『岡山ラーメン本2022』『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版 『岡山ラーメン本2022』
  1. Home
  2. グルメ
  3. 《最上巻柿 大納言》山ノ上地区の干し柿を後世の人に。思いを込めた新作の…

《最上巻柿 大納言》山ノ上地区の干し柿を後世の人に。思いを込めた新作の大納言小豆入り巻柿。

物語のあるお菓子/最上巻柿 大納言

  • 情報掲載日:2022.01.11
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
最上巻柿 大納言/2160円(210g)
※電話もしくはFAXにて注文のうえ来店のこと。郵送も可能。3月下旬頃まで販売予定

江戸時代から始まったという矢掛町山ノ上地区の干し柿作り。

かつてお殿様に献上したところ、「最上においしい干し柿だ」と褒め称えられ、以来「最上干柿」とも呼ばれている名産品だ。

標高約250mの急激に隆起した独特な地形で、湿気が少なく霧が出にくい、さらに晩秋に冷たい風が吹きこむ絶好の場所で作られる干し柿。

先代の土井洋治さんは、県北で郷土菓子として作られていたものを参考に、自慢の干し柿で巻柿を作り始めたのだという。

約20年前に亡くなった先代から引き継いだ娘の山部美由紀さんは、この秋に新味の巻柿も誕生させた。

「父も新しい試みをするのが好きだったけど、私もその気質を受け継いでいるのかも」と語る山部さんが作った新作は、肉質が柔らかい干し柿に北海道産大納言小豆を粒餡にして包んで巻いたもの。

予約販売で完売するという人気の赤みの強い干し柿を一本に約3~4個使用し、干し柿と粒餡の糖度を55度ほどに合わせ、しっとりとした程よい甘みに仕上げている。

「若い世代の人にも食べてもらいたい」と、未来を見据えての商品作り。正月に求められることも多い「最上干柿」を受け継いでいくために、広い視野で干し柿作りに取り組んでいる。

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

Information

土井農園
住所
小田郡矢掛町小田2992 MAP
電話番号
0866-83-0626
営業時間
9:00~17:00
休み
日曜
駐車場
3台
HP
https://doi-nouen.com/

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS