『岡山ラーメン本2022』『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2023年版 『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2023年版
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 《重伝建と町並みめぐり スタンプラリー》クイズや謎を解いてスタンプGET…

《重伝建と町並みめぐり スタンプラリー》クイズや謎を解いてスタンプGET! 初秋にぴったりのアート&グルメも続々。

”十町十色(じゅうまちといろ)”重伝建と町並みめぐりスタンプラリー ~謎とクイズで備中ぶらり~

  • 情報掲載日:2022.09.22
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

人気のインフルエンサーが、町の歴史や文化に触れながら、クイズや謎に挑戦!

2022年7月25日(月)~2023年1月25日(水)の日程で、好評開催中(~2023年1月25日)の「町並みめぐり スタンプラリー」。クイズや重伝建地区に掲示される「3つの謎」を解けば、素敵なプレゼントが当たる楽しいキャンペーンとなっています。

「重伝建」とは城下町、宿場町、門前町など歴史的な集落や町並みを保存した伝統的建造物群保存地区の中で、我が国にとって価値が高いと国が選定したもので、「岡山県備中エリア」には『高梁市吹屋』『倉敷市倉敷川畔(倉敷美観地区)』『矢掛町矢掛宿』の3つの地区が選定されています。

今回は「momoco」のインフルエンサーやモデルとして活躍中の太田千恵さんが企画に挑戦! 町の歴史や文化に触れながら、クイズや謎を解いていきます。話題のアート&グルメスポットももれなくお届け。

井原エリア

黄金色の「走る美術館」に乗って、田園風景とともに名画を鑑賞

井原鉄道「アート列車」

みなさんはじめまして。太田千恵です。今回の旅の始まりは、井原鉄道「アート列車」から。

2021年からお目見えしたこの列車。車両の中も外からも名画(大原美術館が所蔵する43作品54点!)が鑑賞できて、なにより切手をモチーフにしたデザインがすごくオシャレなんです。

列車はどこか懐かしい感じのする名前の駅、『子守唄の里高屋駅』に到着しました。

ここ高屋は中国地方の子守唄発祥の地で、それが駅名の由来とか。そして、見つけました「町並みクイズ」! さっそく問題に挑戦してみました。

一変して静寂な空間へ。庭を歩けば時が止まったかのよう…。

華鴒大塚美術館

『井原駅』の目の前には、立派な和風建築の『華鴒大塚美術館』があります。

美術館は大好きな場所のひとつです。その理由は特有のキレイな「匂い」に癒やされるから。思わずゆっくりと深呼吸。

館内にはお隣の福山市神辺町出身の日本画家・金島桂華の作品を中心に、巨匠らの作品約900点が所蔵されています。美しい「花鳥風月」の作品群は、見ごたえ満点です。

館内をゆっくりと巡ったら、ロビーから出ることができる日本庭園「華鴒」もぜひ歩いてみてください。大胆な石組が特徴の枯山水のお庭には、静謐なお茶室もありますよ。

受付でクーポンを提示すれば絵ハガキ2枚が貰えます。もちろんGETです!

早島エリア

蔵のカフェで心身に優しい料理を。旅の途中でパワー充電!

いかしの舎

井原市をあとにして、古くからイ草栽培で有名な早島町へ。昔、畳表の問屋として栄えたお屋敷を改修した「いかしの舎」を訪れました。

今日は、大きな蔵のカフェでいただけるランチがお目当て。窓際の特等席から素敵な庭風景を眺めながら食事を待つ時間も、とても贅沢ですね。

肉か魚をチョイスできる「季節の7品ランチ」1320円をいただきました。

メインの蒸し鶏がしっとり柔らかく、と~ってもジューシー。日替わりの小鉢3種付きで野菜もたっぷり。体に優しいお味です。

こちらでは、広いお屋敷の中や情緒たっぷりのお庭を自由に見学できるほか、貸室として結婚式やパーティー、フォトウエディングスポットなどに利用できますよ。

「瀬戸内のおいしいもん」が大集合!見て味わって楽しめる交流スポット。

早島町観光センター

JR早島駅の北側にある『早島町観光センター』にやって来ました。

5つの蔵を移築した中には観光案内所をはじめ瀬戸内のおいしいものを集めた『ひまりや』、カフェ『こひよ』、そして『まちライブラリー』など盛りだくさん! 

懐かしい駄菓子屋さんコーナーもあって、おとなも子どもも気軽にくつろげる場所になっています。

『ひまりや』でお土産探しをしてみました。店長さんに話を伺うと、『金辺オリーブ園』の人気商品「オリーブペースト」に、名物「豆腐ちーず」、ご飯が進む「邦美丸のわさび海苔」などなどがおススメだとか。本当に魅力たっぷりですね! 迷ってしまいます。

あれこれ見ていると肝心なプレゼント応募を忘れそうになっていました。どうか当たりますように!

100円引きチケットを使って、レモネードを購入! サッパリとレモンが効いていて疲れた体も生き返ります。

倉敷エリア

美観地区をのんびり散策しつつ、謎を解いてエコバッグをGET!

倉敷市美観地区(倉敷物語館→倉敷観光案内所)

暑さも少し和らいで、美観地区の散策にぴったりの季節。風に揺れる葉っぱの音が涼感を運んでくれます。

『倉敷物語館』の情報コーナー前に掲示してある「重伝建」の謎解きに挑戦してみました。ちょっと難易度は高いけれど、実物を探してじっくり観察したら何とか解けました!

『倉敷観光案内所』へ立ち寄って、受付の方にパンフレットを見て貰ってスタンプを押印。以前巡った高梁市、矢掛町に続いて3つ目の謎が解けたので、かわいいエコバッグをもらいましたよ。

昭和レトロな空間でまったり。思わぬ発見にワクワクの連続

ウエダ喫茶

散策していたらちょうどお茶の時間になったので、以前から気になっていた『ウエダ喫茶』に足を伸ばしてみました。

前身のカメラ屋さんからだと創業60年にもなるそうです。

「はーい、いらっしゃ~い」と気さくに迎えていただいて、まるで親戚のおばちゃんの家に来たような雰囲気。

外観もですが、入ってみると昭和にタイムスリップしたかのような、くつろぎの空間です。

小腹が空いていたので、「メロンクリームソーダ」500円(税込)に「ホットケーキ」400円(税込)もペロリです。季節のフルーツが3種類も添えてあるのがうれしい!

実は店内には2億5千年前の「ぬめり岩」が見られたり、可愛い看板猫ちゃんが気持ちよさそう寝ていたり。気さくな奥さんのお話も楽しい、本当に穴場的な喫茶店でした。

倉敷の総鎮守で旅の締めくくり。感動の眺めに1日の余韻を重ねて…

阿智神社

さて、旅の最後は倉敷の鎮守「阿智神社」へ。

創建1700年という歴史のある神社はさすがに風格があります。航海の安全を司る宗像三女神が主祭神で、芸術や美容の神様でもあると書かれていました。しっかりお参り。

美観地区が一望できる場所も見つけました。

ひと際目を引く『大原美術館』はもちろん、緑色の屋根瓦の『有隣荘』などを望むことができ、さきほど歩いた場所が眼下に広がって爽快です! 聞けば「夕陽も素晴らしい」とのこと。お次はその時間に合わせて、ぜひ訪れたいと思います。

備中の東端から西エリアまでなかなか欲張りなコースでしたが、楽しいスタンプラリーをしながら、大好きなアートやグルメも満喫できて大満足。

スタンプラリーでいただいたプレゼントも旅の最高の記念となりました!

Information

”十町十色(じゅうまちといろ)”重伝建と町並みめぐりスタンプラリー~謎とクイズで備中ぶらり~
開催期間
2022年7月25日(月)~2023年1月25日(水)
開催エリア
備中地域
問合せ
ビザビ倉敷支社(委託事業者)
住所
倉敷市白楽町412-1
電話番号
086-422-2635
営業時間
10:00~18:00
休み
土・日曜、祝日

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS