オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGsオセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs
  1. Home
  2. グルメ
  3. 《岡山市/アンティーク・カフェ ゆかし》寒い冬は薪ストーブのあるカフェ…

カフェライターnanの岡山カフェ日和

《岡山市/アンティーク・カフェ ゆかし》寒い冬は薪ストーブのあるカフェへ。

vol.38 アンティーク・カフェ ゆかし

  • 情報掲載日:2017.02.19
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

冬のおこもりにぴったりなカフェがあります。昔懐かしい骨董品やアンティーク品が配された少し薄暗い店内には薪ストーブがあり、冷えた体を温めてくれます。炎を眺めているだけで心が落ち着くのです。

薪ストーブ写真

店の象徴でもあるダルマストーブは、11月から5月くらいまで使用されます。使う薪は店主自らが割るんですよ。これひとつあるだけで、寒い冬でも店内は一気に温まるそう。ちなみに使い終わった木炭は火鉢に入れて、鉄瓶での湯沸かしにするのです。

店内写真

ガラスコップやなます皿、漆の椀物などの食器や、振り子時計やキャビネットなど、店内には数多くの骨董品が並べられています。季節の花や苔玉を、花器にみたてたアンティーク品に飾ってある様子を見ると、店主のおだやかな人柄が伝わってきます。

サンドイッチ写真

「厚焼きたまごのサンドイッチ」670円は、甘めに焼かれた玉子焼きが私好み。一杯立ての味わい深い「コーヒー」350円と一緒にどうぞ。

ダルマストーブのあるカフェで好きな本を読んだり、店主とおしゃべりしたり、心も体もぽかぽかと温まりたいとき、ここに来たくなるのです。

外観写真
骨董品やアンティーク品に囲まれて古きよき時間を過ごす。

創業20年のアンティークカフェ。県道40号線の裏通りにある隠れ家のような一軒は、扉を開けて中に入るとまずダルマストーブが目を引く。薪を燃やす炎がとても温かく、そばにいるだけでほっとくつろげる。店内には、古物商の鑑札を持つ店主がセレクトした、明治から昭和時代の瀬戸物やガラス、漆の器などの古物が所せましと並ぶ。骨董品の器で提供される一杯立てのドリップコーヒーや手作りケーキはどこか懐かしい味わいがする。

Information
アンティーク・カフェ ゆかし
住所
岡山市南区福富東1-5-30 [MAP]
電話番号
086-264-7751
営業時間
11:00~18:00
休み
木・金曜(11月は休み)
席数
17席
駐車場
10台

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>

関連記事

SNS