『岡山ラーメン本2022』『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版 『岡山ラーメン本2022』
  1. Home
  2. ライフ
  3. 《重松清著『とんび』》岡山・金光ロケを敢行した映画『とんび』。キャス…

《重松清著『とんび』》岡山・金光ロケを敢行した映画『とんび』。キャスト&スタッフからのコメントが到着!

重松清著「とんび」クランクアップ

  • 情報掲載日:2021.02.01
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

重松清の名作『とんび』が待望の初映画化!

© 2022『とんび』製作委員会

親子の絆を描く感涙の名作、累計60万部を超える大ベストセラー小説、重松清著『とんび』が待望の初映画化!

これまで2度テレビドラマ化され話題を呼んだ、時代を超えて愛され続ける永遠のベストセラー小説が、豪華キャスト・スタッフにより、オリジナルエピソードが加えられ、映画版『とんび』として新たに蘇る。

日本一不器用だけれど、海より深い愛で息子を育て続けた父と、一歩一歩まっすぐな大人へと成長していく息子。阿部 寛と北村匠海、新たな「とんびと鷹」で贈る、いつの世も変わることのない親子の不滅の絆を描く、「家族の物語」がここに誕生した。

2020年11月14日より撮影が開始され、12月24日にクランクアップした本作。原作者・重松清の出身地である岡山県では、8市町などでロケが行われた。中でも浅口市金光町では、昭和37年頃の懐かしい商店街の風景をよみがえらせたオープンセットを組んで撮影が!

撮影を終えたキャストやスタッフからのコメントが到着したので、金光ロケ・撮影中のスナップとともに一挙紹介! ぜひともチェックを。

▲金光町では、商店街に昭和37年頃の大掛かりなオープンセットを立ち上げ、撮影が!
© 2022『とんび』製作委員会

キャストコメント

阿部寛さん

北村匠海さん

© 2022『とんび』製作委員会

スタッフコメント

重松 清さん

瀬々敬久監督

プロデューサー 天馬少京

▲撮影現場での瀬々監督
© 2022『とんび』製作委員会

Information

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS