1. Home
  2. ライフ
  3. 岡山ものづくり物語

岡山ものづくり物語

岡山ものづくり物語

ハレマチ特区365

  • 情報掲載日:2016.02.24
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

岡山ものづくり物語 株式会社 山陽ハイクリーナー

岡山発の魅力的なアイテムを集めた、イオンモール岡山5階の『ハレマチ特区365』。
そこで販売されるアイテムが生まれた現場を訪ねます。

自らの技術と思いを込めた、デニムの生活雑貨たち。

岡山ものづくり物語
右列は「アライヤン」のブックカバー。手前よりヒッコリー1620円、ユーズド淡色2160円、ワンウォッシュ1620円。左列は「アライヤン」のジーンズペンケース。手前よりユーズド濃色2700円、ヒッコリー、生デニム各1944円
岡山ものづくり物語
メンズブランド「マストロ」では、スタイリッシュなデニムタイやボウタイもラインナップ。デニムタイ各4212円、デニムボウタイ各3240円
岡山ものづくり物語
「ロロラボ」ブランドではエプロンも(5292円、子ども用は3132円)。奥の「マストロ」ハンチングキャップは6372円

『山陽ハイクリーナー』という名前からは、デニム雑貨を作っている会社とは、ぱっと思いつかないだろう。しかし、会社の歴史をひも解くと、なるほど、このアイテムたちには奥深い技術と思いが込められているんだと分かるはずだ。会社は1968年にクリーニング業としてスタート。その後、県内にジーンズを製造する会社が多かった縁で、ジーンズの加工洗い業に参入することとなる。メーカーから縫製された品が持ちこまれ、そこからダメージ加工や経年加工、染色、さらに洗い、そして検品まで…。一連の作業を一社でできるのは珍しく、納期や品質の安定を図れることからオファーが増え、業務を拡大していった。

 しかしながら、世間に出るときは依頼してくれた大手メーカーの名前やブランド名で。新しい加工方法の提案をし採用されることもあり、技術には自信を持っていたものの、自分たちが作ったのだと言うことができないジレンマを感じていた。ただ請け負うだけじゃなく、自分たちの力を知ってほしい。そこで自社の洗いや加工の技術を生かしたオリジナル製品を手がけることを考え、2012年にオリジナル雑貨を企画製造する第2事業部を設立。デニムや帆布などの岡山らしさを表せる素材を使った生活の身近なところで愛用してもらえる雑貨を、というコンセプトでさまざまなアイテムを生み出していった。

 ブランドも、毎日使う雑貨ブランド「アライヤン」、レディース中心の「ロロラボ」、メンズ中心の「マストロ」の3ブランドを展開。それぞれ自社で縫製をした後、サイズに合わせたダメージ加工や洗いをかける。実物を見ると、「こんな小さなアイテムなのに、ジーンズのような色落ち加工がしてある!」と感動するはずだ。ジーンズと同様の縫製なので強度もあり、洗って時を経るごとに色落ちは味わい深くなる。長年使うほど愛着がわく、一生ものとなり得るアイテムばかりだ。

岡山ものづくり物語
岡山ものづくり物語
岡山ものづくり物語
岡山ものづくり物語
岡山ものづくり物語
雑貨部門の縫製スタッフたち。このほか、ダメージ加工や洗いのスタッフが一体となってアイテムを作りあげていく
岡山ものづくり物語
「ライフスタイルの提案」をアイテム開発のモットーに、デニムでできたソファやスリッパ、傘など生活が楽しくなるような品々も手がける。多彩なアイテム展開ができるのは、自社で縫製・加工できるからこそ

ハレマチ特区365 どこで販売?

岡山ものづくり物語
『ハレマチ特区365』ではレジ横の棚にて展開中!

株式会社 山陽ハイクリーナー

岡山ものづくり物語

1968年にクリーニング会社として創業し、1984年にデニムの洗い加工業に参入。その技術を生かし、2012年に雑貨の生産を開始した。

Information

株式会社 山陽ハイクリーナー
住所
浅口市鴨方町鴨方935-1 [MAP]
電話番号
0865-44-2665
HP
http://jeans-wash.co.jp/

ハレマチ特区365

岡山ものづくり物語

Information

ハレマチ特区365
住所
岡山市北区下石井1-2-1 イオンモール岡山5階
電話番号
086-206-7204
営業時間
10:00~21:00
休み
なし
駐車場
約2500台(共同)
HP
https://hare365.com/

関連記事

SNS