オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGsオセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 春のおでかけ! 菜の花ドライブ 2021 ~奈義・笠岡~

春のおでかけ! 菜の花ドライブ 2021 ~奈義・笠岡~

  • 情報掲載日:2021.03.05
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

春の訪れを告げる、菜の花の開花。鮮やかな黄色の花畑は、心も晴れやかにしてくれそう! 今回は、菜の花畑近くのランチスポットやカフェなども併せてご紹介! せっかく訪れたなら、その町をゆっくりドライブして満喫しよう。

※掲載している情報は2021年2月10日現在のものです。見頃は天候によって左右されるので、事前に確認の上お出かけください。
●掲載されている施設・店舗の営業時間、料金、定休日、内容などは2021年2月10日現在のものです。予告なく変更されたり、時間の経過により、掲載情報と異なる場合があります。●店内飲食とお持ち帰りで、料金が異なる場合がありますのでご注意ください。●各種データを含めた掲載内容の正確性には万全を期しておりますが、ご利用する際は、前もって電話などでご確認、ご予約されることをおすすめいたします。●掲載情報などを利用して下された判断および行動により、いかなる結果・損害が発生した場合においても、弊社はその責を負いません。●掲載されている写真は実際の内容と異なる場合がございますので予めご了承ください。●エリアによっては季節や天候により通行困難となる道路、通行止めとなる区間があります。事前に道路情報などをご確認の上、お出かけください。●写真はイメージです。

<奈義町> 奈義町シンボルロードの菜の花畑

奈義町シンボルロードの菜の花畑
【見頃】4月中旬~下旬
【所要時間】岡山市街から約1時間40分
【敷地面積】約3ha

那岐山に向かって続く、シンボルロード沿いの菜の花畑。 雄大な風景に感動するはず!

奈義町の中心部から北側にそびえる那岐山に向かって、真っすぐに延びるシンボルロード。約1㎞にわたって続くその道沿いと、『奈義町現代美術館』周辺に広がる農地が菜の花で埋め尽くされて、奈義町に春が来たことを教えてくれる。那岐山を背景に黄色いじゅうたんが広がるダイナミックな風景に、感動すること間違いなし!

Information

奈義町シンボルロードの菜の花畑
住所
勝田郡奈義町豊沢(シンボルロード沿い)MAP
駐車場
100台(「すぱーく奈義」駐車場、奈義町中央広場東駐車場を利用)
問合せ先
奈義町産業振興課
電話番号
0868-36-4114
【立ち寄りスポット】Cafe&Deli CHURRO

華やかな春の訪れを、目でも舌でも堪能して。

奈義町役場から程近く、おしゃれなインテリアが目を引くデリ&カフェ。奈義町産の新鮮な野菜や果物を中心に、季節の素材をふんだんに取り入れた料理が人気。メニューは軽食からボリューム満点のランチ、夜の一品料理まで多彩にそろえており、シーンを問わず利用できると評判だ。店では、店主の奥さんが手がけるスウィーツの販売も。

Cafe&Deli CHURRO
菜の花の風味を生かしたパスタ、果物と野菜をたっぷり使ったサラダ、季節のポタージュ、コーヒー、デザートがセットに。春の訪れを感じられる「菜の花パスタセット」1200円(11:30~OS14:00)

Cafe&Deli CHURRO
「手を加え過ぎない、食材の風味を生かした料理を心がけています」と店主の中島さん

Cafe&Deli CHURRO
店主の趣味で集めたインテリアや自作のテーブルなども並ぶ、異国情緒たっぷりの空間。各席ごとに印象が変わるのが楽しい

Cafe&Deli CHURRO
かわいい小物がディスプレイされた、まるで雑貨店のような店構え

【立ち寄りスポット】café calme

アートに触れながら過ごす、のんびりおやつタイム。

廃工場をリノベーションしたギャラリー併設のカフェ。画集をはじめとする本がずらりと並ぶ店内は、ナチュラルな雰囲気でつい長居してしまいそう。メニューは、岡山県産の小麦粉や旬の果物など、素材にこだわった焼き菓子とドリンクを用意。優しい味わいのお菓子とともに、穏やかな時間を過ごして。

café calme
センスのよいインテリアがちりばめられた店内。2021年4月下旬からは奥にあるギャラリースペースで企画展の開催も

café calme
ハンドドリップで丁寧に淹れる「コーヒー」400円

café calme
季節の手作りジャム&あっさりとしたクリーム付きの「スコーン」200円

café calme
コーヒーによく合う焼き菓子は4~6種類がスタンバイ。イートインの場合は先にカウンターでオーダーを。メニューはすべてテイクアウトOK

【立ち寄りスポット】奈義町現代美術館

奈義町の自然に溶けこむように造られた、インスタレーション美術館。

眼前に迫る秀峰・那岐山と建物、作品が一体化するように造られた、インスタレーション美術館。3人のアーティストによる「太陽」「月」「大地」と名付けられた作品が、借景の那岐山を中央に据えて配されている。時間や季節の推移とともに変化する、光や風といった自然の移ろいの中で、この地ならではのアートを体感しよう。

café calme
写真右側に見える丸い形の展示室が「太陽」。中は、京都・龍安寺にそっくりの石庭が左右に配された円形の空間。天井にもシーソーやベンチが配され、不思議な感覚を楽しめる

<笠岡市> 道の駅 笠岡ベイファーム周辺の菜の花畑

道の駅 笠岡ベイファーム周辺の菜の花畑
【見頃】開花中~4月上旬
【所要時間】岡山市街から約1時間10分
【敷地面積】約5.2ha

広大な干拓地に広がる黄色のじゅうたん。青空の下や夕暮れ時など、移り変わる表情も楽しんで。

県内屈指の広さを誇る笠岡湾干拓地の菜の花畑。2カ所に分かれた畑に、合わせて約1000万本もの菜の花が咲き、辺り一面がまるで黄色いじゅうたんを敷きつめたように。青空とのコントラストはもちろん、朝日や夕日に映える菜の花畑も美しい。開花期間中に設置される特設展望台からは、広大な菜の花畑を一望することができる。

道の駅 笠岡ベイファーム周辺の菜の花畑
夕映えに染まる菜の花畑。夕暮れの景色の中を歩くのもロマンティック

Information

道の駅 笠岡ベイファーム周辺の菜の花畑
住所
笠岡市カブト南町245-5 『道の駅 笠岡ベイファーム』周辺MAP
駐車場
241台
問合せ先
笠岡市観光連盟(笠岡市商工観光課内)
電話番号
0865-69-2147
【立ち寄りスポット】道の駅 笠岡ベイファーム

華やかな春の訪れを、目でも舌でも堪能して。

広大な笠岡湾干拓地に位置する道の駅。干拓地をはじめとする地元産の新鮮野菜や果物、笠岡市内の漁港で水揚げされた鮮魚など、笠岡の幸が一堂に集まる。また、地元食材を使った料理を提供するレストラン『四季彩』やテイクアウトコーナー『ひまわりカフェ』、焼きたてパンの店『ポピーカフェ』など、飲食店も充実している。

道の駅 笠岡ベイファーム
直売所では、地元の新鮮な農産物や獲れたての鮮魚のほか、笠岡諸島の特産品、オリジナルブランド「笠の輪」ギフトなども並び、豊富な品ぞろえに
道の駅 笠岡ベイファーム
『ポピーカフェ』の地元食材を挟んだサンドや、『四季彩』の弁当も人気。広大な菜の花畑を眺めながら、テイクアウトした笠岡グルメを味わうのもおすすめ
道の駅 笠岡ベイファーム
【立ち寄りスポット】古カフェ 陽だまり

愛情たっぷりの家庭料理と居心地のよさに、心が和む古民家カフェ。

のどかな山間に佇む、築約130年の旧庄屋を改装した古民家カフェが2020年10月にオープン。ランチメニューは3種類を用意。中でも、前菜3種類に小鉢、メイン、雑穀米のご飯などがセットになった「ランチ」は、「ボリュームもコスパも満点!」と早くもファン多数。趣のある空間で、心温まる家庭料理をじっくりと味わって。

古カフェ 陽だまり
週替わりでメインと小鉢の内容が変わる「ランチ」1000円。少しずつ、種類豊富に味わえるのもうれしい
古カフェ 陽だまり
昔の面影も残しつつ再生。窓際のカウンター席が、庭の風景を楽しめる特等席だとか。ヨガ教室やイベントの開催もあり
【立ち寄りスポット】CAFE BUTTON

くつろぎの時間を演出する、かわいい雑貨とメニューを目当てに。

今年3周年を迎える、地元で愛されるカフェ。ナチュラルなインテリアが配されたかわいらしい店内で味わえるのは、カレーを中心としたランチや、体を気遣った材料で手作りするスウィーツの数々。店の一角には、県内外合わせて18組の作家作品や雑貨の販売スペースもあるので、ショッピングも楽しもう。

CAFE BUTTON
水出しコーヒーで作る「カフェオレ(アイス)」605円と、ビターチョコの風味豊かな「ガトーショコラ」550円

CAFE BUTTON
子連れでも安心してくつろげるようにと、ベビーベッドやおむつ交換台も完備

CAFE BUTTON
笠岡市在住のレザー作家「SIRUHA」の作品。フォルムがキュートな「さんかく小銭入れ」1980円

CAFE BUTTON
アクセサリーも豊富。個性豊かなハンドメイド作品から、お気に入りを見つけて

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS