『岡山ラーメン本2022』『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2023年版 『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2023年版
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 10月1日(土)~30日(日)開催の「美咲芸術世界」。ひと足先に、アート制…

10月1日(土)~30日(日)開催の「美咲芸術世界」。ひと足先に、アート制作現場へ潜入してきました!

  • 情報掲載日:2016.09.20
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

今秋、「桃源郷」をテーマに、久米郡美咲町で開催される国際芸術祭「美咲芸術世界」。パリや東京、岡山で活躍するアーティストたちが美咲町に集結し、町の至る場所をアートで彩ります。そこで、開催直前の制作現場へ、スタッフがひと足先におじゃましてきました!

アーティストの集合写真

向かったのは、美咲町役場から車で20分ほどの大垪和(おおはが)地区。こちらでは、国内外から招聘された約10名のアーティストが滞在し、旧大垪和小学校を公開制作の場としたアート・イン・レジデンスが実施されます。2階建ての校舎の中には個性豊かな作品が数多く飾られており、独特の世界観に触れることができます。

そこでまず、美咲芸術世界実行委員長でもある画家の楽画鬼(らくがき)さんにお話を伺うことに。「私たちが暮らす美咲町で、念願がかなって芸術祭が開催できることをとてもうれしく思います。参加メンバーは、パリの共同アトリエ『59Rivoli』で一緒に活動していた仲間たちと、親交のある県内在住のアーティストたちです。さらに、地域でものづくりに携わる方々にも参加してもらい、町全体で芸術祭をつくりあげていきたいと考えています。そして、アートを通じて美咲町の魅力を伝えることはもちろん、地元の人たちにはアーティストとの交流を楽しんでもらうことで、アートが日常になっていくことを願っています」。

次に、町内に点在するアートスポットを、担当アーティストとともにいくつかご紹介します。

楽画鬼さんと作品

楽画鬼さんの作品名は「大垪和エアー」。「大垪和の棚田、風や山…、その空気感といったものを出していきたい」。食堂『棚田のあげ家やまっこ』のブロック塀に、棚田の美しい景色が広がっています。
住所:久米郡美咲町大垪和西1132-6 [MAP]

スカット☆リンダさんと作品

楽画鬼さんの奥様で画家のスカット☆リンダさんは、ギャラリーカフェ&ヨガ道場の『キッサコ』正面の壁画を担当。「『天空の里』をテーマに、棚田は永遠に受け継がれていくものという意味を込めて不死鳥を描きました」とのこと。駐車場の奥には、アーティストのブルノ・デュモンさんが手がけるエコハウスが登場するそう!
住所:久米郡美咲町大垪和西1024-7 [MAP]

柏木ひろあきさんの制作風景

循環造形作家の柏木ひろあきさんは、「日本棚田百選」に認定された大垪和西棚田に設置する東屋を制作。屋根部分に一斗缶、土台には廃材を用いるなどして目下制作中! その中に飾る卵のオブジェ「フェニックスエッグ」は、スカット☆リンダさんが担当しています。
住所:久米郡美咲町大垪和西 [MAP]

スイス・マロカンさんの制作風景

スイス・マロカンさんの制作風景

JR亀甲(かめのこう)駅を担当するのは、画家のスイス・マロカンさん。「芸術祭の広告塔として、動物をテーマにした作品を描きたい」とのこと。白色のTシャツやハンカチなどを持参すると、本人がその場で絵を描いてくれるそう! 旧大垪和小学校にも作品が展示されます。
住所:久米郡美咲町原田1745-5 [MAP]

土屋洋介さんの制作風景

土屋洋介さんの制作風景

美術装飾を得意とする土屋洋介さんは、『美咲町物産センター』左正面手にある小屋を、イートインギャラリーとしてステキな空間に生まれ変わらせています。「地産地消を意識し、地元の廃材を使ったり、棚田をイメージした棚を作ったりして、多目的に使える場所をつくりたいですね」。
住所:久米郡美咲町原田2145-16 [MAP]

会期中は、アートスポットでの作品鑑賞に加え、アーティストとの交流も楽しみのひとつになりそうですね。なかでも、海外アーティストの皆さんはとってもフレンドリーで、言葉の壁を感じさせない楽しいひとときが過ごせるかも!

そして、楽画鬼さんは、「会期終了後も、制作した作品をその場所にできるだけ長く残していくきたい」とも話されていました。皆さんも、芸術の秋を満喫しに、今秋はアートに染まる美咲町へ足を運んでみてはいかがですか?

【美咲芸術世界とは】

美咲芸術世界実行委員長の楽画鬼さんと親交の深い、国内外のアーティスト約10名の手がけた作品を町内3エリア20か所に展示。

会期前の9月22日(木・祝)は黄福広場にてプレオープニングイベント、9月23日(金)~25日(日)のプレ公開制作期間には旧大垪和小学校に展示された作品をいち早く鑑賞できる。また、初日の10日1日(土)には、一宮八幡神社にてオープニングイベントを開催。

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS