1. Home
  2. おでかけ
  3. 鞆の浦に鎮座する神社の境内に、軽トラがずらり。

鞆の浦に鎮座する神社の境内に、軽トラがずらり。

マルシェに出かけよう!

  • 情報掲載日:2017.12.24
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

とも・潮待ち軽トラ市

★毎月第4日曜 8:00~11:30 ※雨天決行

鞆の浦の西方の山麓にある『沼名前神社(ぬなくまじんじゃ)』の境内で行われる。
「潮待ちの港」として栄えた鞆の浦の景色。会場から「常夜燈」まで徒歩10分ほど。風情あふれる町並みを眺めながら散歩を愉しんでみては。
境内には軽トラックや軽ワゴンがずらり。この日は福山市内から『にこぱん』が出店し、さまざまな種類のパンを販売していた。

地元・鞆の浦をはじめ福山市内から多数出店。

「地元を盛り上げたい」という思いから、有志で立ち上げた朝市。地元で「祇園さん」として親しまれる『沼名前神社』の境内で開催されている。2017年で6周年を迎え、現在では約600人もの人が訪れるように。出店数は約20店で、軽トラやワゴンで搬入するスタイルだ。出店者は、地元・鞆の浦や福山市内に店を構える人たちが多く、この日は地元の名物『阿藻珍味』の「ちーいか天」をはじめとするグルメや雑貨、新鮮な野菜や果物などが並んだ。また不定期で抽選会やクイズラリーといった催しがあるのも愉しい。朝市を満喫した後は、風光明媚な鞆の浦の港付近まで足を延ばし、潮風を感じながらぶらり町歩きを愉しんでみては。

朝市名物の「カレー」300円。
『阿藻珍味』の「ちーいか天」600円。
たい焼きの中に、お好み焼の具材とちりめんが入った「元祖たいおこ」250円。
福山市新市町産のアスパラをはじめ野菜や果物も販売。
独創的なパンが並ぶ『大和屋』。
『ジンジャーダイヤモンド』の「ジンジャーシロップ 琥珀」1468円、「黄金」1728円。
特有のにおいがない『KUROFUKU』の「黒にんにく 皮つき片」500円。
由緒ある神社で行う、朝市を愉しんでください!
とも・潮待ち軽トラ市実行委員長 小川真平さん

Information

とも・潮待ち軽トラ市
開催日時
毎月第4日曜 8:00~11:30 ※雨天決行
会場・住所
沼名前神社(広島県福山市鞆町後地1225)
問合せ
とも・潮待ち軽トラ市実行委員会
電話番号
090-4654-4628
HP
https://tomo-keitoraichi.jimdo.com/

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS