オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGsオセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs
  1. Home
  2. ライフ
  3. 《『星降るレストラン』潜入リポート》ようこそ「星の降るまち井原」へ。…

《『星降るレストラン』潜入リポート》ようこそ「星の降るまち井原」へ。「宙ガール」篠原ともえさんも登場した『星降るレストラン』に密着!

星の降るまち井原・星降るレストラン

  • 情報掲載日:2021.03.31
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

2021年3月13日。「星の降るまち」として知られる井原市美星町で、シティプロモーションの一環として、一夜限りの野外イベント「星降るレストラン」が開催されました。

「美しい星空と食を通じて、豊富な農産物、特産品、豊かな自然、伝統文化、芸術などの地域資源の魅力を体感してほしい」という想いを込め、井原市以外の人を対象に参加を募ったところ、50名の定員に対して6162名もの応募が! なんと123倍です。凄い!

当日はあいにくの雨模様で、催しの目玉である屋外開催も危ぶまれる状況だったのですが、時間がたつにつれてそれまで空を覆っていた雲も少なくなっていきました。

開催に先駆け、『井原市役所 美星支所』で報道陣を招いての記者会見が行われたあと、メイン会場では開催を心待ちにしていた、50名の招待客が施設内へ足を進めます。

今回の会場となった『中世夢が原』は、井原市美星町にある中世の町並みをリアルに再現したテーマパークです。

「武士の屋敷」の前には、ゲストを迎えるためのテーブルがセッティングされています。一見ミスマッチに思える組み合わせですが、和洋を越えたおもてなしの空間として特別な輝きを放っているかのようでした。

テーブルの上には、人数分のプログラムとともに、写真の「おのはなこ商店」制作の井原デニム製コースターのほか、『クロキ株式会社』生地提供によるテーブルナプキンがセットされています。これらのアイテムは記念品として参加者にプレゼントされました。

18:30。郷土芸能として知られている「備中神楽」からイベントがスタートです。開運招福、厄災消除、交通安全、家内安全、健康長寿などのご利益があると伝えられる「猿田彦命の舞(さるたひこのみことのまい)」が披露されました。

大舌市長の挨拶と乾杯の音頭の後、会食がスタート。

みなさん、ソーシャルディスタンスを保ち、マスクをつけたり外したりしながらのエチケットを守っての食事タイムとなりました。

今回参加者にふるまわれた料理を手掛けたのは、美星町に店舗を構える『喜楽別亭』の川上シェフと、井原市井原町に2020年4月にオープンした『IBARA DENIM HOTELS 舞鶴楼』で料理長を務める原田シェフ。

テーブルに運ばれてきた料理は、「鯛のカルパッチョ 美星産の苺ソース添え」「美星産ベーコンとクリームチーズのカナッペ」「明治ごんぼうのスープ」など、井原市の名産品をぜいたくに使ったメニューばかり。

「凄い!」「おいしすぎる!」とゲストのみなさんも大興奮。美しく盛り付けられたお皿を多数の女性がスマホで撮影していました。

そうそう。ドリンクのことも忘れてはいけませんね。

今回のワインは井原産のもの。肉料理に合う赤ワインと、魚料理に合う白ワインがそれぞれ用意されました。ワインを製造している『サッポロビール株式会社』の中原さんが、このワインのこだわりや、美味しく飲むコツなどについて解説してくださいました。

会場内の正面に設置されたスクリーンではデジタルアートシアターが上映されていて、楽しい時間に華を添えていました。そしていよいよ、スクリーンにゲストが姿を現します。

「みなさんこんばんは~」「楽しい時間を過ごしていますか~?」という呼びかけに、会場から歓声が上がります。本日のスペシャルゲスト・篠原ともえさんです。

篠原さんは、学生時代に天文部に所属していたほどの星好きとして有名です。天文部時代の星の知識を活かして、天文情報やニュースを発信しているラジオのパーソナリティも務めています。

そんな「宙ガール」としても知られる篠原さんは、2015~17年に開催された「美星 空宙ガールズミーティング」のトークライブに登場。「天文王国おかやま 星めぐりスタンプラリー」のスタンプもデザインされるなど、美星町とは結びつきの強い方なんです。

篠原さんは会場の様子をリモートで観ながら、美星町を訪れた際のエピソードとして、本当に食べ物がおいしかったことや、人や自然との出会いが素晴らしかったことを楽しそうに振り返りつつ紹介。

「星空に興味を持ったなら、まずは自分の誕生日の星座を探してみては?」と星空の楽しみ方を紹介し、天体のおもしろさや奥深さについて話をしてくれました。

「宙ガール」としての活躍のほかに、ファッションデザイナーとしての一面も持つ篠原さんは、井原デニムの魅力にも言及。これまで何着も井原デニムを素材とした服を作ったことがあるとか。

そして、「『明治ごんぼうのスープ』はもう食べられました?」と会場のゲストに声掛けも。メニューをチェックして、どうしても食べたかった様子で、「おいしかったよ~」との声に、「私も食べた~い!」とひと言!

加えて「川上シェフのお料理は私も食べたことがあるんですが絶品ですよね。特にプリンが最高なので、しっかり味わってくださいね!」とアドバイスも。プリンはそのあと登場しました。

楽しい時間はあっという間に過ぎてタイムアウト。篠原さんとはここでお別れです。ありがとうございました!

天文家の間で有名な美星町は、全国に先駆けて光害防止条例を制定し、地域一丸となって星空を守り続けていることで知られています。都会では街の灯りやネオンなどによって見えにくい星空が、ここではくっきりと見えるのです。

美しい星空を、井原市外に在住の人にも楽しんで欲しいと、今回の催しではハンモックが設置されるという粋な計らいも。ゲストのみなさんはハンモックに身を任せ、空を見上げてゆっくりとした時間を過ごしていました。

屋外開催も危ぶまれた今回の『星降るレストラン』ですが、終了間際には夜空が見事にきらめき、雲ひとつない星空になったんです!

美星町のポテンシャルの高さは凄いですね! 本当に晴れてよかった!

20:30に催しは終了。みなさん、記念写真を撮影したりして、帰途につかれました。会場には井原市のキャラクターである「でんちゅうくん」も登場し、ゲストのみなさんをお見送りしてくれました。

参加された皆さん、お疲れ様でした。そして今回、残念ながら抽選にもれたみなさん、またの機会にぜひ、美星町でお会いしましょう!

美星町は満天の星と美味しい食事、そして豊かな気候や文化、なにより地元の人たちの心のこもったおもてなしの心でみなさんの訪問をお待ちしています。

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS