1. Home
  2. グルメ
  3. 《総社市/トングウ》総社っ子の魂に染み付いた懐かしの味!「あの頃」に…

あのパンのとりこseason2

《総社市/トングウ》総社っ子の魂に染み付いた懐かしの味!「あの頃」にタイムスリップする給食揚げパン。

~指名買いしたい岡山の惚れパン~ あのパンのとりこ♥season2

  • 情報掲載日:2019.08.11
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

朝ごはんに、おやつに、食事に添えて…まいにちのいろんなシーンで登場する「パン」。岡山にもたくさんのパン屋さんがあり、「この店のこのパンが好き!」という自分だけのお気に入りがある人も多いのでは? パンに恋したTJ女性スタッフが、とっておきの「惚れパン」を心ゆくまで語ります!

[ナビゲーター]しょこ
TJスタッフ暦11年目のアラサー女子。パンを買いに行くために遠征し、自分でも家で焼くほどのパン好き。朝ごはんは必ずパンと決めており、なかでも一番好きなのはベーグル! 先日みごと「パンシェルジュ3級&2級」を取得! 現在は1級受験に向けて勉強中。子どものころの将来の夢は、パン職人の旦那さんと結婚すること。

33♥パンめ 『ベーカリー トングウ』の「給食あげぱん」

世間では、待ちに待った夏休み! 社会人になってからは1ヵ月も休めるなんて夢のまた夢ですが…。それでもなんだか夏って楽しいこといっぱいで、思わずテンション上がるぅ~! ビアガーデン、プール、キャンプ、バーベキュー…。もちろんクーラーの効いた部屋でごろごろアイスを食べるなんてのもいいですよね♪ でも、パンフリーク的には、絶品のパンを求めて遠方へ出かけるのもアリアリです。

というわけでやってきましたのは、昨今「パンワールド」として知られるようになった「総社市」。軒数が多いだけでなく、季節によって各店がワンテーマで新しい商品を考案したり、イベントを開催したり、はたまたスタンプラリーを行ったりとさまざまな楽しい企画を実施しています。ちなみに総社市は、パンの製造出荷額が岡山県で堂々の1位なんですって。総社市内で生産されている農産物や加工品を2品以上使って作られるという「総社ドッグ」も有名ですよね。

写真1

この総社にはたくさんの人気店があり、選ぶのに非常に苦労しました…。初回はまず、「パンわーるど総社」プロジェクトにも参加している『ベーカリー トングウ』さんへ。JR総社駅の目の前にあります。みなさまご存知、総社のみならず、岡山で知らない人はいないくらいの有名な老舗ですね。今年で創業なんと91年! 地元では給食でも提供されるなど古くから親しまれており、地元民にとってはまさに遺伝子レベルで愛されているお店なんです。近所の子どもが100円玉を握り締めて買いに来る、なんてエピソードもしっくり来ますよね。

写真2

数多くのヒット商品を抱えるなかで、私のおすすめは「給食あげぱん」「きなこあげぱん」各120円です。コッペパンを揚げて砂糖・きな粉をそれぞれまぶした昔ながらのもので、それこそ昔学校の給食で出ましたよね~!! 私の通っていた小学校はプレーンでお砂糖まみれのほうでした。私も口のまわりや手をベタベタにしながらかぶりついてました。みんな大好きで、お休みの子がいようもんなら速攻じゃんけんで取り合いでしたよ~。みなさんもそんな遠き日の思い出ありますよね?!

コッペパンといえば、こちらでは新たに昨年からコッペパンシリーズを展開中。平日20~25種類、土日には約30種類も並ぶんですって。ジャムやクリーム、プリン入りのおやつ系、エビフライやメンチカツ、唐揚げにカニクリームコロッケのはさまれた食事系、なかには「塩はちみつ」といった変わりダネもあります。選ぶのが楽しみになりますね!

写真3

ノスタルジックな袋パン一番人気は「上あん」125円で、通称「油パン」の愛称で愛されている有名な品です。ほのかにシナモンが香るもちもちの生地に、素朴でしっとりきめ細かな自家製こしあん入り。昭和初期から変わらないどこか懐かしい味わいが魅力ですよね~。1日800個売れることもあるという、まさに『トングウ』の顔! 生地にも揚げ方にもひと工夫してあって、油を吸わず表面だけがふわりと揚がるのがその秘密なんだそうです。

また、こちらも隠れた大人気商品「バターロール」135円。「枕パン」とも呼ばれる、ファンの多いひと品は、ふっくらパンにシュガーマーガリンを塗り込んでいて甘い味わいがしみじみうまいのです。初代が開発し、今までずっと愛され続けています。ほかにも、いわゆるメロンパン「松笠」125円やフルーツ・バナナをはじめチョコやコーヒーといろんな味がある「ロールパン」各125円、「三角ジャムパン」1個120円(2個入り250円もあり)などなど、袋パンはどの子もロングセラーばかり。昔からデザインも変わらないというパッケージもレトロで素敵!

写真4

店頭には常時120種類、過去ご紹介したパン屋さんのなかでももっとも多い品数を誇ります。しかも、そのうち20種ほどが季節によって変わるそう。県内の農家や飲食店とコラボしたものや、季節の行事に合わせたものなどもあるんですよ。

クリームやあんの素材・レシピは、創業以来伝統の製法を守っているそう。と同時に、3代目である吉田さんはそこに斬新なアイデアを加え革新に挑み続けています。遊び心にあふれ、探究心に満ちた彼は日々思索を重ね、「1日1個」を目指してパンづくりを続けておられます。また「1日に何人を笑顔にできるか」をつねに思いながら働いているとも話してくれました。パンに対して、そしてお客さんに対してもまじめ。なおかつ心から仕事を楽しんでいるのがわかりますよね。だからこそ長く地域に愛されながらここまでやってこれたのだと思います。

おしゃれだったりこだわりに満ちていたり、最近よいベーカリーが増えた総社。そのなかでも、老舗の誇りと想いをもって頑張っている『トングウ』さんでは、材料が高騰しても極力値上げはしないとのこと。熱い心意気がうれしいですね♪ 安さ、味、バラエティの3拍子そろった名店だと思います。それから、毎月10日は「トングウの日」。100円パンにお菓子のつかみ取り、10円オフ、スタンプ押印増量、この日限定のパンなどたくさんのお得があるんですよ。なので、みんな10日は『ベーカリー トングウ』目当てに、総社に集まれ~!!

Information
ベーカリー トングウ
住所
総社市駅前1-2-3 [MAP]
電話番号
0866-92-0236
営業時間
8:00~19:00
休み
日曜
駐車場
10台
HP
http://www.tongu.co.jp/

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>

関連記事

SNS