1. Home
  2. グルメ
  3. 《岡山市/風が見つけたパンの森》「自分へのご褒美パン」といえばこれ!…

あのパンのとりこseason2

《岡山市/風が見つけたパンの森》「自分へのご褒美パン」といえばこれ! 心もとろかす、シュプリーム・クイニーアマン。

~指名買いしたい岡山の惚れパン~ あのパンのとりこ♥season2

  • 情報掲載日:2019.07.28
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

朝ごはんに、おやつに、食事に添えて…まいにちのいろんなシーンで登場する「パン」。岡山にもたくさんのパン屋さんがあり、「この店のこのパンが好き!」という自分だけのお気に入りがある人も多いのでは? パンに恋したTJ女性スタッフが、とっておきの「惚れパン」を心ゆくまで語ります!

[ナビゲーター]しょこ
TJスタッフ暦11年目のアラサー女子。パンを買いに行くために遠征し、自分でも家で焼くほどのパン好き。朝ごはんは必ずパンと決めており、なかでも一番好きなのはベーグル! 先日みごと「パンシェルジュ3級&2級」を取得! 現在は1級受験に向けて勉強中。子どものころの将来の夢は、パン職人の旦那さんと結婚すること。

32♥パンめ 『風が見つけたパンの森』の「クイニアマン」

岡山市南区は、灘崎の『サウスヴィレッジ』、「浦安公園」、『シネマタウン岡南』といった、ファミリーが楽しめるような施設がいっぱいあります。新しい住宅地やマンションも続々増えているので、特に若い家族層が多いエリアでもありますね。そのためスーパーやドラッグストア、公共交通機関が充実していて生活利便性も抜群! だからなのか、子どもをはじめ「どんな世代にも愛されるパン屋」がたくさんなのもパンフリークにとって魅力ではないでしょうか。このエリアにはふわふわ系の菓子パン、調理パンを得意とするお店が多いように思います。今回登場するのもそんな一店なんですよ。

写真1

で、訪れたのはこちら、妹尾にある『風が見つけたパンの森』さんです。なんともメルヘンチックで夢カワなお名前が素敵ですね。外にはテラス席もあり、買ったパンをここでいただくこともできるみたい。近くには小さな手洗い場もあって、まるで外国のお庭にいる気分になれそう。ではでは、ヨーロッパの貴婦人の気分で店内に入ってみましょう。こちらに来たら絶対に食べてみてほしいおすすめパンがあるんですよ~♪

写真2

いかにも手作り、の不均一なフォルムがきゃわいい「クイニーアマン」ちゃんは190円とお手頃価格。バターの香り高く香ばしい、大好きなひと品です。あまくてさっくさく、おやつにもぴったりのスウィーツパンですが、やっぱりカロリーも気になるお年頃なので…。私の中ではご褒美的に食べると決めているほど。ざくざくした固めの生地は、かむごとに小気味よい食感でクセになっちゃう。塩味の効いたバターと生地そのもののおいしさが、流麗なハーモニーを口の中で奏でているようです。ごろごろした形も特徴的で、一つひとつ表情が違い個性的。世の中にクイニーアマンは数あれど、『風が見つけたパンの森』でしか食べられない唯一無二の存在です。

ちなみにここで豆知識をおひとつ。クイニーアマンは、フランス・ブルターニュ地方の伝統菓子で、ブリオッシュ風の生地を折りたたみ砂糖とバターを敷いた型に入れて焼き上げたもの。とことんリッチな菓子パンの一種です。砂糖がカラメル化してカリカリになった外側、甘さと塩気があいまった内側、とその対比がまさにやみつき! 日本では1990年代に一代ブームを巻き起こしたそうです。

写真3

約80種類と、目移りするほどたくさんの種類の商品をそろえている店内。いつもぐるぐるぐるぐる何周も回って、やっとこさ買うパンを選び出します。泣く泣くあきらめることも多々…。そのなかでも私がおすすめしたいのは、まず「紅茶ブレッド」ハーフ270円(1本540円)。アールグレイの葉を練り込み、さらにミルクシートを織り込んだコク深い上品さが魅力で、ロイヤルミルクティを飲んでいるような濃厚かつ気品あふれる絶品です。しっとり感があるので、そのままちぎって食べると、この上ない幸福感に包まれますよ。

幸せといえば「デニッシュブレッド」ハーフ340円(1斤680円)もマスト。デニッシュって生地が層になっているので、私は層ごとにちぎって食べちゃうんですよね~。なんとなく楽しい気分になりませんか? ちなみに私は、バームクーヘンをはがして食べたりチョコとクッキーを分解して食べたり、変な食べ方をしてしまいます…(幼稚園児か!)。

それから、こっちも人気なのが「王様のカレードーナツ」190円。中には半熟卵がひそんでいて、食べた人に至上の幸せをもたらしてくれます。思わずほっぺがとろーんと落ちちゃうこと、請け合いですよ! カレーパン好きは必食でございます。また、お店の方の推しがこの「モーモーフランス」150円だそう。ハードすぎないもっちりフランス生地にシュガーバタークリームの組み合わせは、老若男女問わず人気なんだそう。要チェックですよ~。

写真4

「パンのおいしさは生地で決まる」をポリシーに掲げ、小麦本来の味わいと香りを引き立てるべく熟成させるという店長の伊藤さん。だからこちらのパンは、どれも冷めてもふかふかでおいしく楽しめるんですね。あと、ここでうれしいのは何といっても試食の多さ! 品数もバリエーションも豊富だし、オリジナル性の高いパンが多いので、食べてみて選べるのはグー。思わず目移りして選ぶのに苦労しちゃう私みたいな人には、すごく親切ですよね。

全体的にソフトめなパンが充実した印象の『風が見つけたパンの森』。「これだけのうまいパン、もっとハードなのも食べてみたいな~」って思ったハード系を愛するあなた! 問屋町にある2号店『des forèst KAZÉ Toiya-machi』では、ハード系を中心に充実させたラインナップでお待ちしておりますよ♪ しかも、ほとんどが本店とは違う品ぞろえだそうで…。これは楽しみが2倍、いや3倍以上にも増えちゃいますね。妹尾と問屋町、クルマなら意外と遠くないので、ぜひともハシゴをおすすめしますよー!!

Information
風が見つけたパンの森
住所
岡山市南区妹尾950 [MAP]
電話番号
086-281-8800
営業時間
7:00~18:00
休み
火曜、第2・4金曜
席数
5席
駐車場
30台(共同)

関連記事

SNS