オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGsオセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs
  1. Home
  2. ライフ
  3. 《岡山市/福岡製菓所》100年変わらない製法の伝統菓子「バナナカステラ」…

編集者にまかせてちょ~査団スペシャル

《岡山市/福岡製菓所》100年変わらない製法の伝統菓子「バナナカステラ」。密かな人気を集める工場直売店をレポート。

気になる岡山の街ネタ調べます!まかせてちょ~査団スペシャル

  • 情報掲載日:2021.04.10
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

Mission_75/幸福度爆上がり。工場直売店ならではの「焼きたてバナナカステラ」を体験せよ!

懐かしのおやつ「バナナカステラ」を求めて、工場直売店へお出かけ。

こんにちは。『まかせてちょ~査団』の団長Mです。

甘い物好きの私にとって、「おやつの時間」は日々の疲れを癒し、意欲を高め、小さな幸福を味わうために欠かせないもの。いくら脳内の「やる気スイッチ」を押したところで、お菓子を充電しないと作動しない仕組みになっているようです。

とはいえ、忙しい時はひと息つく時間すらも忘れてしまいがち。こんな時こそホッとできる美味しいおやつをストックしておけば、「このために頑張ろう!」と気合いが入るはず。ちゃんと休憩時間を取るためのきっかけになりますよね。

おやつタイムが待ち遠しくなる、自分のためのお菓子を買いに行く。そんな目的で出かけるのもいいかもしれません。

そんな訳で、今回はホッとできるおやつを買うため、とある場所へと足を運びました。

到着したのは昔ながらの雰囲気漂う建物。その片隅には、軒先だけの小さなお店があります。

こちらは老舗のお菓子メーカー『福岡製菓所』。地元岡山ではおなじみの「バナナカステラ」を作っている工場直売店なのです。場所はバイパス2号下り線、『倉田交差点』から西の側道沿いにあります。

バナナカステラと言えば、バナナ型のカステラの中にバナナ風味の白あんが挟まった素朴な味わいが特徴。団長Mも子どもの頃から慣れ親しんでいるお菓子です。

『福岡製菓所』はバナナカステラだけでもさまざまなパッケージを販売しており、直売店はバナナカステラ以外の人気商品もフルラインナップされています。

店頭を覗いてみると、「お買い得品」のラベルが貼られた袋入りバナナカステラがありました。これだけ入って税込み270円とは驚き。ちなみにバナナカステラ1本は43円。安い!

新しく品出しされた商品を手に取ってみると、ほのかに温かさを感じます。こ、これはもしかして魅惑の「焼きたてカステラ」なのか!? なんだかとってもお得感がありますね!

「バナナカステラ」は岡山県内各地のスーパーや小売店で買えますが、ここでは工場直売店ならではの出来立てバナナカステラが買えるのだそう。昔からのファンにとっては、工場で買うのが定番となっているそうですよ。

ここでしか買えないお買い得品をゲット! 人気商品をフルラインナップ。

昔から愛され続けているバナナカステラですが、ずっと変わらないイメージがありますよね。あの素朴な味は、一体どんな風に作られているのでしょうか?

お話を伺ったのは、営業マネージャーの高田さん。早速質問ですが、バナナカステラはいつ頃からあるお菓子なのですか?

「バナナカステラは『福岡製菓所』が1917年(大正6年)に創業した当初からの看板商品で、104年の歴史があるお菓子なんです」

100年越えたロングセラーとは驚きました! バナナのお菓子って、当時はかなり珍しいものだったのでは?

「当時はバナナ自体が珍しいもので、メロンのような高級フルーツとして扱われていました。そんなバナナのおいしさを手軽に味わえるようにと、初代が考案して作り始めたそうです」

50年ほど前に現在の工場を設立し、3世代にわたってバナナカステラを作り続けているという『福岡製菓所』。何と、創業から製法を変えていないのだそうです。

「100年前と同じレシピのままで、基本的に材料も昔からずっとお付き合いのある地元メーカーから仕入れています。もちろんおいしくするための工夫は日々欠かしませんが、懐かしくて素朴な味わいがバナナカステラの一番のポイント。そこは大事に守っていきたいですね」

保存料や合成着色料を使っていないのも特徴のひとつ。毎日安心して食べられるからこそ、お子さんのおやつとしてリピートする人も多いとか。

おのずと賞味期限は短くなりますが、だからこそ出来立ての新鮮な味が楽しめる、というわけですね!

こちらはバナナカステラを1本ずつ包装したレトロパッケージ。老舗のイメージにぴったりの上品なデザインです。

「贈り物や差し入れに買われるお客さんも多く、箱買いする方もいらっしゃいます。定番のバナナカステラが一番人気ですが、他の商品もおすすめですよ!」

こちらは「一口カステラ」108円。これも昔からの定番商品で、一つひとつが野菜の形をしています。あっさりとしたカステラ風味が好評だそう。

高田さんもイチオシの「フライビーンズせんべい」は、写真中央にある150gサイズが216円、右側の袋が80g108円。油のしっとり感とサクサクした歯ざわり、香ばしい生地とピーナツのアクセントが後をひくおいしさです。

ちなみに左側のお得用大袋は290gで324円。この分量でこの値段とはお得過ぎる!

「フライビーンズせんべいはベテランの職人しか作れないこだわりの商品で、週に2回のペースで製造しています。やみつきになる味わいですよ」

このほかにも、ミニサイズのバナナカステラ「モンキーバナナ」も隠れた人気商品だそう。裏には工場があり、焼きあがったカステラが毎日店頭に並びます。今回は工場の中も見学させていただきました!

大正6年からずっと変わらぬ製法。ロングセラーの生まれる工場を見学。

工場の扉を開けると、カステラの甘い香りが鼻をくすぐります。匂いだけで幸せに満たされますね。

ジャッ!ジャ!と音を立てながらリズミカルに動く機械の数々。ベルトコンベアーの上では、焼きあがったばかりのバナナカステラがひしめき合いながら流れていきます。まるで満員電車かのような混雑っぷり。

振動でコロコロと転がりながら運ばれていく様子は、なんだか生き物のようで可愛いですね。こちらは袋詰めされる前に熱を冷ます工程なのだそう。

こちらはカステラ生地の中に白あんを入れているところ。機械でひとつずつ注入していきます。

「バナナカステラのあんには特製のバナナオイルをブレンドし、カステラと合う優しい甘味に仕上げています」と高田さん。

お次はモンキーバナナの製造ラインへ。まるでバナナカステラの赤ちゃんみたい! ずっと眺めていられる可愛さです。バナナカステラの幸福感を一口サイズで味わえるのがいいですね。

「モンキーバナナや一口カステラは、通常のバナナカステラとはレシピを少しずつ変えています。カステラ生地はもちろん、サイズ感によっても違った味わいが伝わるはず。それぞれで異なるおいしさを楽しんでいただきたいです」

この日は、『福岡製菓所』の商品にはない「チョコモンキーバナナ」も作られていました。

「企業からの依頼で受託製造も行っています。自社商品としては流通していませんが、さまざまな企業で『福岡製菓所』のカステラを取り扱っていただいてます。たくさんのお菓子メーカーの中から、当社を選んでくれるのがうれしいですね」

在庫をできるだけ作らない受注生産を守りながら、昔ながらの味を新鮮なまま届けている『福岡製菓所』。安心素材とおいしさを大切に、キャラクターとのコラボパッケージやペット用カステラなどの商品展開で、新しい魅力を発信しています。

外はカリっ、中はフワフワ。焼きたてバナナカステラは別物のおいしさ!

オーブンでじっくり焼き上げられ、ついに完成したバナナカステラ。この後は包装して箱に詰められ、必要な分だけ出荷されます。

できたばかりのバナナカステラは、まだ温かくてフワフワの柔らかさ。それでいて、外側はカリっとした食感と香ばしさが残ります。「スーパーとは別物のおいしさ」と高田さん。工場直売店では、その焼きたてが買えちゃうんです!

箱に収められた焼きたてのバナナカステラ。整った形と表面の焼き色、「BANANA」の文字が実に美しい…!

贅沢にも、その場で焼きたてを試食させていただきました。

割ったとたんにあふれる湯気は、焼き上がりから間もないアツアツの証拠。白あんのたっぷり乗ったところを狙ってハフッとひとくち。

当たり前だけどおいしい! 頬っぺたが落ちる旨さとは、まさにこのことか。温かい分、バナナあんの豊潤な味と香りが際立ちますね。

はっきりいって、お店で買う商品とは別物のおいしさ。今までとはひと味違う、幸福度割り増しのバナナカステラに出合いましたよ!

高田さんも「ぜひ一度直売店に来て、焼きたてのおいしさを味わってほしい!」と話します。季節によって焼き上がり時間は異なるので、焼きたてを狙いたい人は、電話確認しておくのがおすすめです。

最後に高田さんから、家でバナナカステラをおいしく食べるコツを教えていただきました。

「食べる時にトースターで1分ほど焼くと、ホカホカの焼きたて感を再現できます。より豊かな味わいが楽しめると思うので、ぜひやってみてください」

バナナカステラをちょっと焼いて、おいしいお茶を丁寧に入れるだけで、完璧なおやつ時間が完成しそうです。気分転換に直売店でカステラを買って、帰る前にアツアツを食べちゃうってのも幸せですねえ。

老舗のお菓子屋さんがずっと守り続ける伝統の味。ぜひ直売店に足を運んで、その一番おいしい瞬間を体験してください!

Information

Information
有限会社 福岡製菓所
住所
岡山県岡山市中区平井1101-8 [MAP]
電話番号
086-277-9576
営業時間
9:00~17:00
休み
土・日曜、祝日
駐車場
3台
HP
http://www.retro-banaya.co.jp/

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

関連記事

SNS