『岡山ラーメン本2022』『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版 『岡山ラーメン本2022』
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 男木島 ART×ogijima

男木島 ART×ogijima

アートで巡る島旅 2022

  • 情報掲載日:2022.08.05
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

今年は3年に一度、5回目となる瀬戸内国際芸術祭が行われる年です。そこで、ここではアート作品と話題のスポットを巡る島旅をご提案。開催エリアの中から男木島、女木島をそれぞれコース仕立てで紹介します。2022年の新作アートやフォトジェニックスポット、島ならではの料理が食べられる店など注目の場所をいろいろ巡って、島旅を楽しんでみて!

瀬戸内国際芸術祭2022

瀬戸内国際芸術祭は、「海の復権」をテーマに3シーズンに分けて、瀬戸内海の12の島と2つの港周辺を舞台に開催。国内外のアーティストが、島の文化や歴史、景観にインスピレーションを受けて制作。

Information

瀬戸内国際芸術祭2022
開催期間
春:終了 夏:2022年8月5日(金)~9月4日(日) 秋:2022年9月29日(木)~11月6日(日)
チケット
3シーズンパスポート(一般5000円、高校生3100円)、夏会期限定パスポート(一般4200円、高校生2600円)。他にデイチケットやデジパス(アプリ)もあり。詳細はHPにて確認を。チケットの問合せはTEL087-811-7921
※作品鑑賞パスポート及びデイチケットの所有にかかわらず、別途、料金が必要な作品・施設があります
問合せ
瀬戸内国際芸術祭総合案内所 TEL087-813-2244
https://setouchi-artfest.jp/
注意事項
●新型コロナウィルス感染症対策&鑑賞マナーに関して、HPをご確認の上、来県・来場いただきますようお願いいたします。
●島内の移動時間は目安です。また、ルートや移動手段に関しては一例です。

南西部の斜面にうろこ状に連なる家々と、迷路のように入り組んだ坂道が特徴的な男木島。集落内にクルマやバイクは入れないので、歩いて回ろう。ビュースポットの宝庫でもあるこちらでは、カメラは必須です!

歩く方舟

青空の下、白と青の模様や山の形が瀬戸内の景色と重なる立体作品
空と雲の力を借り、設造当時の災禍を鎮めるために、福島県のいわきへ向かって力強く歩き出している

旧約聖書に出てくる「ノアの方舟」をモチーフとした立体アートを、島の南端にある漁港周辺の堤防に展示。海や山に溶けこむ白と青に着色した4つの山と10本の足を持つ方舟が、海を渡ろうと歩くさまを視覚化している。

男木島の魂

港でひときわ目を引く半透明な空間は、人々を温かく迎え入れる島の交流館。
館内はフェリーの乗船券売場になっていて、待合所としても利用できる。夜には、空に向かって光を投射する光景が幻想的

自らの力ですみかとなる殻を作る貝をイメージした、ユニークな形の建物。白い屋根には8カ国の文字がデサインされており、日中はその影が地面に映る。風のない晴れた日は、周囲の水面に屋根が映りこみ、2枚貝のようにも。

漣の家(NEW)

ワークショップで完成させる、人々の「多様性」がテーマの壁画。
高さ約5.5m、幅約12mにわたって取り付けられた約200枚のアクリル板。光の加減でさまざまな表情に

港の倉庫の壁面にさまざまな色やデザインのアクリル板を重ねて貼っていく、2022年の新作。会期中、島の住民や来場者のそれぞれが感じる「空と海の色」の板を作るワークショップを数回行い、作品は徐々に増殖し変化していく。

男木島 路地壁画プロジェクト wallalley

壁と路地と集落が織りなす、彩り鮮やかな壁画。
男木島の魅力のひとつでもある坂道の石段や石畳、曲がりくねった狭い路地。その魅力を引き出す作品となっている

島で集めた廃材や廃船などに景色のシルエットをカラフルに描き、民家の外壁に設置した作品。急斜面の坂道や石段が迷路のように入りくんだ集落の随所で見られ、もはや島の景観の一部となってなじんでいる。

立ち寄りスポット

男木島海征食堂

大漁旗が目印。新鮮な海の幸、名物のタコやサザエに舌鼓!
肉厚のサザエがごろごろ入った「サザエ飯」600円。サザエと干しシイタケのだしが生きたこちらの名物だ。「サザエのつぼ焼き」1個600円

島の玄関口にある食堂。ベテラン漁師の店主・浜口さん自らが捕った新鮮なタコやサザエを目の前で調理してくれ、海を眺めながら味わえる。サザエは炭焼きや「サザエ飯」、タコは丸焼きや天ぷらなどで素材のうま味を堪能して。

ogijimaゆくる

古民家カフェでのんびり絶品ランチを! 内容充実の手作り料理に大満足。
小鉢が数種類付くボリューミーな「おまかせランチ」。メインも日替わりで、この日はタコライス。数量限定なので予約がおすすめ。11時30分から14時まで提供(なくなり次第終了)

大正12年築の古民家を再生したゲストハウス&カフェ。ゆったりとした時間が流れる空間で、魚や肉、たっぷりの野菜を使って丁寧に手作りされた日替わりの「おまかせランチ(ドリンク付き) 」1500円やスウィーツなどが味わえる。

豊玉姫神社

港の大鳥居から参道が続く『豊玉姫神社』。瀬戸内海の美しい景色が見渡せる、島一番のビュースポット

男木島コース

港に着くと最初に見えてくるのは、『男木島の魂』。一日のうちでも光によって表情を変えるので、帰りにもう一度注目したいスポットです。「男木島交流館」でもあるこちらで島の地図をゲットしたら、まずは海岸沿いにある『歩く方舟』へ。海に突出した場所にある作品で、撮影スポットとしてもおすすめです。続いて、曲がりくねった細い坂道を進み路地の途中にある民家の壁に設置された『男木島 路地壁画プロジェクト wallalley』。島内3カ所で見られるので探してみて。途中で『漣の家』も鑑賞。カラフルな壁面はすぐ目に留まるはず。さらに坂道を上がって島一番のビュースポット『豊玉姫神社』にも。食事&休憩は『ogijimaゆくる』と『男木島海征食堂』へ。野菜たっぷりの絶品ランチや島名物の海の幸を堪能。島での一日を満喫しました。

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS