『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2023年版岡山ラーメン本 2023 岡山ラーメン本 2023
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 《泊って楽しむ宇野の朝と夜》瀬戸内の島々を結ぶ玄関口・玉野市宇野港。…

《泊って楽しむ宇野の朝と夜》瀬戸内の島々を結ぶ玄関口・玉野市宇野港。宿泊するからこそ出会うことができる、景色やお店を巡ってみては?

宇野を満喫する小さな旅

  • 情報掲載日:2022.08.17
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

泊まって楽しむ「港町時間」

▲宇野港を一望できる東山ビルにある『HYM Hostel』ラウンジの景色。玉野市宇野の拠点として宿泊するのもおすすめ。少し早起きして行き交う船をぼーっと眺める時間もぜいたく

近年、おしゃれな店やホテル、ゲストハウスなどが増えている玉野市宇野。

現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」の会場のひとつでもあり、その島々を巡る拠点としてもにぎわいを見せている。

日帰り散策も楽しいけれど、街の魅力を再発見できる宿泊もおすすめ!

港町のモーニングや朝の景色を楽しんだり、船でふらりと島へ渡ったり、夜のおいしいお店を時間を気にせず巡ってみたり。宇野を満喫する小さな旅に出かけてみては?

『HYM Hostel』に泊まって、モーニングや焼菓子が評判のカフェを巡ろう!

▲元宿舎だった各部屋をリノベーションしたホテル『HYM Hostel』。シングル・ダブル の2種類あり、長期滞在やワーケーションにも便利。ホテルの屋上もフォトジェニックで、夜はビアガーデンなども開催

玉野市宇野エリアに宿泊するなら、窓の向こうに宇野港を臨む、ロケーション抜群の『HYM Hostel』へ!

オーナー自らリノベーションした、レトロなビル『東山ビル』内にあるホテルで、建物内にはコーヒースタンド『BOLLARD COFFEE』や、手作りハンバーガー専門店『#8 WIRE』などの個性あふれるショップが同居する。

宇野港へもすぐなので、瀬戸内国際芸術祭の島巡りの拠点にもぴったりだ。

▲東山ビル1階にある『BOLLARD COFFEE』の「カフェラテフラッペ」550円~、オーストラリア産牛ミンチ100%のパティなど、こだわりの具を凝縮した『#8 WIRE』の「#8」1200円はランチにもおすすめ!

Information

東山ビル(HYM hostel/#8 WIRE/BOLLARD COFFEE)
住所
玉野市宇野1-7-3
営業時間
店舗により異なる
休み
店舗により異なる
料金
1泊6000円~
駐車場
なし
HP
https://hym-bldg.com/

朝の早い港町・玉野市には、魅力的なモーニングを提供する店舗も数多い。

なかでも人気なのが、ドリンクを注文すると、ハーフサイズのトーストとゆで卵が付く「名古屋式モーニング」が楽しめる『喫茶キンバリー』。

評判の、特製フィリングの「たまごサンド」や「小倉トースト」や、香り高く味わい深いコーヒーなどとともに、港町ならではの朝の風情を満喫しよう。

▲『喫茶キンバリー』には月替わりのトーストメニューも用意。写真は旬の柑橘にクリームチーズとピスタチオをあわせた「柑橘トースト」ドリンク代+450円(6月のメニュー)

Information

喫茶キンバリー
住所
玉野市築港1-4-16 『シェアショップUZ』内
電話番号
なし
営業時間
7:00~10:00
休み
月・木曜
駐車場
5台
Instagram
@kissa_kimberley

スイーツ好きならば『belk bakes&hafen』も外せない。

倉敷市児島にある人気カフェ『belk』が手掛ける3号店で、とりわけ、平飼い卵や国産小麦など厳選した材料で作る焼菓子が評判だ。

「チーズテリーヌ」といったイートイン限定メニューもあるので、ハンドドリップで丁寧に淹れるコーヒーや、自然派ワインとともにぜひ!

来店は、焼菓子が一番そろう12時前がねらい目。日替わりで登場するものもあるので、SNSで焼菓子の販売日をチェックしてからお出かけを。

▲『belk bakes&hafen』の焼菓子。『歩々』監修のドーナツやタルト、試行錯誤を重ねて完成したクロワッサンなどが並ぶ。一番商品がそろう12時前を目がけて

Information

belk bakes& hafen
住所
玉野市築港2-1-11
営業時間
10:00~17:00
休み
月曜
駐車場
6台
Instagram
@belk_port
問い合わせ
belk.setouchi@gmail.com

散策の合間のおやつなら、雪のような口どけの『おまち堂 宇野港本店』かき氷を!

岡山のかき氷といえば『おまち堂』と言われるほどの有名店で、極薄に削られたふわふわの氷には、みずみずしいフレッシュフルーツや自家製シロップがたっぷり!

メニューは季節替わりで常時15~20種類が登場する。店頭販売されているジャムやシロップは、お土産としても人気が高い。週末は行列覚悟で足を運んでみて。

▲無添加のブルーシロップやパインがさわやかな「ボンボネーラスペシャル」、人気の「白桃ミルミルク」各880円

Information

おまち堂 宇野港本店
住所
玉野市築港1-1-4
電話番号
080-1914-0301
営業時間
10:00~17:00
休み
水曜
駐車場
30台(共同)
Instagram
@omachido_honten

宇野港は夜も楽しい! 小さな街の個性あふれる実力店をハシゴ

宇野港は、夜も「おいしい」魅力にあふれている。

JR宇野駅周辺を歩くと出合える夜の飲食店。開店して間もなく地元客が集い気ままに憩う姿は、昼間とはまた違った風情があり印象的。

わざわざ目がけて訪れたい個性あふれる実力店ばかりなので、いろんな店をハシゴして「夜の港町」を満喫するのも一興。「瀬戸内国際芸術祭」のアート巡り帰りの立ち寄りスポットとしても!

まず訪れたいのは、シックな空間が印象的な焼鳥店『炭 ハバキ』。

「熊野地鶏」や「名古屋コーチン」など選りすぐりの素材を、低温でじっくり火が入る土佐の備長炭を使って焼き上げた一本は、炭の香りをまとい、外はパリッと香ばしく、ふっくらジューシーで感動しきり。

香りに誘われてふらっと立ち寄るのもいいが、人気店なので事前予約が確実だ。

▲串は1本から注文可能(300円~)。希少部位をはじめ、パン粉をまぶしたつくねやハーブが香る串など、ここならではの串が楽しめる。日本酒やナチュラルワインとぜひ

Information

炭 ハバキ
住所
玉野市築港1-5-29 溝川ビル1階
電話番号
0863-33-8288
営業時間
18:00〜OS22:00(変動あり)
休み
日曜、不定休
駐車場
なし
Instagram
@sumi_habaki

おいしい地鶏を堪能したあとは、2022年4月に直島から宇野へ移転オープンした『ごはんとおさけ おいとま』へ。

素材の組み合わせやソース遣いなどにひと工夫を凝らした料理に、ナチュラルワインや日本酒が進むこと請け合い。昼夜ともに楽しめる自家製スイーツも見逃せない。

昼は「グリーンカレー味のガパオ」といったランチメニューも登場する。予約しての来店がおすすめ。

▲店主の矢野さん。
▲「前菜の盛り合わせ」900円。この日は「切り干し大根のアラビアータ」などが登場。「黒酢の酢豚とマッシュポテト」1000円、ナチュラルワイン(900円~)

Information

ごはんとおさけ おいとま
住所
玉野市築港1-5-31
電話番号
070-8971-7294
営業時間
11:30〜14:00(OS13:30)、18:00~22:00(OS21:00)
休み
水曜、不定休
駐車場
なし
Instagram
@oitoma_uno

晩ごはんを満喫したあとは、世界中を旅し、宇野に移住した夫妻が営むブックカフェ『ココカ古書店』へ。

洋書や文学、アート系など幅広いジャンルの本が壁いっぱいに並ぶ店内で、クラフトビールやオーガニックの紅茶、豆乳チャイなどが楽しめる。

お気に入りの一冊を片手に、更けゆく夜をまったりと過ごすのもぜいたく。昼は、米粉生地で焼く手作りのたい焼も味わえるので、そちらも要チェック!

▲店主が旅先で出合った本も並ぶ。「ココカ」はハワイ語で「角」を表す言葉なのだそう

Information

ココカ古書店
住所
玉野市築港2-1-11 ダテビル 102号
電話番号
080-9795-4262
営業時間
14:00~17:00/18:00~23:00(OS22:30) ※木曜は夜のみ
休み
火・水曜
駐車場
1台
Instagram
@kokokakosyo_uno

宇野周辺には、『HYM Hostel』のほかにも、一度は泊まってみたいステキなホテルや宿が多数建ち並ぶ。

2022年3月にオープンした1日1組限定の宿『Nagi unoport』、2021年7月に開業した、瀬戸内観光の新拠点『UNO HOTEL」、築60年の元化粧品店だったビルをリノベーションしたおしゃれなホテル『uno nido』などなど。

宇野港周辺散策や、瀬戸内国際芸術祭のアート巡りの拠点として宿泊してみて!

▲地元の新鮮な野菜を販売する『やさい屋 ポッケ』が2022年3月にオープンした1日1組限定の宿『Nagi unoport』。詳細はHP(https://www.nagi-unoport.com/)をチェック
▲宇野港からすぐの場所にオープンした『UNO HOTEL』。デニムと海を連想させる青をアクセントにした館内には、さまざまな旅のシーンにぴったりの客室を用意
https://uno-hotel.com/をチェック

▲木やアイアンなど素材の質感や温もりを生かした空間、上質な寝具やインテリアの細部までオーナー夫妻の美意識が宿る『uno nido』。客室は2階、3階ともに1室のみ
https://uno-nido.jp/

宇野港からちょっとひと足。絵になる場所へ

玉野市には、宇野港周辺以外にも旅の目的地にしたくなる場所やお店が数多く存在する。

そのうちのひとつが、瀬戸内海国立公園に指定されている『王子が岳』。

頂上付近からは「にこにこ岩」や「ひつじ岩」をはじめとする巨岩や奇岩、雄大な瀬戸内海や瀬戸大橋が一望でき、その美しさに心が洗われる。

「王子が岳パークセンター」付近には、先に紹介した焼き菓子が評判のカフェ『belk bakes&hafen』の本店『belk』もあるので立ち寄ってみて。

Information

王子が岳
住所
玉野市渋川4
電話番号
0863-33-5005(玉野市商工観光課)
駐車場
200台
HP
https://tamanokankou.com/spot/323/

閑静な住宅街の角にたたずむ小さなカフェ『The Corner』にも注目を。

玉野市にある『神崎珈琲焙煎所』の豆を使い、ハンドドリップで淹れた「スペシャルティ―コーヒー」(400円~)が評判で、焼菓子や日替わりのパンもしみじみとおいしい。

王子が岳の「にこにこ岩」をモチーフにしたサブレ―やバッグも要チェック!

▲「ニコニコ岩サブレ―」250円、焼菓子300円~。ドリンクはテイクアウトもできる

Information

The Corner
住所
玉野市玉2-24-17
電話番号
なし
営業時間
10:00〜17:00
休み
水曜、第1・3木曜
駐車場
3台(共同)
Instagram
@the_corner___

さらに、玉野市から全国に進出した人気ブックカフェも!

『うのまち珈琲店 玉野メルカ店』は、岡山をはじめ奈良や鎌倉などにも進出し、いまや全国から話題を集めている人気カフェの本店だ。

看板メニューの「クレームブリュレの季節のパフェ」のほか、カラフルな「うのまちクリームソーダ」などフォトジェニックなスイーツが楽しめる。

モーニングやカレー、ドリアなどの食事メニューも充実しているので、食事使いにもぜひ。

▲「うのまちクリームソーダ」各700円

Information

うのまち珈琲店 玉野メルカ店
住所
玉野市宇野1-38-1 ショッピングモールメルカ2階
電話番号
0863-33-0301
営業時間
9:00~20:00
休み
不定
Instagram
@unomachi_coffee

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS