってすごくないですか? ニッチすぎ!

雑誌や趣味の本以外にも専門書や学術書も並んでいました。「大学教授や研究者の方も探しに来られます」と福崎さん。広さ250坪のお店に敷地にある蔵書量は50万点以上だそうで、「日本最大級の古書店」と呼ばれているのも納得です。

ガラスケースのなかには、高価な希少本が並んでいました。古書マニアにとっては、ここにあるラインナップは垂涎モノでしょう。またほかにはCDやレコード、映画のパンフレット、ポスターなども売られていました。

『万歩書店本店』のとなりにある『万歩書店エンタメ館』には、コミックやゲーム、フィギュアなどが並んでいます。『本店』は年齢層が高めのお客さんが多い印象でしたが、こちらの『エンタメ館』は若いお客さんで賑わっていました。

『万歩書店』の専務の野村さんにお話をお聞きしました。「弊社の先代の社長は、もともとこの敷地内で喫茶店や造園業を経営していたのですが、『後世によい本を残していきたい』という思いから1984年に『万歩書店』を創業しました。店名には『夢中で本を探して歩くと一万歩になる』という理念が込められています」。

創業当時、店内は40坪ほどの広さだったそうですが、先代社長の「小さいお子さんから年配の方までもっと本に親しんでもらいたい」という熱い思いから、本の在庫は増え続け、それに従ってお店もどんどん広くなってきたそうです。現在は『本店』と『エンタメ館』以外に『津山小田中店』『津山中之町店』の4店舗を展開。各店舗ごとのセールや共通イベントなども開催しているそうです。

野村さんに今後の展望をお聞きしたところ、「お客さんのニーズに合うような品ぞろえを目指し、まだまだ本の在庫を充実させたいですね。そして、末永くお客さんに可愛がってもらえるお店になることが目標です」とのことでした。

本好きの方なら一日中楽しめること間違いナシの『万歩書店』は、まさに「本のワンダーランド」でした!

Information
万歩書店 本店
住所
岡山市北区久米415-1[MAP]
電話番号
086-246-1110
営業時間
10:00~23:00
休み
なし
HP
http://www.a-walker.co.jp/

関連記事

SNS