1. Home
  2. おでかけ
  3. 昭和の風情漂う商店街に、玉島や高梁川流域などから店が集合。

昭和の風情漂う商店街に、玉島や高梁川流域などから店が集合。

マルシェに出かけよう!

  • 情報掲載日:2017.10.22
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

備中玉島 みなと朝市

★毎月第2日曜 9:00~12:000 ※天候によっては場所・内容が変更になる場合あり

清心町商店街は、地元玉島の店が多く出店。フリーマーケットも開催され多くの人で賑わう。
この日は『井原デニム』をはじめ高梁川流域の井原市から3店舗が出店。
玉島ゆかりの僧・良寛の真筆が多数展示されている『良寛会館』。通町商店街と清心町商店街を移動する間にさまざまなスポットをめぐるのも愉しい。

出店者数も増加。今なお成長中の朝市。

昭和の雰囲気が色濃く残るレトロな商店街で「かつての港町の賑わいを再現しよう」と、2014年から始まった朝市。当初は20店舗ほどだった出店者も、今では50を超えるまでになり、開催場所は今後拡大していく予定だとか。この日は、地元の名物「しのうどん」のほか、茶の湯文化が根付く玉島ならではの抹茶と和菓子、抹茶を使ったグルメがお目見え。また高梁川流域の市町からの出店や地域おこし協力隊のブースも登場し、地元以外の店と出合えるのも魅力だ。さらに、特設ステージでの音楽ライヴや、親子で参加できるワークショップもあり、中には三世代で愉しむ姿も。会場の周辺には、羽黒神社、『西爽亭』『良寛会館』などがあり、周辺の散策と併せて愉しみたい。詳しくは、「にぎわう昭和のまち玉島」でFacebookやInstagram、Twitterで検索を。

「お抹茶と季節の和菓子」300円。
『おたやん食堂』の「チーズ入りミニお好み焼き」100円。
『うどん処あまからさん』の「抹茶ぶっかけうどん(冷)(小)」350円。
玉島商業高校が提供する「しのうどん」。
柔らかくしっとりとした生地の『玉井堂本舗』の「ワッフル」や、『玉島味噌醤油』の玉島産清水白桃を使った「桃スムージー」など、フードが充実。
花をモチーフにしたアクセサリーのワークショップ。
港町ならではの景観も一緒に愉しんでください!
にぎわう昭和のまち玉島実行委員会スタッフ 田中健太さん

Information

備中玉島 みなと朝市
開催日時
毎月第2日曜 9:00~12:000 ※天候によっては場所・内容が変更になる場合あり
会場・住所
通町商店街(倉敷市玉島)、清心町商店街(倉敷市玉島中央町)、玉島港橋広場(倉敷市玉島中央町)、栄町商店街(倉敷市玉島中央町)、港町商店街(倉敷市玉島中央町)、銀座商店街(倉敷市玉島中央町)
問合せ
にぎわう昭和のまち玉島実行委員会(玉島商工会議所内)
電話番号
086-526-0131

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS