オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGsオセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs
  1. Home
  2. ライフ
  3. 《体験レポート!》ボルダリングの聖地、王子が岳。

《体験レポート!》ボルダリングの聖地、王子が岳。

  • 情報掲載日:2021.04.20
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

目指せ、難関ルート制覇! 奇岩連なる王子が岳でボルダリング。

©岡山県観光連盟

瀬戸内エリア屈指のビュースポット・王子が岳。

実は、随所に点在する岩を目がけて、全国からボルダラーが訪れる「ボルダリングの聖地」としても知られています。その歴史は古く、1970年代後半からボルダリングスポットとしての開拓が進められていたのだとか。

それぞれの岩には、登ることが可能な「課題」と呼ばれるルートが複数あり、名称や難易度が設定されています。

岩肌が荒く登りにくいとされていますが、3m前後のものが多いので持久力も不要で、女性や子どもでも挑戦しやすいのが魅力。

今回、倉敷市で『rocks CLIMBING GYM』を運営する、プロクライマー柳瀬さんにレクチャーを受けながら、編集スタッフが王子が岳のボルダリングを体験してきました!

【聖地ポイント】
なぜ、王子が岳はボルダリングの聖地なの?

  1. 40年以上もの歴史を持つスポット
  2. 穏やかな気候や素晴らしい景観に恵まれた立地
  3. ボルダリングに適した岩が無数に存在する

【レコメンダープロフィール】
『rocks CLIMBING GYM』代表 柳瀬昭史さん
1977年生まれ、岡山市出身。2001年にクライミングを始めて以来、王子が岳にも日々訪れている。ボルダリングツアーの開催はジムに問合せを

【エリアDATA】

王子が岳 おすすめボルダリングスポット

スポット1

[エリア]山頂付近
[レベル]2級

断崖絶壁のスリルと高度感!
山頂に位置し、瀬戸内海に面した最高のロケーションが魅力の「瀬戸内ブルー」と呼ばれるルート。左右の視界が開けており、より高度が感じられます

プロクライマーの柳瀬さんに登っていただきました!

まずはコースを見定めて…。一歩一歩着実に登って…、と思っていたら、次の瞬間、登頂! 速い!! なんと約30秒で登られました。さすが、王子が岳を愛するプロクライマー。

初心者の皆さんは、自分のレベルに合わせてゆっくり登ってくださいね。

スポット2

[エリア]入り口のボルダーエリア
[レベル]2級

手足の使い方が成功の鍵
©Teppei Kobayashi
「カンテ」と呼ばれる岩の端の持ち方と、足運びが肝になる「安藤君カンテ」。クライマーの登る姿が見栄えする岩としても人気

スポット3

[エリア]ニコニコ岩ボルダーエリア
[レベル]初段

王子が岳屈指の難関課題
ボルダリング上級者の登竜門として、全国から挑戦者が訪れる「スプーンカットフェイス」。登りきると眼下に瀬戸内海が広がり、最高の達成感が味わえます

スポット4

[エリア]東のボルダーエリア
[レベル]3級

絶景を目指して登り切れ!
©Teppei Kobayashi
スタート直後の足上げが難しい「ヤスイスラブ」。上に近づくにつれて登りやすくなり、頂上からは王子が岳のシンボル「ニコニコ岩」が眺められます

スポット5

[エリア]東のボルダーエリア
[レベル]8級

ボルダリング初心者はまずここ
編集部Mもトライ! 手に頼らずに足で登っていく、ボルダリングの基本の形はここで練習しましょう。手を使わなくても登れるという意味から「ノーハンド」と呼ばれるルートです

【ボルダリングの注意点】

  • 登る際は安全を考慮してボルダリング用の靴とマットを準備すること
  • 大勢で騒いだり、大声をあげたりしないこと
  • 通行人の邪魔にならないよう、遊歩道をマットで埋めつくさないこと
  • 岩に付いたチョークはブラッシングして落として帰ること

以上、王子が岳のボルダリングスポットから5つのスポットを紹介しました。

王子が岳のボルダリングが気になってきた人は、プロクライマー・大場美和さん主演のYoutube動画「玉野ボルダリングエリアPRビデオ」もチェック。 

王子が岳の雄大な景色の中で、ボルダリングに挑戦する姿を臨場感抜群で楽しめます。

練習や準備物を整えて、ボルダリングの聖地・王子が岳を訪れてください!

今回、ご協力いただいたプロクライマー柳瀬さんのジムでは、ボルダリング初心者もウェルカム!
気になる人はぜひ問合せを。

【ジム情報】

ボルダリングのほか、ロープを使ったリードクライミングなど、さまざまなクライミングが楽しめる。各種スクールも開講し、ボルダリング用の靴やマットの貸し出しにも対応。

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS