1. Home
  2. おでかけ
  3. 歴史情緒感じる、城に咲く桜(5選)。

歴史情緒感じる、城に咲く桜(5選)。

  • 情報掲載日:2018.03.24
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

※開花時期は例年のものです。気候・天候により今年の開花状況と異なる場合がありますのでご了承ください。

幾重にも重なる桜と石垣が壮観な「津山城・鶴山公園」。(岡山県)


西日本屈指の桜の名勝。広大な敷地内には、高さ10mもの石垣を複雑に入り組ませた通路が巡らされ、遠くからだと何層にも重なりあったように見える。その上に天守閣がそびえ立つ様は雄大で、春は石垣に沿って桜が咲き乱れ、いっそう風格ある佇まいに。桜が海のように広がる本丸からの眺めや、ライトアップされた天守閣が夜空に浮かび上がる光景も素晴らしい。市内で「津山ホルモンうどん」をはじめとするご当地グルメもぜひ堪能を。



  • 本数 約1000本
  • 見頃 4月上旬~中旬
  • ライトアップ 4月上旬~中旬日没~22:00

Information

津山城・鶴山公園
住所
津山市山下135
営業時間
8:40~19:00 ※4月上旬~中旬は7:30~22:00、10~3月は8:40~17:00
休み
なし
料金
大人300円 中学生以下無料
クレジット
不可
駐車場
30台(津山観光センター)※桜のシーズンのみ1日500円
アクセス
JR津山駅から徒歩約10分
問合せ先
津山市観光協会
電話番号
0868-22-3310
HP
http://www.tsuyamakan.jp/tour/detail/?pk=58

正統派天守閣から城郭の桜景色を愛でる「松江城山公園」。(島根県)


日本国内に現存する12天守のひとつで、国宝にも指定されている松江城。四方を展望できる望楼式四重五階、地下1階の荘厳な建築物で、屋根には木彫りの鯱鉾をかかげ、正面には入母屋破風を構えるなど、正統派天守閣の佇まいを今に伝える唯一の史跡だ。城郭内には約190本の桜が咲き、満開時には天守閣最上階の望楼から、360度の桜景色を松江城下の街並みとともに一望できる。松江城の北側堀沿い残る、江戸時代の武家屋敷も見どころだ。




  • 本数 約190本
  • 見頃 3月下旬~4月上旬
  • ライトアップ 3月中旬~4月上旬、18:30~21:00

Information

松江城山公園
住所
島根県松江市殿町1-5
営業時間
7:00~18:30(登閣受付は8:30~18:00) ※10~3月は8:30~17:00(登閣受付は~16:30)
休み
なし
料金
大人560円 小・中学生280円 ※外国人は大人280円 小・中学生140円
クレジット
不可
駐車場
市営大手前駐車場(有料) ※近隣に無料駐車場が複数あり
アクセス
JR松江駅からレイクラインバスで約10分、大手前停留所下車すぐ
問合せ先
松江城山公園管理事務所
電話番号
0852-21-4030
HP
http://www.matsue-tourism.or.jp/m_castle/index.html

日本最大級の城郭石垣と桜が共演する「丸亀城・亀山公園」。(香川県)


「石垣の名城」と呼ばれる丸亀城。江戸時代初期の最高水準の技術をもって築かれた石垣が今なお残り、自然の石を荒々しく積んだ「野面積み」、角石を組み合わせた「算木積み」など、多彩な石垣を見て回れる。特に、石垣の頂に向かって垂直になるよう独特の反りを持つ「扇の勾配」は見事で、職人たちの築城にかける思いや、技量の素晴らしさに感じ入ってしまう。歴史が息づく史跡を桜が彩る、その風雅をとくと味わいたい。




  • 本数 約650本
  • 見頃 4月上旬
  • ライトアップ 4月上旬~中旬18:00~21:00(予定)

Information

丸亀城・亀山公園
住所
香川県丸亀市一番丁
営業時間
9:00~16:30(入場は~16:00)
休み
なし
料金
大人200円 小・中学生100円
クレジット
不可
駐車場
72台
アクセス
JR丸亀駅から徒歩約10分
問合せ先
丸亀市観光協会
電話番号
0877-22-0331
HP
http://www.city.mima.lg.jp/

四半世紀をかけて築かれた雄大な「松山城」に桜が咲き誇る。(愛媛県)


愛媛県松山市の中心部にある、標高132mの勝山にそびえ立つ松山城。四半世紀をかけて完成した、四国屈指の雄大な城郭だ。天守の脇に小天守を従えながら門・櫓・堀を張り巡らせ、狭間や石落とし、高石垣なども巧みに配されている。天守の最上階からは桜が咲き誇る本丸広場はもちろん、松山平野や瀬戸内海までも360度見渡すことができ、壮観な景色が楽しめる。裾野にある「二ノ丸史跡庭園」も訪れたい。




  • 本数 約200本
  • 見頃 3月下旬~4月上旬
  • ライトアップ 3月下旬~4月上旬18:00~20:30

Information

松山城
住所
愛媛県松山市丸の内
営業時間
天守9:00~17:00(30分前札止め、季節により異なる)、リフト8:30~17:00、ロープウェイ8:30~17:30(季節により異なる)
休み
天守のみ12月第3水曜
料金
松山城天守観覧券 大人510円 小学生150円 ※ロープウェイまたはリフト往復券付の総合券は大人1020円 小学生410円
クレジット
不可
駐車場
なし ※ロープウェイ乗場周辺に有料駐車場が複数あり
アクセス
JR松山駅から市内電車「道後温泉行き」で約10分、大街道駅電停下車して徒歩約5分、ロープウェイ山麓駅「東雲口」からロープウェイまたはリフトに乗り換え、8合目付近「長者ヶ平」下車徒歩約10分
問合せ先
松山城総合事務所
電話番号
089-921-4873
HP
http://www.matsuyamajo.jp/

徳川幕藩体制の初代土佐藩主が築いた「高知城」の春景色。(高知県)


関ケ原の合戦で功績を上げ、徳川幕藩体制における土佐藩初代となった山内一豊。彼によって、新しい藩政の中心拠点として築かれたのが高知城だ。毎日1200人以上もの人夫を動員して築き上げた壮大な城郭は、見る者を魅了してやまない。また全国に数ある城のなかで唯一、御殿を中心とした本丸部分が完全な形で残っていることでも有名だ。そのほか、黒鉄門や追手門など15の重要文化財があり、咲き誇る桜とともにゆっくり見て回りたい。




  • 本数 約225本
  • 見頃 3月下旬~4月上旬
  • ライトアップ 3月下旬~4月上旬19:00~22:00

Information

高知城
住所
高知県高知市丸の内1-2-1
営業時間
9:00~17:00(入館は~16:30)
休み
なし
料金
420円 18歳以下無料
クレジット
不可
駐車場
65台(最初の1時間まで360円、以降30分毎に100円)
アクセス
JR高知駅からとさでん交通バスで約10分、「高知城前」停留所下車すぐ
問合せ先
高知城管理事務所
電話番号
088-824-5701
HP
http://kochipark.jp/kochijyo/

画像素材:PIXTA

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS