『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版 『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版
  1. Home
  2. グルメ
  3. 《瀬戸内市/一文字うどん》祭りずしの元祖「どどめせ」は、鎌倉時代から…

《瀬戸内市/一文字うどん》祭りずしの元祖「どどめせ」は、鎌倉時代から続く備前福岡の郷土料理。

  • 情報掲載日:2021.11.26
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

『一文字』は、2代目店主の大倉秀千代さんと3代目店主の大倉剛生さんが、小麦、野菜や水、塩なども地元産にこだわり、究極の「地場うどん」を追求する店。麺は、合鴨農法を取り入れて自家栽培した「しらさぎ小麦」、「ふくほのか小麦」を使用。それをまるごと石臼で挽いて打つという高品質ながら、店はセルフうどんスタイルでカジュアルだ。休耕田で育った「五穀鴨」の「鴨南蛮うどん」1200円~は看板メニューになっている。そして、ここは郷土料理「どどめせ」が味わえる唯一の店でもある。「どどめせ」の起源は、鎌倉末期。吉井川沿いの山陽道・福岡宿の渡し場で、めし屋が船頭にだけ振る舞った五目飯のことを武士がやっかみ、日が経って発酵し、酸っぱくなった酒(どぶろく)を飯の釜に入れてしまった。しかし、思いがけずおいしく炊きあがった、というのが誕生の逸話らしい。「どぶろくめし」がなまって「どどめせ」。祭りなどで作ることが多く、岡山名物「祭りずし」の元祖ともいわれる。当店では、美作市の『力亭』が手作りする「コシヒカリ」100%の生どぶろく「れいし」を使い、干し椎茸やゴボウ、サトイモ、ニンジンなどの具材とともに炊き上げ、合わせ酢をする。受け継がれていく郷土の味を、ぜひ味わってみてほしい。
 

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

Information

一文字うどん
住所
瀬戸内市長船町福岡1588-1MAP
電話番号
0869-26-2978
営業時間
10:00~15:00
休み
水曜、第1・3火曜
席数
85席
駐車場
30台
リンク
HP

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS