1. Home
  2. ライフ
  3. 《浅口市/国立天文台》国立天文台188cm望遠鏡を使った「星空観望会モニタ…

《浅口市/国立天文台》国立天文台188cm望遠鏡を使った「星空観望会モニターツアー」に参加してきた!

浅口市「星空観望会」体験リポート

  • 情報掲載日:2018.11.01
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

浅口市の遙照山・竹林寺山にある『国立天文台ハワイ観測所岡山分室』。188cm反射望遠鏡を備え、1960年に『東京大学東京天文台』の附属施設として開所。1988年に国立天文台に移行して以来、全国の天文学者に利用されてきました。2017年12月に国立天文台のプロジェクトとしての役割を終え、今後は引き続き観測を続けながら、学校の実習や一般の観望会での利用も検討されています。

隣接する『岡山天文博物館』は2018年3月にリニューアルし、その東側には東アジア最大の3.8m望遠鏡を備える『京都大学岡山天文台』も完成。さらに近隣にはホテルがオープンしました。このように、遙照山・竹林寺山は今注目のスポットなのです。今回、星空観望会と天文台周辺を巡るモニターツアーが開かれたので参加してきました!

最初に訪れたのは『京都大学岡山天文台』。外回廊から望遠鏡を見ることができます。望遠鏡の愛称は「せいめい」です。陰陽師・天文博士である安倍晴明は『京都大学岡山天文台』の近くにある安倍山でも観測をしたと伝えられており、「京都と岡山をつなぐ架け橋」との思いをこめて公募で決まりました。

「口径3.8m望遠鏡」は東アジア最大級。外から見ても大迫力です! この「せいめい望遠鏡」には最先端の技術が詰まっています。例えば、天体の光を集める主鏡に日本で初めて分割鏡を採用。18枚の鏡を組み合わせて大きな1枚の鏡として機能させています。また、素速く目標天体に望遠鏡を向けられるよう、軽量で丈夫な構造にしました。土台部分は、人の手でも動かすことができるそうです。せいめい望遠鏡の特徴や構造については、『岡山天文博物館』で詳しく知ることができます。

こちらは、3月にリニューアルした『岡山天文博物館』。外観が一新し、ガラス張りのホールや屋上展望スペースもできました。館内には、シューティングゲームのように楽しめる大型モニター展示や、立体的に宇宙の仕組みを知ることができる4次元デジタル宇宙シアターなどがあり大人も子どもも楽しめます。

今回は、リニューアルを機に新しく導入された最新型のプラネタリウムを体験しました。投影機は星のきらめきにこだわって作られており、本物に近い状態で星空を見ることができるそうです。その日の夜空の星たちを見たのですが、まるで満天の星空が目の前にあるようでした。

いよいよ、「188cm望遠鏡」での観望会へ。普段はガラス越しにしか見ることができない望遠鏡を、手が届く距離で見られることも貴重です。この大きな望遠鏡で土星と月を観測します。いつもは閉じられているドームの屋根がゆっくりと開き、その開いた部分を目的天体に合わせるためドームが回転。望遠鏡もその方角に向けて動きます。それだけでも興奮です。最初に見たのは土星で、環がはっきりと見えてまさに土星のイメージ通り! 月は、想像以上に大きく見え、クレーターや表面の凹凸がくっきりとわかりました。

その後は、『遙照山総合公園展望台』へ。倉敷の街や水島工業地帯、遠くは丸亀の灯りなど、瀬戸内の夜景が目の前に広がっていました。この夜景は「日本夜景100選」に選定されています。また、映画「8年越しの花嫁」のプロポーズシーンが撮影された場所としても有名で、最近は観光客にも人気です。

ツアーの締めは、7月にオープンしたホテル『the view 瀬戸内』。1室1室コンセプトの異なる部屋が用意されており、どの部屋からも瀬戸内の海山が広がる景色を一望。自然の中で、癒やしの時間を過ごせます。こちらでは宿泊のほか、ディナーなどを楽しむことができます。地元の魚介や新鮮な旬の野菜で作るフレンチイタリアンです。

この日のメインは「美星和牛の赤身肉のロースト ボルチーニ茸のクリームソース」でした。A4ランク相当の美星和牛を、肉のおいしさを味わえる赤身に仕上げています。噛むほどに肉のうまみが湧き出てきて、クリームソースとも相性もたまりません。どのメニューも、素材の味をしっかり感じ、食感も料理の中で生きています。

星に、景色に、食事にと、見所満載の浅口市でした。みなさんもぜひチェックしてみてください。

Information
国立天文台 ハワイ観測所岡山分室
住所
浅口市鴨方町本庄3037-5
※ガラス越しに188cm反射望遠鏡を見学可能。見学時間は『岡山天文博物館』の開館時間に準ずる
京都大学岡山天文台
住所
浅口市鴨方町本庄3037-5
※外回廊からガラス越しに「せいめい望遠鏡」を見学可能。天候や調整等により見学不可の場合あり
岡山天文博物館
住所
浅口市鴨方町本庄3037-5
電話番号
0865-44-2465
営業時間
9:00~16:30
休み
月曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、連休の場合はその翌日と翌々日、年末年始
駐車場
20台
the view 瀬戸内
住所
浅口市金光町大字上竹2536-5
電話番号
0865-42-2002
駐車場
20台

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS