『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2023年版岡山ラーメン本 2023 岡山ラーメン本 2023
  1. Home
  2. グルメ
  3. 《倉敷市/備前焼ギャラリー 倉敷一陽窯》備前焼の器でひんやりカキ氷を。

カフェライターnanの岡山カフェ日和

《倉敷市/備前焼ギャラリー 倉敷一陽窯》備前焼の器でひんやりカキ氷を。

vol.24 備前焼ギャラリー 倉敷一陽窯

  • 情報掲載日:2016.07.17
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

夏の風物詩であるカキ氷はもう食べましたか? 今回私がおすすめするのは、備前焼の器に盛られたカキ氷が味わえる『倉敷一陽窯』。こちらの店は備前市に窯を持つ『一陽窯』から分家、独立した備前焼ギャラリーで、2階が喫茶室になっています。備前焼の器は保温力、保冷力が強いので、寒い冬に温かいものを、暑い夏には冷たいものを味わうのにぴったり。ちなみにこちらのカキ氷は、大きな氷を溶かしながら、スライスするように削っているので、キメが細かくふわっとした仕上がりなんですよ。

宇治ミルク金時

一番人気の「宇治ミルク金時」650円は、抹茶シロップと甘さ控えめのあんこがマッチ。抹茶の粉を上からふりかけているので、抹茶風味がアップし上品な味わいに。カキ氷用にと、特別に作られた器に盛られたカキ氷は、見た目も味わいも贅沢な感じがします。

いちごミルクと日向夏写真

甘酸っぱいイチゴソースを使った「いちごミルク」550円と、すっきりとした味わいの「日向夏」500円。そのほか、「マンゴー」や「みるく金時」、「黒蜜きな粉金時」など全10種類のかき氷がそろいます。

店内
喫茶室は2階にあるので、観光客の多い美観地区でも落ち着いて休憩することができます。
1階

1階のショップ。「一陽窯」の作品や店主セレクトの作家ものを中心に、普段使いの食器から酒器、花器、茶器などがずらりと並んでいます。これからの季節におすすめなのが、ビアマグ! 備前焼のビアマグに冷えたビールを注ぐと、泡がきめ細かく冷たい状態で飲めるので、のどごしがよくおいしく感じます。はい、私も備前焼ビアマグ愛用しています。

岡山県の伝統的な焼物「備前焼」。「地味で値段が高いし、使いづらそう」というイメージを持つ人も多いかもしれません。しかし、実際に使ってみたらその印象は、がらっと変わるはず! この夏は冷たい飲み物やカキ氷を備前焼の器で味わって、備前焼のよさを感じてもらいたいです。

外観
備前焼の器で楽しめる喫茶室。

倉敷美観地区にある備前焼販売店。こちらの店は、備前市に窯元を持つ「一陽窯」の作品や一陽窯とゆかりの深い作家の作品を中心に扱い、普段使いの器から大作まで幅広く取りそろえている。2階の喫茶室では、コーヒーやお抹茶、季節の生菓子やケーキセットなど、スウィーツや飲み物を備前焼の器で楽しむことができる。

Information
備前焼ギャラリー 倉敷一陽窯
住所
倉敷市本町3-17 [MAP]
電話番号
086-421-0246
営業時間
10:00~17:00(OS16:00)
休み
月曜  ※祝日の場合は翌日
席数
20席
駐車場
なし
HP
http://www.bizen-yaki.net

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>

関連記事

SNS