1. Home
  2. おでかけ
  3. 歴史情緒あふれる、神社・仏閣を彩る桜(2選)

歴史情緒あふれる、神社・仏閣を彩る桜(2選)

  • 情報掲載日:2018.03.21
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

※開花時期は例年のものです。気候・天候により今年の開花状況と異なる場合がありますのでご了承ください。

海に浮かぶ世界遺産「嚴島神社」と桜も愉しめる宮島の風景。(広島県)


世界文化遺産・嚴島神社は、潮の干満を利用した世界的にも珍しい海上木造建築物。平安時代に栄華を極めた武将・平清盛によって造営されたもので、当時の貴族の邸宅建築様式である寝殿造りを取り入れた荘厳華麗な社殿は、潮が満ちると、まるで海に浮かんでいるかのような神秘的な姿を現す。島内には約1900本もの桜が咲き、嚴島神社の西にある多宝塔周辺からは、桜越しに大鳥居が眺めることができる。五重塔と桜の組み合わせも風流だ。




  • 本数 約1900本
  • 見頃 3月下旬から4月上旬
  • ライトアップ なし

Information

宮島
住所
広島県廿日市市宮島町
時間
なし ※嚴島神社は6:30~18:00(時期により異なる)
料金
なし ※嚴島神社は拝観料が必要
駐車場
宮島口桟橋周辺のみ駐車場あり
アクセス
JR宮島口駅から徒歩約5分の宮島口桟橋からJR連絡船または宮島松大汽船で約10分、宮島桟橋から徒歩約10分
問合せ先
宮島観光協会
電話番号
0829-44-2011
HP
http://www.miyajima.or.jp/

堂々たる仁王門を珍しいハチスカザクラが彩る「熊谷寺」。(徳島県)


海外からの観光客にも人気が高い、四国88か所の「お遍路」。日本仏教の開祖のひとり、弘法大師・空海によって開かれた霊場を巡礼する旅だ。その8番札所である『熊谷寺』は、多宝塔の朱色と桜色の美しいコラボレーションが愉しめる。また、四国霊場の中で最大級の仁王門を構えており、こちらも桜の季節、淡い紅色の花弁が珍しい「ハチスカザクラ」が彩りを添える。その風流な佇まいをじっくり鑑賞したい。



  • 本数 300本
  • 見頃 3月中旬~下旬
  • ライトアップ なし

Information

熊谷寺
住所
徳島県阿波市土成前田185
時間
7:00~18:30(登閣受付は8:30~18:00) ※10~3月は8:30~17:00(登閣受付は~16:30)
休み
なし
料金
なし
駐車場
50台(志納金制)
アクセス
JR鴨島駅下車、タクシーで約20分
問合せ先
熊谷寺
電話番号
088-695-2065
HP
https://www.awanavi.jp/spot/2013032502648/

画像素材:PIXTA

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS