月刊タウン情報おかやまは10月25日号で500号を迎えました月刊タウン情報おかやまは10月25日号で500号を迎えました 月刊タウン情報おかやまは10月25日号で500号を迎えました
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 瀬戸内海の特産品と絶景、どちらも愉しめる道の駅。瀬戸内海の特産品と絶…

瀬戸内海の特産品と絶景、どちらも愉しめる道の駅。瀬戸内海の特産品と絶景、どちらも愉しめる道の駅。

おいしくて愉しい 道の駅直売所

  • 情報掲載日:2018.01.28
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
『一本松展望園』から望める絶景。虫明地区は「あけぼのの里」と呼ばれ、虫明漁港東方海上からの日の出は美しい。平安時代、平清盛の父、平忠盛の歌に「虫明の迫門の曙見る折ぞ都のことも忘れられにけり」と歌われた。(写真提供:写邑クラブ前田明さん)

 瀬戸内市の魅力を発信するロードパークとして誕生した二つの道の駅。瀬戸内市産のものを中心とした野菜や魚介類などを販売する。「この時期は旬の牡蠣と、ここならではの景色を愉しんでほしい」と話すのは、両施設の支配人・山﨑さん。『黒井山グリーンパーク』内で販売する牡蠣は、周囲の島々から流れ出す豊富な養分と、牡蠣の成長リズムに合った海水温の変化のおかげで、大粒でふっくらとして美味だという。

 虫明地区は平安時代から瀬戸内海の絶景が望めることで知られ、日本の朝日百選にも選ばれた地。『一本松展望園』もそのひとつで、元日には初日の出を拝もうと多くの人が訪れる。本格的なミニ蒸気機関車やミニ新幹線に乗れる施設もあり、子ども連れにも人気だ。



『一本松展望園』で乗車できるミニ機関車やミニ新幹線からも、瀬戸内海と山々が一望でき、老若男女に人気(1回260円、回数券6枚つづり1080円もあり)。ミニ機関車は、日曜、祝日のみ運行。そのほかサイクルカーなどの遊具もあり。

『黒井山グリーンパーク』では牡蠣をはじめ魚介類を購入できる。牡蠣は一斗缶や半缶でも販売。
オープンと同時に次から次へと売れていくダイコンやハクサイなどの旬の野菜。瀬戸内市産のレモンも購入可。
約300年前、岡山藩筆頭家老・伊木家が由来とされる「虫明焼」。粘土と釉薬によって美しい色彩を生み出している。『黒井山グリーンパーク』では展示も行なう。

Information

道の駅 一本松展望園
住所
瀬戸内市邑久町尻海3539
電話番号
0869-25-1900 ※ミニ鉄道公園は0869-25-0891
営業時間
9:00~17:30 ※ミニ鉄道公園は10:00~16:00、天候不順により運行不可の場合もあり
休み
なし ※ミニ鉄道公園は土・日曜、祝日のみ開園
駐車場
260台
HP
http://www.blueline-michieki.com/
道の駅 黒井山グリーンパーク
住所
瀬戸内市邑久町虫明5165-196
電話番号
0869-25-0891
営業時間
9:00~17:00
休み
なし
駐車場
268台
HP
http://www.blueline-michieki.com/

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS