1. Home
  2. おでかけ
  3. 冷涼な気候と「黒土」が育む、蒜山ならではの特産物の宝庫。

冷涼な気候と「黒土」が育む、蒜山ならではの特産物の宝庫。

おいしくて愉しい 道の駅直売所

  • 情報掲載日:2017.09.14
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
収穫量が多くなる秋大根は、一日に2000本以上も売れることも。蒜山の冷涼な気候と水はけのよい「黒土」が、瑞々しく甘みのある大根を育ててくれる。

冷涼で自然豊かな観光地として賑わう道の駅。1997年に特産物が豊富にそろう道の駅としてオープンしたこともあり、蒜山周辺の「黒土」が育む野菜や果物、山野草など特産物がずらりと並ぶ。その中で、次から次に売れていく野菜が「蒜山大根」だ。春は甘く、夏は辛く、秋は肥えて栄養満点と、季節ごとに特長があり、多くの来館者のお目当てになっている。

「蒜山といえば、ぜひ蕎麦も味わってほしい」と施設長の池田徹さん。隣接する『そばの館』では、挽きたて・打ちたて・茹でたての蕎麦を提供している。「蒜山大根」を使った「おろしそば」や、地元の山菜や野菜を中心にした天ぷらなどが自慢だ。9月24日(日)には「海の市・山の市」、10月1日(日)には誕生祭「風のまつり」を開催。蒜山の食を愉しむなら、ぜひ訪れたい道の駅だ。

蕎麦処では、栽培から収穫後の玄ソバの乾燥調製にいたるまで一括して行なっている。「二八おろしそば」に旬野菜の天ぷらが付いた「天ぷらおろし(冷)」1170円。本枯れ鰹節を使用した香り高いつゆと、弾力のある蕎麦は通にも人気だ。
9月上旬には、道の駅周辺のソバの花が咲き始める。
道の駅周辺では、ジャージー牛を眺めることもできる。
ジャージー牛乳を使用したソフトクリーム(330円)。濃厚だけれどすっきりした後味で人気を集めている。
蒜山限定販売の「もてなしヨーグルト」1100円(100ml、8個入り)。発酵時間が長いため、よりまろやかで、コクのある味わいだ。
岡山ICから米子自動車道の蒜山ICを下りてすぐ。岡山市街から1時間30分ほどで到着する。大きな風車を目印に。

「10月1日(日)開催の『風のまつり』では、産直市をはじめ、蕎麦の早食い競争や、大根のすりおろし競争など食に関するイベントも開催します。ぜひ遊びに来てくださいね」と施設長の池田徹さん。

Information

道の駅 風の家 ふれあい特産館
住所
真庭市蒜山上徳山1380-6
駐車場
224台
HP
http://www.h2.dion.ne.jp/~kazenoie/kazenoie-sisetuannai.htm/
【道の駅】
電話番号
0867-66-4393
営業時間
8:30~17:00 ※土・日曜、祝日は8:00~
休み
なし ※12~2月は水曜、3月は第1・2水曜
【そばの館】
電話番号
0867-66-7101
営業時間
10:30~16:00
休み
不定 ※12~3月は水曜

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS