「月刊タウン情報おかやま」「オセラ」「日刊Webタウン情報おかやま」掲載イベント中止(延期)のお知らせ「月刊タウン情報おかやま」「オセラ」「日刊Webタウン情報おかやま」掲載イベント中止(延期)のお知らせ 「月刊タウン情報おかやま」「オセラ」「日刊Webタウン情報おかやま」掲載イベント中止(延期)のお知らせ
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 《井原線沿線・途中下車の旅①》座禅からデニム小物作りまで。さまざまな体…

《井原線沿線・途中下車の旅①》座禅からデニム小物作りまで。さまざまな体験に挑戦しよう!

井原線沿線おでかけガイド

  • 情報掲載日:2020.03.26
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

井原線沿線・途中下車の旅に出かけよう! 今回のテーマは?

1999年(平成11年)1月11日の開業以来、地元の人の日常的な生活路線・交通手段としてはもちろん、県内外からの観光客からも愛されている井原鉄道。

井原線は、総社市の総社駅から清音を経て、倉敷市真備町、矢掛町、井原市などを通過し、広島県福山市の神辺に至る、総延長41.7kmの路線で、駅数は15駅。岡山県西部エリアと広島県備後エリアをカバーしていて、沿線には魅力的なスポットが盛りだくさんです!

ファミリーや友だちと一緒に出かけるのはもちろん、女性ひとりのぶらり旅が楽しめるのがこのエリアのいいところで、41.7kmのエリアのなかに、あなたの興味をひきつける魅惑的なスポットが、きっとギュッと詰まっています。

好みに合わせて組合せて、1日で数カ所巡れます。思いついたら行ける気軽さがいいですね。

今回は3本の記事をシリーズにして、井原線沿線の魅力をお届けします。「体験」「フォトジェニック」「グルメ」と、テーマ別でご紹介をするので、各回ごとに違った表情を見ることができるはず。

「県内に住んでいるけど、実はまだ乗ったことがない」という人は特に必見! これを読んで実際に足をはこんでみれば、あなたの知らない情報やお店、スポットがきっと見つかるはず。未だ知らざる井原線沿線の魅力を探しに出かけよう!

今回は第1回。最初は「井原線沿線の体験スポット」から。

井原線沿線「体験スポット」

雪舟が修行をした名刹で座禅体験!

《総社市・井山宝福寺》

「涙でネズミを描いた」という逸話で有名な、画聖・雪舟が少年時代に修行をしたことでも知られる臨済宗の禅寺。境内には山門、仏殿、三重塔をはじめ、経蔵、庫裡、方丈、書院、禅堂、鐘楼堂、開山堂などが配置され、禅宗様式の重厚な造りとなっています。

8月をのぞく毎月第2日曜に「定例座禅会」を実施していますが、電話予約をすれば「座禅体験」をひとり1000円で行うことが可能です。小学生以上が対象で、ひとりからでも参加することができ、10分の休憩をはさんで20分ずつ行います(説明や休憩を含め約1時間)。

目を閉じて、心を落ち着けてゆっくりと。集中力が高まり爽快感を感じることができるので、日ごろのストレスや抱えている不安が解消できるかも! 「座禅」というと厳しいイメージがありますが、実は誰もが気軽に取組めるもの。おひとりさまで、ファミリーで挑戦しよう!

マスキングテープを使ってオリジナルグッズ製作体験!

《倉敷市・TANE/如竹堂》

倉敷市の特産品として知られ、すっかり生活に馴染んだ「マスキングテープ(mt)」。多彩な柄や模様があり、見ているだけでも楽しいですよね。店舗ではmtを使ったワークショップも行われています。お店によって内容が違うのでいろいろ巡りたいですね。

倉敷美観地区にある『TANE』では、オリジナルの「mt収納箱」「たくさんカッター」など専用収納箱をデコレーションする体験を行っています。おもむきのある町家を改装したおしゃれな店内ではmtはもちろん、職人による手作業で生まれたアイアン家具も販売中。

同じく倉敷美観地区の『如竹堂』は、倉敷でしか手に入らないオリジナルmtを含め約850種類をラインナップしていて全国屈指の品ぞろえを誇っています。紙袋、うちわ、缶バッジをマスキングテープで彩る無料体験コーナーがあり、観光客にも人気です。

緑豊かな農園で楽しもう。旬の作物収穫体験!

《矢掛町・水車の里 フルーツトピア》

「農業を通じて豊かで美しい村づくり」を目指して誕生した、自然とフルーツの香りいっぱいの別天地が『水車の里 フルーツトピア』。園内では農業体験のほか、ピクニックができる芝生広場や、キッズ用ボルダリングを含むアスレチックなどがあって、親子連れにも最適!

施設内では、旬の果物狩りや、イモ堀りなどの収穫体験、手打ちうどんやピザ作り体験が可能で、バーベキューが可能な施設も用意されています。また、新鮮なフルーツ(ナシ、ブドウ、イチゴなど)や矢掛町ブランド品などの特産品の販売も行っているのでお土産にどうぞ。

2018年には新たに喫茶スペース「cafe Fruit Topia」がオープンしました。季節ごとに旬の果物を使ったスイーツを、ナシ畑が見渡せる景観の中で楽しめるので、女性同士で訪れるのもおススメです。緑豊かな農園で育まれた果物や農作物を、思うぞんぶん堪能してください。

井原デニム加工体験!

《井原市・井原デニムストア》

井原市は古くから綿作りが盛んで、デニム生地の工場やジーンズ縫製、加工工場などが集まっている町。近年は海外の高級ブランドから高く評価されている「デニム生地の産地」として注目されています。こだわりたっぷりのジャパンデニムがここで生まれているんですね。

井原駅構内にある『井原デニムストア』では、井原デニムを使ったランチョンマットへのダメージ加工や、トートバッグの製作体験などが楽しめます(事前予約が必要)。自分好みに仕上げましょう!

店内では、世界に優れたアイテムを数多く発信し続けている、井原市内メーカーの商品が多数販売されています。繊維作りにおいて長い歴史を持っている井原ならではの「モノづくりへのこだわり」を感じることができると思いますよ。駅構内なので立ち寄りも楽々ですね!

カラフルなビーズでビーズアート制作体験!

《福山市・BEADS FACTORY 福山店》

ハンドメイド好きにはたまらないのが、ビーズ専門店『BEADS FACTORY 福山店』。店内で扱うビーズの種類は、カラーバリエも含め1万種を超えるとか。色とりどりのビーズを使ったワークショップが可能で、初心者にも安心な制作キットが用意されています。

制作キットには必要な材料が入っているので、事前に用意するものはなく手ぶらで参加OK。店内のサロンは木曜14~16時限定で、キット購入の人限定でプラス500円での利用ができます。完成したビーズアートはインテリアとして自室に飾ったり、プレゼントするもOK。

井原線沿線をもっと楽しもう!

今回は「体験」をテーマにした5スポットをご紹介しました。いかがでしたか?

このシリーズは3本立てで展開しています。このほか「フォトジェニック」「グルメ」をテーマにした記事をご紹介していますので、合わせてお楽しみください。

体験スポットばかりを巡るのはもちろん、SNS映えをする場所や、おいしいグルメと組合わせてみるのも楽しいですね。

総延長41.7kmの路線区間にお楽しみスポットがギュッと詰まった井原線沿線。列車での旅を楽しんでくださいね!

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS