オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGsオセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 《安らぎの街・安来へ》和の歴史と文化が調和した、優美なひとときを安来…

《安らぎの街・安来へ》和の歴史と文化が調和した、優美なひとときを安来で。

和の美しさに触れる、安らぎの街・安来へ

  • 情報掲載日:2021.08.25
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

見どころ満載、安来の魅力とは。

歴史を刻む荘厳な佇まいの古刹や美しい自然に心が和む、安らぎと魅力があふれる街…。

鳥取県との県境に位置する「安来(やすぎ)」は、古代の地誌書「出雲国風土記」のなかで、スサノオノミコトが「吾が御心は安平(やす)けくなりぬ」と言ったことから、「安来」と命名されたのだそう。

名園と名画が奏でるゆるやかな時間に触れることができる安来には、アメリカの日本庭園専門誌が毎年発表する「日本庭園ランキング」で18年連続日本一にも選ばれた庭園を有する美術館や、歴史に名を残す城跡などがあり、見どころ満載だ。

さらに、豊かな自然に囲まれた歴史ある温泉宿でゆっくり名湯につかって、時が経つのも忘れて心穏やかに過ごしてみては。

和の歴史と文化が調和した、優美なひとときを。今度は大切な人と。

安来のスポット紹介

足立美術館

「庭園もまた一幅の絵画である」と、1970年に地元出身の実業家・足立全康氏により創設。日本画と日本庭園の調和美を堪能できる美術館として世界から注目を集めている。

「枯山水庭」や「苔庭」など約5万坪の多彩な庭園を有し、歩みを進めるたびに目前に広がる閑雅な風情が館内の日本画や陶芸と相まって、人の心を静かに癒やす。

▲横山大観、竹内栖鳳ほか近代日本画家壇の巨匠たちの作品を中心に約2000点を所蔵
▲2020年4月に開館した「魯山人館」では、北大路魯山人の陶芸、書、絵画、漆芸など常時約120点を展示

さぎの湯荘

『足立美術館』から程近い場所にある、温泉街のなかでもっとも歴史のある創業110年の温泉旅館。その昔、しらさぎが脚の傷を出湯で癒やしたという伝説からその名が付いたといわれる。

湯はもちろん、四季折々の景色が愉しめる庭園や山陰の伝統料理など、都会での喧騒を忘れて、贅沢なひと時を。

▲本館には、源泉掛け流し露天風呂から箱庭が眺められる部屋も用意。自然と一体になれる開放感を味わってほしい

瑞光山 清水寺

四季折々の美しい景色に包まれる山陰屈指の天台密教の道場であり、厄ばらいの寺としても有名な清水寺。

約5万坪の境内には、山陰唯一の木造多宝塔である三重塔や1393年建立の本堂をはじめとする県や国の重要文化財も多く、荘厳な雰囲気が漂っている。

▲美しい石垣の上に堂々とそびえる三重塔は、島根県指定の有形文化財であり清水寺のシンボルでもある
▲春はソメイヨシノ、秋には紅葉と豊かな自然を背景に、赤い鳥居も映える

月山富田城

「日本の城百選」に選ばれている城跡『月山富田城』。

難攻不落と言われたかつての面影を残す、巨大な石垣と山の斜面には「七曲がり」と呼ばれる険しい軍用道が見える。

20~30分かけて歩いて登った先には本丸、そして中海まで眺望できる絶景が広がり、登りきった達成感と爽快感、のどかな自然と町並みが融合した美しい景色に感動するはず。

▲「七曲がり」は舗装されているので、山陰屈指の山城であるが登りやすいのが特長。山の中腹からの眺めも抜群

Information

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS