『岡山ラーメン本2022』『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版 『岡山ラーメン本2022』
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 《瀬戸内国際芸術祭2022》秋会期は9月29日(木)開催! 瀬戸内海の島々と現…

《瀬戸内国際芸術祭2022》秋会期は9月29日(木)開催! 瀬戸内海の島々と現代アートに浸る、芸術の秋。

瀬戸内国際芸術祭2022 Setouchi Triennale 2022

  • 情報掲載日:2022.08.01
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

『瀬戸内国際芸術祭2022』の秋会期がスタート!

香川県と岡山県の12の島と2つの港を舞台に展開される、3年に一度の現代アートの祭典『瀬戸内国際芸術祭』。

瀬戸内海を船で巡りながら、美しい島の自然や文化、日常風景に溶け込むアート作品を体感するスタイルで、2022年で早くも5回目を迎える芸術祭だ。

多くの来場者が訪れている『瀬戸内国際芸術祭2022』。9月29日からは秋会期が予定されている。芸術の秋、心を揺さぶるアート体験を求めて島旅に出かけよう!

開催概要

瀬戸内国際芸術祭2022 Setouchi Triennale 2022

夏会期:2022年8月5日(金)~9月4日(日)
秋会期:2022年9月29日(木)~11月6日(日)
※春会期は終了

会場:瀬戸内海の12の島 + 高松・宇野
[直島・豊島・女木島・男木島・小豆島・大島・犬島・沙弥島(春会期)・本島(秋会期)・高見島(秋会期)・粟島(秋会期)・伊吹島(秋会期)、高松港・宇野港周辺]

作品紹介

▲宇野港周辺/アイシャ・エルクメン「本州から見た四国」
▲宇野港周辺/金氏徹平「S.F.(Seaside Friction)」
▲小豆島/三宅之功「はじまりの刻」(Seaside Friction)」
▲女木島/大川友希「結ぶ家」 Photo:KIOKU Keizo
▲豊島/ヘザー・B・スワン+ノンダ・カサリディス「海を夢見る人々の場所」
▲宇野港周辺/片岡純也+岩竹理恵「赤い家は通信を求む」Photo:KIOKU Keizo
▲小豆島/青木野枝「空の玉/寒霞渓」

トピックス

オフィシャルツアー

夏会期と秋会期も、『瀬戸内国際芸術祭2022』を巡るオフィシャルツアーを実施。夏から公開された新作を含め、作品の見どころやおすすめの立ち寄りスポットなど、個性豊かなアート&島々の魅力をツアーガイドがたっぷり案内してくれる。

ニーズに合わせて、島旅をスムーズに楽しめるよう各種ツアープランが用意されているので、詳しくは公式ウェブサイトをチェックしてみよう。

オフィシャルツアーはこちらからチェック。

作品鑑賞パスポート

作品鑑賞には、便利でお得なパスポートがおすすめ! AppStoreまたはGooglePlayからダウンロード可能。専用アプリ「瀬戸芸デジパス」で作品鑑賞パスポートを購入すると、会期中に各作品の窓口でスマホの二次元バーコードを提示するだけで受付が可能に!

詳しくは、「瀬戸芸デジパス販売サイト」でチェックを。

Information

瀬戸内国際芸術祭2022 Setouchi Triennale 2022
問合せ
瀬戸内国際芸術祭実行委員会事務局
HP
https://setouchi-artfest.jp/
電話番号
087-813-0853

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS