オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGsオセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs
  1. Home
  2. グルメ
  3. おいしいモヒートが飲めるバーで、大人のひとときを。

アラサー女子 妄想グルメデート

おいしいモヒートが飲めるバーで、大人のひとときを。

14軒目/BAR SIX

  • 情報掲載日:2016.09.02
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

普段はバリバリ働いている(と思いたい)けど、男性に対してはかなり夢見がちなアラサー妄想女子「さえき」。最近、結婚も気になるちょっと微妙なお年頃。
そんな私が「このお店に一緒に来たいのはこんな人?」「こんな人に誘われてこの店に行きたい…」といった妄想とともに、素敵なお店を紹介していきます。

「はじめてのバーに行ったときにさ、まず何を注文するのかって難しいよね」。この日の合コンは少し年上の、どちらかといえば、生活に余裕をもって生きているような人たちが相手。そう言ったのは、バブルの時代の映画に出てきそうな柄物のシャツに、頭の上にのせたサングラスが素敵なお兄さん。ふいに切り出されたその言葉に、思わず悩みだす女性陣。こういうお食事会でのとりあえずの一杯は、ビールと相場は決まっているけれど。確かにバーでの一杯目は何を頼めばいいのかがわからない。ここでうっかり、ウィスキーロックとか、ワインを開けるとか、そんな酒豪アピールしてもいいことなんてあるわけないし。

結局そこから会話が盛りあがらないまま、ラストオーダーの時間がきて…。連絡先を交換しないまま男性陣とは別れたものの、その後帰り道でさっきのお兄さんを捕まえて、「そういえばアレって結局なにを頼むんですか?」とちゃっかり聞いちゃいました。

「とりあえずモヒートかなぁ…なんか当たりさわりなさそうで」ハズレのない慎重さを感じさせる答えに、(意外にこの人、見た目よりも堅実なのかも…)と評価もアップしてしまいます。後日改めてこのお兄さんをお誘いをするために、ちゃんと聞き込み調査をして、モヒートが人気のお店を探しておいたのは内緒…。だって「当たりさわりなさそう」。そんな予想を覆すほど、おいしいモヒートに出合ったららきっと会話も盛りあがるはず!

ということで今回は、思わず仲も深まっちゃうような「おいしいモヒートが飲める」と社内でうわさのバーにお邪魔してきました。

内観

中山下公園を望むビルの2階にある『BAR SIX』。思わず立ち止まってしまう遊び心のある扉を開けると、気どらない音楽が流れる大人の空間が広がっています。こちらに長居したくなるのは、きっとバーテンダーの今井さんの接客があってこそ。

カウンターに並ぶ新鮮なフルーツを見ているだけで、おいしいカクテルを頼みたくなっちゃいます。
 促されるまま、カウンター席に腰かけます。常連らしき人たちの会話に耳をすますだけで、なんだかオシャレなバーにいる醍醐味が味わえそうです。きっと仲良くなりたい人とふたりで利用すれば、知らないあいだに仲も深まっちゃうこと間違いなし。ひとりでも、今井さんが気さくに話しかけてくれるのでさびしくはありません。また何人かで使えるテーブル席もあるので、グループで利用したいときにもうれしいですよね。

料理写真

「モヒート」1080円(11月までの限定、農園にミントがなくなり次第終了)。「どこよりもおいしいモヒート」そうこだわった1杯は、まずライムとミントの味が爽やかに口の中に広がります。使用するミントは岡山県産。今井さんが自ら農園に足を運び摘んでくるからこその新鮮さが自慢とか。しっかり効いたライムも、そのおいしさを引き出すために、一つひとつ丁寧に処理しているそう。フレッシュな味は女性やお酒に弱い人でも飲みやすく、人工的な味付けのシロップに頼らないため、後口もすっきりとしています。

そういえば本題に入りますが、バーに慣れていない人がドキドキしながら、まず頼んでおけば間違いないものっていったいなんなんでしょう。
「たとえば、はじめてのバーでの『おまかせで』は避けたほうがいいかなと思います。お互いに好みのわからない中で、例えばその方のいう『甘めがいい』の甘さがどの程度なのかなどは分からないですから…」。

え、あのドラマによく出てくるアレってダメなんでしょうか…。じゃあなんて言えばいいんでしょう。

「バーによってもジンにこだわりがある店や、自然派ワインやフルーツを使ったカクテルが得意などそれぞれ個性があると思うんですよね。そのバーのことをよく知るためにも『オススメはなんですか?』と聞いてみるのが言いと思います」。

大変勉強になりました…。
こうしてスキルは磨かれていくのに、生かす場所がなくて…。先輩、どうしましょうね。

☆じゃいこ先輩(既婚&一児の母)からさえきへ。
そのバーでの「こなし感」スキルを活かすことで手に入る幸せが、
さえきが求めている幸せでしょうか?
等身大のさえきは、「おしゃれ」「アッパー」というキーワードに当てはまる?
そして、同じキーワードに当てはまる相手が一生そばに居たい人なのか?

いいかい、素の自分が背伸びせずにいられる相手探しが大事ですぞ。

と本気のアドバイスをしてみました(笑)。
素の自分を見失うことなく、ガンバレっ!

Information
BAR SIX
住所
岡山市北区中山下1-2-30 中山下赤松ビル2階  [MAP]
電話番号
086-221-3269
営業時間
19:30~AM5:00(OSAM4:30)
休み
日曜
席数
13席
駐車場
なし

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>

関連記事

SNS