First maps|ファーストマップFirst maps|ファーストマップ First maps|ファーストマップ
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 《酒蔵バーチャルツアー》個性豊かな日本酒を呑みきりサイズのミニボトル…

《酒蔵バーチャルツアー》個性豊かな日本酒を呑みきりサイズのミニボトルで! 岡山県内の27蔵が参加するバーチャルイベント開催。

酒蔵バーチャルツアー

  • 情報掲載日:2021.01.12
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

「OKAYAMA SAKAGURA COLORS」誕生!

吉井川、旭川、高梁川と3つの一級河川があり、それらの豊かな水を使って多種多彩な地酒が造られている岡山県。良質な水、備中杜氏(とうじ)の技、そして高品質な酒米を使って古くから酒造りが盛んにおこなわれ、万葉集で「吉備の酒」と詠まれたことでも知られている。

そんな酒処にある『岡山県酒造組合』に加盟する27の蔵元が集結し、日本酒を呑みきりサイズのミニボトルで、味わい、楽しんでほしいとの想いから生まれたのが「OKAYAMA SAKAGURA COLORS」。「岡山の日本酒をちょっとずつ」をコンセプトに、それぞれ個性豊かな味わいをいろいろと試すことができる魅力的なシリーズだ。

備中・備前・美作27の酒造銘柄から、純米酒・純米吟醸酒・純米大吟醸酒だけを厳選し、100ml瓶のミニボトルで提供。「日本酒造組合中央会」の定める「日本酒4タイプ分類表」に合わせて、香りの高いタイプ、熟成タイプ、軽快で滑らかなタイプ、コクのあるタイプに分類し、好みに合わせたセレクトができるのもうれしい。

価格は1本550円で、各1000本の限定販売。2本用の「無料ギフトBOX」や、「コンプリートボックス(27本セット)」1万4850円も用意されている。

▲おみやげやギフトにちょうどいい「2本セットBOX」。2本購入で「無料ギフトBOX」がもらえる

「酒蔵バーチャルツアー」とは?

▲自宅で銘酒を味わいながら岡山の酒蔵めぐりの気分を楽めるバーチャルツアー(写真はイメージ)

「『OKAYAMA SAKAGURA COLORS』を気軽に楽しんで欲しい」との思いから、『岡山県の地酒魅力拡大プロジェクト実行委員会』の主催で、岡山県内の27蔵が参加する「酒蔵バーチャルツアー」が、1月17日(日)からスタートする。

参加申込をすると、「OKAYAMA SAKAGURA COLORS」から4本(各100ml瓶)+おつまみ(せとうちのおいしいシリーズから1品)のセットが届けられる。届いた地酒とおつまみを楽しみながら、酒蔵をオンラインで見学できるというモニターツアーで、ナビゲーターと参加者がZOOMで繋がり、オンライン飲み会を楽しめるという趣向だ。

全5日のツアープランが準備されており、予約すると4銘柄の日本酒と、おつまみとして「久米南町産の柚子(ゆず)が香る美咲どり炭火焼」が届く。プランによって異なる4銘柄がセットされており、当日はそのうち3銘柄のバーチャルツアーを体験することができる。

バーチャルツアーでは、酒蔵ごとに約5分間の動画を楽しむことができ、酒蔵の雰囲気や製造の様子、杜氏のコメントや商品説明、乾杯の音頭などが流れるほか、ナビゲーターの綿谷みずきさんが登場しての酒造メーカーや杜氏への質問コーナーなども実施予定だ。

▲なかなか見ることができない酒蔵内や酒造りの様子を、自宅で楽しめるのも大きな魅力

開催時間はいずれも19:00~20:30で、参加費は各3300円。定員は60人。「酒蔵バーチャルツアー」に申し込みをしたアンケート回答者の中から抽選で1名に、全27銘柄が楽しめる「コンプリートBOX」をプレゼントされる特典もあり。

▲全蔵元の27銘柄がセットになった特別なパッケージ「コンプリートBOX」をもらえるチャンス!

ツアープラン

ツアープランA 開催日:1月17日(日)

・『辻本店』(真庭市勝山)/「御前酒」
・『萬歳酒造』(岡山市北区旭本町)/「さつき心」
・『菊池酒造』(倉敷市玉島阿賀崎)/「燦然(さんぜん)」
・『平喜酒造』(浅口市鴨方町)/「喜平」

ツアープランB 開催日:1月23日(土)

・『室町酒造』(赤磐市西中)/「櫻(さくら)室町」
・『落酒造場』(真庭市)/「大正の鶴」
・『多胡(たご)本家酒造場』(津山市)/「加茂五葉」
・『板野酒造場』(岡山市北区一宮)/「きびの吟風」

ツアープランC 開催日:1月24日(日)

・『白菊酒造』(高梁市成羽町)/「大典白菊」
・『森田酒造』(倉敷市本町)/「もりた純米吟醸」
・『十八盛酒造』(倉敷市児島田の口5)/「十八盛」
・『利守酒造』(赤磐市)/「酒一筋」

ツアープランD 開催日:1月30日(土)

・『丸本酒造』(浅口市鴨方町)/「かもみどり」
・『板野酒造本店』(岡山市北区大井)/「鬼ノ城(きのじょう)」
・『三冠酒造』(倉敷市児島下の町)/「三冠」
・『ヨイキゲン』(総社市)/「碧天」

ツアープランE 開催日:1月31日(日)

・『宮下酒造』(岡山市中区西川原)/「極聖」
・『高祖酒造』(瀬戸内市牛窓町)/「千寿」
・『嘉美心(かみこころ)酒造』(浅口市寄島町)/「嘉美心」
・『芳烈(ほうれつ)酒造』(高梁市有漢町)/「風」

Information

Information

酒蔵バーチャルツアー
日程
1月17日(日)、23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)19:00~20:30
定員
各日60名
料金
ツアープランA~E 各3300円
※ZOOMを使用できる通信環境 (ZOOMアプリをインストール)が必要

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS