1. Home
  2. おでかけ
  3. 早くもお正月映画だ!

福武孝之館長の映画NA・NI・MI・RU?

早くもお正月映画だ!

『ジャスティス・リーグ』ほか2本を紹介。

  • 情報掲載日:2017.11.15
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

岡山メルパ 福武 孝之館長
映画業界20年、老舗映画館を切り盛りする名物館長。映画が持つ「観ることで、自分の世界が広がる」魅力を広めるべく、多彩なイベントを展開。ジャンルや制作者にこだわらない、テキトーな鑑賞が映画愛を高める秘けつだとか。

ジャスティス・リーグ

アメコミヒーローはマーベルコミック社とDCコミック社の2大勢力に分かれている。マーベルのオールスター映画が『アベンジャーズ』なら、DCのオールスターは『ジャスティス・リーグ』だ。DC側はスーパーマンやバットマンを筆頭に王道派が勢ぞろいするのだ。

<STORY>

正義の象徴だったスーパーマン亡き後の世界。各地で犯罪が急増しているばかりか、その隙を狙い、宇宙から来たステッペンウルフが侵略の魔の手を伸ばそうとしていた。目的は、3つそろえば強大な力を手にすることができる”マザーボックス”。女戦士アマゾン族の島、海の王国アトランティス、人間社会の3ヶ所に封印されている。
バットマンこと、実業家ブルース・ウェインは、一人では勝てない敵の襲来に備え、ワンダーウーマンとともに、オンリーワンな特殊能力を持つ超人たちをスカウト。かくして、ザ・フラッシュ、アクアマン、サイボーグの3人が参戦し、”ジャスティス・リーグ”が結成される。だが、彼らは今まで人間社会からその存在をひた隠し、孤独に生きてきた一匹狼たち。個性も我も強く、チームワークがとれているとはお世辞にも言い難い。果たして、彼らは力を合わせ、最悪の敵に勝つことができるのか?そして物語は、想像もつかないラストへ―。

日本では考えられない豪華なオールスター作品が作れてしまうハリウッド映画だが、これは権利元の違いである。日本では作者が個々に権利を持っているがアメコミヒーローは出版社がまとめて権利を持っている。つまり仮面ライダーのオールスターが簡単に作れてしまうのと同じである。とにかく豪華でド派手なアクションを根限り楽しめる、正にお正月映画の王道!! ”オール―スター”を満喫してほしい。

<公開情報>

?2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT,

『ジャスティス・リーグ』
監督:ザック・スナイダー
出演:ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、ガルガ・ドット ほか
11月23日(木・祝)よりロードショー!!!

探偵はBARにいる3

ファン待望のシーズ第3弾! ごく普通の生活をする我々が、どこか憧れる職業”探偵”。その想像の代表がこの物語の主人公“探偵”ではないだろうか? 役名はなく、あくまでも”探偵”として語られるこの物語こそ、探偵の魅力を最大限に見せてくれる極上のエンターテインメントだろう。

<STORY>

失踪した女を探す、ありふれた依頼を安易に引き受けた探偵。早速調査に乗り出すと、探偵は女がアルバイトをしていたモデル事務所のオーナー・マリと出会い、かすかな既視感を覚える。次第に女の失踪の陰に、裏社会で暗躍する札幌経済界のホープ・北城グループの殺人事件が見え隠れする。そしてマリはグループの代表・北城の愛人だった。そんな中、何かを思い出す探偵。なじみの元娼婦・モンローがかわいがっていた、今にも死にそうに震えていた女――『あれか…?あれがマリか…?』
緊張が走る裏社会、巨額の薬物取引、2つの殺人事件――。すべてはマリによる、北城をも欺く作戦であった。そしてマリは、探偵に最後の依頼を託す。その時、探偵たちの別れへのカウントダウンが始まっていた。

ハードボイルドだが美女には弱い、自由気ままなのに厄介事が絶えない。それが”探偵”。大泉洋さんの当たり役(ハマリ役?)のこの作品は第3弾にして、真骨頂をみせる。必ずこの探偵のファンになる、そしてススキノに行きたくなる! きっと岡山のBARにも探偵はひっそりと隅の席に座っているのだと私は思う(笑)

<公開情報>

© 2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

『探偵はBARにいる3』
監督:吉田照幸
出演:大泉洋、松田龍平、北川景子 ほか
12月1日(金)よりロードショー!!!

こいのわ 婚活クルージング

婚活映画とはいえ主人公は風間杜夫さん演ずるバツイチ65歳の男。笑いの中に現代社会の結婚問題を取り込んだ大人の喜劇。主題歌が杏里さんというのもバッチリ!ハマります。

<STORY>

歩きスマホの衝突を防ぐ電子機器の開発で大儲けしたものの、ある日突然、社長を解任されてしまった門脇誠一郎。心機一転、第二の人生をともに歩むパートナー探しを始めるが、最初にお見合いした美人編集者・山本ナギは実は取材が目的で、ふたりは大喧嘩になる。その後も誠一郎の前には高齢出産をあきらめない女医、シングルマザーやトランスジェンダー、後妻業疑惑のある美魔女など、ひとくせもふたくせもある女性たちが現れる。一方、ナギも年下のイケメンにアタックされるが、なぜか誠一郎のことが気になってしまう……。

お隣、広島が舞台になった本作は、われわれ岡山人にも瀬戸内海の美しさや優しさを再確認させてくれる。

<公開情報>

© 2017「こいのわ」製作委員会

『こいのわ 婚活クルージング』
監督:金子修介
出演:風間杜夫、片瀬那奈 ほか
11月18日(土)より岡山メルパにて公開!

関連記事

SNS